ただいまの掲載件数は タイトル64757件 口コミ 1176235件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 居眠り磐音 > 感想・評価 > あんなに強いのにこんなにも抱きしめたくなるNewヒーロー

あんなに強いのにこんなにも抱きしめたくなるNewヒーロー

100点 2019/5/9 0:52 by 初心者モード 初心者モード

居眠り磐音

時代劇って面白い!観終わった時に素直にそう思える映画だった。

1. 主人公が天晴れ

何と言っても主人公 坂崎磐音を演じる松坂桃李さんが魅力的。
「居眠り剣法」とは何ぞや、という問いに見事に応えた構え。「後の先」の動き。鋭い太刀筋。敵を斬った後の残心。全てが流麗で力強くて美しい。チャンバラ活劇の醍醐味をがっつり堪能した。
しかし普段の磐音は優しくおっとりしていて、無自覚の人タラシなのだ。皆、憂いを帯びた眼差しに惹きこまれ、少しとぼけた味のある風情に笑顔になってしまう。
そんな磐音がはらはらと涙を零す時、彼の儚さ艶やかに息が止まった。「あんなに強いのにこんなにも抱きしめたくなるNewヒーロー」が見事に造形されていた。

2.素晴らしき共演者

個性際立つ綺羅星の如き登場人物を語り尽くすのは難しいが、とりわけ<竹馬の友>柄本佑さん、<許嫁>芳根京子さん兄妹の爪痕の残し具合はお見事。また、<国家老>奥田瑛二さんの怪演には舌を巻いた。

3.原作へのリスペクトと続編への期待

原作の主要なエピソードがテンポよく盛り込まれていて、原作ファンとしてもニヤニヤを隠せなかったのだが、その根底には原作への絶大なるリスペクトが有ると感じた。
そして、散りばめられた伏線に、あの佐伯泰英先生のお書きになった長大な原作を、どこまでもどこまでも辿っていこうという気概を感じた。

とにかく2時間があっという間で、観終えた直後からまた是非もう一回観たい!と強く思う映画だった。
そして是非続編を!と強く願う映画である。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

居眠り磐音
100点
9人(26%) 
90点
6人(17%) 
80点
11人(32%) 
70点
6人(17%) 
60点
0人(0%) 
50点
1人(2%) 
40点
1人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
34人
レビュー者数
23
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
87
満足度ランキング
23位
ファン
5人
観たい人
26人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  立川  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  有楽町  錦糸町  新宿三丁目  日本橋  二子玉川  お台場  調布  上野 

他の地域

 

この映画のファン

  • ラッキーココア
  • hikarururu
  • ぶどうの木
  • hiryuden24
  • RIMA

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ