ただいまの掲載件数は タイトル64541件 口コミ 1173326件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 火垂るの墓〈2008年〉 > 感想・評価 > 少年と戦争

少年と戦争

80点 2010/1/9 14:56 by トオル

火垂るの墓〈2008年〉

少年の視点からの「戦争」がよく描かれた作品だった。戦場の凄惨な場面は少ないが、それでも戦争の虚しさは伝わってくる。中学生という難しい時期の少年の、その時期ならではの自尊心と戦争。それが悲劇を引き起こすのだが、遠い昔の自分の感情を思い出すような気がして、一概にもっと素直になればよかったのに・・・とも思えなかった。校長先生一家の前でできなかった、どじょうすくいを独りでする清太が哀しい。
清太役の少年は、青い感じが上手く出ていて自然な演技だった。節子役の女の子は、かわいいがセリフがあまりに棒読みな気がして、感情が良く伝わってこなかった。あの時期の女の子はあんなものなのか?松坂慶子はちゃっかりした関西のおばちゃんな雰囲気が良く出ていた。さすがに上手い。松田聖子は薬を飲む場面など動きのひとつひとつが美しく、幸せな頃の象徴としての存在感があった。
場面の転換の余韻がもう少しあれば、という気がしたので80点に。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

火垂るの墓〈2008年〉
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(13%) 
70点
2人(13%) 
60点
2人(13%) 
50点
5人(33%) 
40点
2人(13%) 
30点
1人(6%) 
20点
1人(6%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
15人
レビュー者数
4
満足度平均
53
レビュー者満足度平均
53
ファン
0人
観たい人
16人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

火垂るの墓 [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:399円(10%)

 

映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】