ただいまの掲載件数は タイトル64708件 口コミ 1175741件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 君は月夜に光り輝く > 感想・評価 > 愛と生を描く心温まる恋物語

愛と生を描く心温まる恋物語

80点 2019/3/31 20:08 by みかずき

君は月夜に光り輝く

本作は、心ときめくキラキラした恋物語ではない。愛すること、生きることの意味に真摯に迫る作品である。発光病という設定は特殊だが、ストーリー展開は極めてシンプル。不治の病に侵された女子高生と、彼女を支える男子高生の恋物語なので、生と死という言葉が飛び交うが、センチメンタリズムで終始せず、生の繋がり、生の連鎖を強調しており、従来の恋物語とは一味違う余韻に浸ることが出来る作品である。

本作の主人公は、発光病で入院中の女子高生・渡良瀬まみづ(永野芽郁)と彼女の同級生・岡田卓也(北村拓海)。拓哉がまみづの病院に見舞いに行ったことがきっかけで、拓哉は、天真爛漫なまみづの願いを代行して叶えていくようになる。次第に二人は親密になり惹かれ合っていくが・・・。

前半では、まみづは入院しているが、病魔の姿は見えず健康な女子高生そのもの。卓也との屈託のない会話も自然だが、ふとした表情に憂いが宿り、彼女の抱えている闇が垣間見える。永野芽郁の役作りが効いている。明るく、意志の強い、どんな時でも前向きな、まみづをリアルに演じている。病室での二人の会話は徐々に弾んでいくが、後半になるまで、二人の座る間隔は1m弱でなかなか縮まらない。踏み越えたくても踏み越えることができない複雑で切ない二人の心情を巧みに表現している。

北村拓海も、訳ありで鬱屈した、不器用で心優しい卓也の想いを、台詞だけではなく、表情、佇まいで巧みに表現している。

後半になって、病魔と闘いながら、二人の距離は一気に縮まっていく。愛と死を強調する展開だが、本作は愛と死ではなく愛と生に力点を置いて二人を描く。その分、クライマックスの感動は薄れ、スッキリしない感が残るのは否めない。しかし、その方が、現実的な展開になったと得心できる。

本作は極めてシリアスな題材だが、心温まる余韻が残るのは、本作が、愛すること、生きることの意味を、真摯に描いているからである。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

君は月夜に光り輝く
100点
1人(4%) 
90点
2人(9%) 
80点
2人(9%) 
70点
8人(38%) 
60点
4人(19%) 
50点
2人(9%) 
40点
1人(4%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(4%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
21人
レビュー者数
14
満足度平均
67
レビュー者満足度平均
69
満足度ランキング
235位
ファン
3人
観たい人
11人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

  • REI0923
  • 佳辰
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ