ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160071件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ヒトラーと戦った22日間 > 感想・評価 > 一連のヒトラーモノで一番酷い内容だった

一連のヒトラーモノで一番酷い内容だった

90点 2018/9/15 8:01 by 未登録ユーザ sally40

ヒトラーと戦った22日間

今まで、第二次世界大戦モノでヒトラー(ドイツ)モノを随分と見てきました。

ここ数年は年に数本は、この手のモノが作られ上映され、当時の私たちの知らない歴史など知る良いチャンスと映画の公開を楽しみにしていましたが、本作品、今まで見てきたこの手の作品の中で、一番胸糞の悪い思いをし、見ているこちらも恐怖を感じる作品でした。

映画はソビボル収容所で起きた22日間を描いているのですが、初めから終わりまでスッキリしません・・・・

映画の結末は、22日間で終わっていますが、その後の説明が流れその説明を読んでも、気持ちがげんなりするだけでした。

それ程、本作品、映画としては良く出来ていました。

当時のユダヤの方の恐怖や怒り、ドイツの方の卑劣さは、簡単に解釈は出来ません。

結局、地球上で一番のガンは、人間なんだと思いました。

マインドコントロールによる人道を忘れた人間、罪もない人の命が、卑劣な方法で奪えわれていく・・・

当時の事を考えても、これが本当に現実に起こった事だと信じたくないとも思いました。

不謹慎な言い方ですが、現代に生まれて、私たちは幸せだった・・・・

突然の家族との別れ、恋人との別れ、人を人だとは思わない鬼畜どものやり方にただただ、目をふさぎたくなるばかりでした。

映画の作り手の話をすると監督は、コンスタンチン・ハベンスキーで、「ナイト・ウォッチ」「ウォンテッド」などを作った人で、正直、アクション映画であまり面白い作品を作れる人ではないのではと思っていましたが、本作品は、よくこの映画を撮ったなと感心。

本作品のような作品が作られ、見ているこちらは、起きてしまった事を嘆くより、このような事を二度と起こしてはならない、その思うしかないですよね。
結局、戦争って、何も良い事は生まれない・・・・

本作品、ヒットして欲しいと言うか、人間ひとりひとりが見て考えるべく作品だと思いました。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ヒトラーと戦った22日間
100点
1人(6%) 
90点
4人(26%) 
80点
6人(40%) 
70点
0人(0%) 
60点
3人(20%) 
50点
1人(6%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
15人
レビュー者数
9
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
80
満足度ランキング
108位
ファン
0人
観たい人
10人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

下高井戸  吉祥寺 

他の地域

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”