ただいまの掲載件数は タイトル64942件 口コミ 1178137件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > BOY A > 感想・評価 > これは“私”です。

これは“私”です。

90点 2008/11/20 0:51 by ハナミズ

BOY A

 これは、中々タフな映画だ。
突き上げてくるものがある。
どこかの国の誰かの話ではなく、どこにでも誰にでも起きうる問題。

 犯罪者が、正当な裁判の結果、刑期を終えて出てきたら《真っ白な人間》として、受け入れられるだろうか…。
 また、自分がその立場なら世間の目に耐えられるだろうか。

 受け入れ難い気持ちは容易に想像できる。
でも、それで良いわけ無いことも知っている。
いったい、誰が彼に“石”を投げつけられる資格があるというのか。

 どこまでも自然に見えるフィルム。
光も芝居も…ドキュメンタリーでも見るかのように手堅い演出。

 余計な人物を排除し、絞り込んだ人物の芝居をじっくり見せる。
主演のシャイな少年役にはアンドリュー・ガーフィールド。
ロバート・レッドフォードの激賞を受けた新進気鋭。
(『大いなる陰謀』での生徒役といったら思い出す人もいるのでは?)
彼がなぜレッドフォードに気に入られたのか、その答えがこの映画にある。
後見人を務める役にピーター・ミュラン。
渋く真面目な芝居は安心して見ていられる。

 初めての仕事。初めての友。初めての恋。
過去の自分と向き合い葛藤する姿に心打たれない人は少ないのでは?

 「映画は娯楽だ」…と、“非日常”や“スペクタルな”モノしか受け付けられない人には勧められないですが、未成年犯罪が増加する現代社会に住んでいる我々は見ておくべき一本かもしれない。
 シリアスな映画だが、青春映画的な側面も感じさせるのも好印象。

 鑑賞直後、映画の結末にはやや戸惑ったが、あれでよかったのだと思う。
これは誰かの物語であって、全ての人の物語だから。
しっかり自分で考えて受け止めなければならない。

 この映画に描かれたことを想起させる事件が身近にあることを、ほとんどの日本人は知っているはず…。
それを踏まえたうえで、もう一度かみ締めてみたい。

 映画は107分で終るが、観客にとってはそこから始まる。
 もし、同僚だったら。もし、隣人だったら。もし、自分だったら…。

 

9人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

BOY A
100点
7人(8%) 
90点
15人(17%) 
80点
30人(35%) 
70点
14人(16%) 
60点
9人(10%) 
50点
1人(1%) 
40点
6人(7%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
3人(3%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
85人
レビュー者数
19
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
74
ファン
11人
観たい人
65人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 猫ぴょん
  • pui
  • 空の落下地点
  • kuuniiii
  • ヴェロニカ
  • gosling
  • cream
  • KUROKURO
  • ハナミズ
  • anya

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ