ただいまの掲載件数は タイトル65013件 口コミ 1179208件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 今度は愛妻家 > 感想・評価 > 態度で示さないと解らない“愛”を認識させられた映画(09.12/10)

態度で示さないと解らない“愛”を認識させられた映画(09.12/10)

80点 2009/12/15 19:35 by HALU

今度は愛妻家

パソナ京都主催の試写会を大津市のシネコンまで鑑賞致しに行ってきました。

豊川悦司×薬師丸ひろ子×行定勲監督が贈る、切ない大人のラブ・ファンタジー映画でした。

当初は、夫婦によるコメディ映画かと思わせる程に、結婚して10年。かつては売れっ子カメラマンとして実力があったが、今はグータラな駄目亭主に成り下がってしまっている北見俊介(豊川悦司さん)と、大の健康マニアで気立ての良い妻・さくら(薬師丸ひろ子さん)との抜群のコンビネーションによる会話劇が非常に面白く、また、突然、ヒョイッ!と忘れ物を取りに家に舞い戻る、妻・さくらの“間合い”がスゴく絶妙に面白くて、笑いを誘う映画でしたが、実は、その、妻・さくらは…。
と言ったストーリー展開の映画でした。

しかしながら、特に後半部分は本当に切ないラブ・ファンタジー映画に仕上がっており涙を誘う映画となっていました。
まさに、笑ったその後には、心の底から涙が溢れ出てきてしまう様な、そんなストーリー展開の映画でした。

カメラマン助手のマコト役の濱田岳くん。蘭子役の水川ますみさんの好演も彩りを添えていましたが、特に、本作品では、オカマのブンちゃん役の怪演ぶりを披露してくれておりました石橋蓮司さんの見事なオカマぶりには感心しきりでした。
それほど石橋蓮司さんの演技は必見ものでした。

聞くところに依りますと、中谷まゆみさん原作の舞台劇を映画化したそうですので、そう言う点からすれば今回の映画化の際の極端なる配役にも頷けました。

ただ、多少、残念な部分を申し上げれば、北見俊介(豊川悦司さん)が妻・さくら(薬師丸ひろ子さん)に、本心の愛情を態度で示して告白したシーンで映画が終われば、結構そのシーンにて感動も極限に達していたのにも関わらず、後のシーンは少々蛇足気味な部分が見受けられましたので、感動がやや薄れてしまいがちになってしまった点が非常に残念に感じられましたね。

予想していたストーリー展開のコメディ映画とは、また違った予想を嬉しい誤算で裏切ってくれた、切ないラブ・ファンタジー映画なので、是非とも、カップル・ご夫婦揃ってのご鑑賞をお薦め致したい映画でした。

私的な評価は、非常に日頃の夫婦間の生活態度をも考え直させられる様な、夫婦間での“愛”の表現のあり方をも問う映画でも有り、とても感動致しましたので、多少残念だった蛇足部分に相当するシーンの挿入の点を差し引きましても、★★★★(80点)の高評価を付けさせて頂きました。
この冬のお薦め映画の1本です。

 

18人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 態度で示さないと解らない“愛”を認識させられた映画(09.12/10)

    2010/6/8 21:41 by 奈菜

    HALUさん、こちらにもお邪魔します。

    この映画も観たいなぁ…と思いつつ、見逃してしまってます。
    HALUさんのレビューを読んで、ますます観たくなりました。HALUさんお薦めの「60歳のラブレター」の夫婦愛も、すごく感動しましたから…。

    >態度で示さないと解らない“愛”を認識させられた映画(09.12/10)

    夫婦って、お互い分かり合ってるようでも、ちゃんと態度で愛情表現してかなきゃいけないものなのかもしれませんね…。

    でわ。ふゥ。(^-^)/

  • この作品は、実に泣けちゃいましたね〜☆

    2010/6/8 22:58 by HALU

    奈菜様。こんばんは(^^)/
    HALUです。

    この作品にもコメントをお寄せ下さり、誠に有り難うございました。

    >この映画も観たいなぁ…と思いつつ、見逃してしまってます。
    >HALUさんのレビューを読んで、ますます観たくなりました。HALUさんお薦めの「60歳のラブレター」の夫婦愛も、すごく感動しましたから…。

    この映画は、『60歳のラブレター』とはまた随分と違う趣の映画で、前半のコメディタッチから、後半にドンデン返しの有る映画でも有りましたので、逆にその分、泣けちゃう映画になっていましたよ〜☆
    あ!でも、私。HALUが、<泣ける映画>と申しましたからといっても、あまりにも高くハードルを上げて観ないで下さいね(汗)。

    >>態度で示さないと解らない“愛”を認識させられた映画

    >夫婦って、お互い分かり合ってるようでも、ちゃんと態度で愛情表現してかなきゃいけないものなのかもしれませんね…。

    そうですよね〜☆
    夫婦間の愛情表現って、なかなか普段おろそかにしちゃい気味ですからね(汗)。

    この映画のソフト化は、来る7/9にリリース予定みたいですので、またレンタルででもご鑑賞下さいませ。

    それでは失礼致します。

  • 夫婦映画、いいですね♪

    2010/6/9 1:02 by 奈菜

    >この映画は、『60歳のラブレター』とはまた随分と違う趣の映画で、前半のコメディタッチから、後半にドンデン返しの有る映画でも有りましたので、逆にその分、泣けちゃう映画になっていましたよ〜☆

    泣ける映画なんですね。
    ただ、後味はどうですか〜。悲しすぎてショックを受けたりしないですかぁ。(*_*)
    今までつらいことが多かったし、もうそろそろ笑いたい心境ですけど…。

    >あ!でも、私。HALUが、<泣ける映画>と申しましたからといっても、あまりにも高くハードルを上げて観ないで下さいね(汗)。

    はいはい。鑑賞するときは気をつけます(苦笑)。

  • 前半部分は結構微笑ましくて笑えますよ♪

    2010/6/9 1:22 by HALU

    奈菜様。深夜に、こっそり、こんばんは(^^)/
    HALUです。

    コメント文の見出し文の通り、前半部分はコメディタッチで、結構微笑ましくて笑えますよ♪

    >泣ける映画なんですね。
    >ただ、後味はどうですか〜。悲しすぎてショックを受けたりしないですかぁ。(*_*)
    >今までつらいことが多かったし、もうそろそろ笑いたい心境ですけど…。

    そうですね〜☆
    この作品を観る人のその立場にもよりけりでしょうが、後半部分はスッゴく切なくて泣けてきてしまうようなラブ・ファンタジー映画でしたね。
    尾を引くほど、辛くはならないとは思うのですが、(ネタバレになるといけないので詳しく書き込めませんが)、もしもこの作品の登場人物と同じ境遇だとしたらば、自己投影してしまって、相当にショックを受けるかもしれないですね(泣)。

    でも、そんな同じ境遇に居られる御方々は稀だと思いますので、たぶん奈菜様も大丈夫だと思いますよ(汗)。

    それでは失礼致します。

満足度データ

今度は愛妻家
100点
45人(17%) 
90点
55人(21%) 
80点
71人(27%) 
70点
40人(15%) 
60点
22人(8%) 
50点
9人(3%) 
40点
4人(1%) 
30点
1人(0%) 
20点
2人(0%) 
10点
7人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
256人
レビュー者数
80
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
83
ファン
51人
観たい人
176人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • チロロッピー
  • ぺこりんぽこりん
  • でっぱら
  • リュウ、
  • Courgette
  • youji-y
  • moomin
  • qp
  • ぽねごん
  • 聡史
  • うぃるれい
  • 三毛蔵
  • だったんじん
  • Jny5
  • youtyan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

今度は愛妻家【通常版】[DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3175円(税込)
  • OFF:929円(22%)

今度は愛妻家 【豪華版】 [DVD]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4845円(税込)
  • OFF:1419円(22%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ