ただいまの掲載件数は タイトル64721件 口コミ 1175836件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > キサラギ > 感想・評価 > 再評価しようと思ったキッカケ

再評価しようと思ったキッカケ

90点 2015/6/12 0:30 by すかあふえいす

キサラギ

俺はこの映画に対して散々罵ってきた。あなた方は「一貫性がない」とか「手のひら返し」とか、散々に私を罵る事でしょう。
それを覚悟で、俺はこの映画を見直し素直に面白いと思えた感動のもと、この映画のレビューを再び書いていきたいと思うのです。

この映画を再見しようと思ったキッカケは何だっただろうか。
脚本の古橋良太なら「三丁目の夕日」で感動し、
監督の佐藤祐市ならカーリング映画「シムソンズ」の面白さに心打たれた事がキッカケだった。
それに「シムソンズ」でも佐藤祐市と組んだカメラマン川村明弘の仕事振りに心を揺さぶられたからなのです。

「キサラギ」の窮屈さが苦手という人にも開放的な「シムソンズ」をオススメしたいし、心の中をさらけ出しつくす「キサラギ」か人間の善良さを信じ抜く「シムソンズ」か。好みが分れるのも無理はないだろう。
いずれも“嘘”をひっぺがして“真実”をさらけあう面白さ。

再見した感想の前に、何故この映画が嫌いだったかという理由も改めて記載しておきたい。
まず「キサラギ」とかいう題名にハートを付けたようなふざけた感じが気に入らなかったこと、
「日本映画なんだから漢字を入れろよこの野郎」という意味不明で下らないこだわりを持っていたこと、
(その辺は「パッチギ!」が面白かったので認識を改めた。これも「キサラギ」を再見しようと思ったキッカケの一つ)、
低予算と主張する割にはオープニングがやたら凝ってて頭にきたし、
登場人物もみんな自己肯定野郎で無性にイラついたし、
三谷幸喜もそうだが映画よりもTドラマで見たい内容、
映画が始まる前にDVDの13分に及ぶファ●キントレーラーを見せられて印象が悪くなったこと、
飛ばせない上に早送りしてもクソ長いし本編を腸がにえくりかえったこと(興味のない人間には本当に邪魔でしかない)、
何より自分が苦手な映画を押し付けられた上に他の映画をDisる連中に頭がきた事。俺はあの時確実に発狂していた。自分が求めていないものが評価されず、真に求めていたものが世間に評価されない事に対する憤り。
本当に個人的な、あまりに個人的でクソ下らない理由で俺はこの映画に対して、いや日本映画そのものにすら偏見を塗りたくっていたらしい。

さて無駄話を長々として申し訳ない。
それでは「キサラギ」を再見した感想を書いて行きたいと思う。


エレベーターでふと現れた独りの男。何もない屋上、回る鉄の音、室内の異様な“暗さ”。
その暗い理由も、クライマックスで“真実を語る”ように煌く星々を際立たせるための漆黒だった。

匿名掲示板という偽りの自分、直接顔を合わせる時も“仮面”を被ったまま。一人、また一人集まるアイドル(偶像)に魂を奪われた人々。
クールを装う男、流される男、話に置いてきぼりをくらう男、明るすぎる男、何かを押し殺しているような男たち。

織田裕二「いいじゃないですか〜」
「踊る大捜査線」では「真下正義」として活躍したユースケ・サンタマリアの鉄仮面。

パーティー気分だった主催者に対して、他の人間は真面目に追悼。でも何処か冷めた様子。
その理由も伏線。泣く男と冷めた男たちの違い。初見時の俺は、その辺の巧さを見逃し、完全に忘却していたらしい。
この映画は脚本の映画だ。確かに再見して映画的演出が冴え渡っているシーンが多いのがよく解ったが、やはりクライマックスの“あの瞬間”を盛り上げるために脚本が頑張っているのです、セリフの一つ一つで頑張っている映画です。

その一つ一つをより鋭く効かせる映画的演出の数々。

カチューシャという遺品、コレクションという火種、出入りは自由だが“ある瞬間”には閉ざされ密室を作り上げる。窓の外の雨、一触即発の緊張。
ド突き合い、ナイフ、右手に輝る切っ先、指紋でベッタベタになる遺品たち。
それに中々ハッキリ写されないアイドルの顔。
「シムソンズ」もまた主人公が憧れるアイドル的存在に影響を受ける作品だった。
あの映画は最初から顔や行動をハッキリと映していたが、この映画は“あの瞬間まで”徹底的に顔を映さない。

腹痛のせいで事情を中々掴めず除け者にされる塚地。この映画の“デブ”は最初憎悪の対象として描かれる。
あの頃の俺「貴方ちょっと黙ってて!」
初見時の俺は、その空気に犯されていたらしい。何故あれほど塚地に殺意がわいていたのか何となく理解できた。
だって農家なのに腐ったりんごパイ食って腹下すの?なんて思ったりしてさ。

本当にウザかったのは真下正義の方だったのにね。
あと警察仕事しろ。

今は後半で“化けの皮を引っぺがして”大活躍する塚地の演技力を賞賛したい気分だ。
「嘘だっー!!!!」と思わず叫び「何でもいいや」と諦めながら。

ほらおまえらヌード(幼女)だぞ喜べ。

回想を語るアニメーションは「シムソンズ」の頃から登場。

散乱する食い物、手紙、ストーカー、モヒカン、クッキー、エロムードになる照明、ダンボール、キャンドル、椅子を掴んでぐるぐる。

ここまでセリフばかりだなあと思っていると、あのクライマックスの素晴らしさで一気にもっていかれる。
黄色いクッションが“スイッチ”になり、満点の“星空”が語る真実!!彼等は嘘をついていなかった。
俺は何故このシーンを見逃していた!?おおおあの頃の俺のクソ馬鹿野郎があっ!!

そんな俺のように初見時と再見時で印象がガラリと変わったという体験がある貴方。
ラストの如月ミキと一緒に踊って嫌な気分を発散してしまいましょう。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

キサラギ
100点
174人(15%) 
90点
251人(22%) 
80点
292人(26%) 
70点
176人(16%) 
60点
66人(6%) 
50点
22人(2%) 
40点
18人(1%) 
30点
7人(0%) 
20点
10人(0%) 
10点
70人(6%) 
0点
10人(0%) 
採点者数
1096人
レビュー者数
258
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
75
ファン
274人
観たい人
558人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • maricebreak
  • レオきち
  • Usk@
  • ぽねごん
  • KUMAKO
  • ハウグワンビイキ
  • たかみゆ
  • きょんすけ
  • ぜろ
  • ねんどう
  • tkmero
  • DUNE
  • takam
  • miyamasumire
  • 映画生活スタッフ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

キサラギ(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [DVD]

  • 定価:2052円(税込)
  • 価格:1982円(税込)
  • OFF:70円(3%)

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:399円(10%)

 

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ