ただいまの掲載件数は タイトル60367件 口コミ 1160343件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 食べる女 > 感想・評価 > 自分を見つめなおして、自分で決断する勇気をもらえる映画。

自分を見つめなおして、自分で決断する勇気をもらえる映画。

80点 2018/9/2 14:01 by shiron

食べる女

トップシーンから好きな映画だと思えました。
出てくるお料理はとても美味しそうだけど、決して美し過ぎない。
もっと料理本みたいにキラキラで、なんならレシピもガッツリの映画を想像していたので意外でしたが、全編を通して“手作り至上主義”ではないところに共感しました。

いろんな女性の生き方を、優しく肯定してくれるので「こんな選択をしても間違いじゃないんだ。人生に模範解答は無いんだ。」と思えて
自分らしく決断する勇気を後押ししてくれる映画でした。

でも「自分らしさ」って??
目の前にやらなければいけない事が多すぎると、自分の事を見失いがち。
一瞬立ち止まって食と向き合うことは、自分自身の今と向き合う事なのかも。
「今私は、どの食べ物をどんなふうに食べたいのか?」と問いかけて出た答えは、その時の自分の心の中を映し出している気がします。
毎日繰り返される小さな選択と決定だけれども、丁寧に意識することで、人生の大きな決断に繋がるのかもしれません。

そして“味わう”という行為は一種の快楽だったのか!!(*゜∀゜*)
空腹を満たす為にろくすっぽ味わわずに食べるのはエサでしかないけど
舌に神経を集中させて、繊細な味と食感をしっかり味わう行為は結構エロイ。
更に、色や香り、食材に想いを馳せて五感をフルに使ってゆっくり味わう。
確かに美味しい感動は、エクスタシーにも通じるなぁ。(私はよくスイーツで昇天してます ^^)
隠し味や副菜の合わせ方に、作り手のセンスや想いを感じとれるなら、もはやセッション!
「味は記憶」と聞いた事がありますが、実は色んな味を覚えていて、記憶と共に思い出す事が出来る。
エリカ様が最高に気持ち良さそうでした。(*^ω^*)


誰かが作ってくれた料理はもちろん、
自分の為に自分好みの配分で作る卵かけご飯だって最高の癒し。

明日の私は何を食べるのか?
そう考えると、明日がちょっと楽しみになります。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

食べる女
100点
0人(0%) 
90点
2人(8%) 
80点
5人(20%) 
70点
9人(37%) 
60点
3人(12%) 
50点
4人(16%) 
40点
0人(0%) 
30点
1人(4%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
24人
レビュー者数
10
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
66
満足度ランキング
253位
ファン
1人
観たい人
15人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

  • takappesan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”