ただいまの掲載件数は タイトル64256件 口コミ 1170866件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラジオ・コバニ > 感想・評価 > やっぱり死体がいちばん雄弁だ

やっぱり死体がいちばん雄弁だ

80点 2018/5/21 15:51 by くりふ

ラジオ・コバニ

先日『ラッカは静かに虐殺されている』をみた流れでこちらも。同じシリアで、ラッカから北西にあるコバニという街が舞台。2014〜16年の撮影で、『ラッカ〜』から少し前ですね。ISによる占領から解放へ、しかしトルコとの緊張は続く…日々が綴られますが、『ラッカ〜』との一番の違いは、監督も被写体もクルド人、という点でしょうか。

破壊されゆく自身の街で、仲間とラジオ局を起ち上げ毎日、情報と想いを伝える健気なDJ女子…というアウトラインを予想し、当たってはいたが…生易しいものじゃなかった。

まず、監督独りが人民防衛隊に同行して撮ったようだが、ISとの市街戦がハンパなく展開されます。多分撮っててハイになったのでしょう。カメラが敵を捉えようと、敵の射線上に出るんですね。弾、当たるぞと焦りますが、これが本物の戦争記録なのだ、と襟を正してしまう。CGで誤魔化すのとはわけが違います。

また、瓦礫に埋まる遺体の回収記録を延々と映します。容赦ないです。黒ずんだ骨付きの肉片。殆どが人としての原型を留めていない。しかし改めて、死体こそが戦争を雄弁に物語る、と戦慄します。映像ではわからないが途中でハッとするのが“臭い”。作業員は当然マスク姿だが、子供らしい好奇心で見に来た少年が、ずっと鼻を抑えている。腐敗臭がもの凄いのでしょう。が、放置すれば伝染病の源ともなるのだから、それが敵の死体であっても放置はできない。作業は延々続く。『ラッカ〜』にはなかったこの件は強烈に刻まれました。自分や、自分の周囲の人たちは、こうなって欲しくない。…こうはさせたくない。

…タイトルからは裏切られる、上記だけでもみた甲斐がありました。

復興に向け、二歩進み一歩下がる…ようなコバニの日々を、私設ラジオ局からの音楽と、女子DJの声が潤してゆく流れは心地よく、彼女がある転機を迎えるエンディングも爽やかでしたが、現実はそれで終わらないですからね。劇映画的演出が含まれるも、これがドキュメンタリーである、業のようなものが、終わってもずっと尾を引きます。

そして、本作がオールクルド人映画であることに、『ラッカは静かに虐殺されている』後のラッカ事情をみた時…複雑な思いに囚われます。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ラジオ・コバニ
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(50%) 
70点
2人(50%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
4人
レビュー者数
2
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
80
ファン
0人
観たい人
10人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】