ただいまの掲載件数は タイトル63363件 口コミ 1167932件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 十二人の死にたい子どもたち > 感想・評価 > Suicide is Painless

Suicide is Painless

50点 2019/2/6 9:23 by デニロ

十二人の死にたい子どもたち

後ろの席の高校生が、面白くネ?と何とも意味のとらえ難い質問を友人にしていた。面白くないこともない、という二重否定で答えていたが、口調からは面白くなかったとしか聞こえなかった。面白くなかったよね。/そうでもなかったよ。と素直に解釈するのか、面白かった?/それほどでもなかった、と解釈するべきか。いずれにしても曖昧な感想だ。ああ、よかった。

タイトルからして生きることを選択する映画だろうと想像させる。順に殺人鬼に殺される、というような現実が既にあって、もはや映画でそんなストーリーを作っても負けてしまう。ここはひとつ若者に自死についてかんがえてもらおう。そんなディスカッションドラマ。

自死を望んでいた若者が、生を選択する過程をきちんと描くことはなかなかに難しい。死を乗り越えて生を全うする。想像力を要する作業だ。本作の死にたい子供たちの死にたい理由は様々で、病苦、いじめ、虐待、ミソロジー、罪等々。そんなことで死ぬんかい、と言い放った男子の死ぬ理由も、おいおいというような代物。生きる喜びや悲しみや、それを味わう時間の少ない若者が、終わりを持って嫌なことから逃れたい。うーん。いいかげんに生きる。いい加減、いい塩梅、というような意味です。朱に交わって赤くなったり、長いものに巻かれたり。そんなことをするな、と教えられもするけれど、コンプライアンス、なんていわれるけれど。生きていくことは熾烈です。よく言われるように、コンプライアンスの行き着く先は、日本の最後の戦争終了後の裁判官の餓死。真に受けてはいけません。

人は必ず死にます。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

十二人の死にたい子どもたち
100点
0人(0%) 
90点
1人(3%) 
80点
4人(14%) 
70点
6人(21%) 
60点
10人(35%) 
50点
7人(25%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
28人
レビュー者数
15
満足度平均
64
レビュー者満足度平均
63
満足度ランキング
305位
ファン
1人
観たい人
18人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  立川  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  有楽町  錦糸町  新宿三丁目  渋谷  新宿  二子玉川  お台場  調布  上野  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • リュイ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】