ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157161件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 心と体と > 感想・評価 > 愛の鹿気

愛の鹿気

70点 2018/4/26 21:25 by くりふ

心と体と

キネ旬シアターにて。期待は下回ったがいい映画でした。作者が結論に導くのでなく、用意した二極の間に観客を置き、そこでの振幅を好きに受け取ってね…という仕掛けを感じます。丸投げなのではなく余白が多いという映画。不満はこの構造からのジャンプ力不足。あと、通俗に墜ちかかる所を意外と多く感じたこと。ちょち堅苦しい。

はじめ、鹿が演技しとる!ように見えてびっくりした。当然、そう見えるよう演出しているだけだが、ノンCGでしっかり鹿が擬人化されている。この鹿気いや仕掛けが後から効いてくる。と、鹿の鼻息を妙にセクシャルに感じたら…なるほど終盤あの“息づかい”に向けた伏線だったのかと。

鹿の映像に始まり、映像・フレーミングが端正で真っ当に美しい。これは劇場で堪能する価値おおあり。撮影監督は“撮影界のノーベル賞”カメリメージというのを獲ったそうだ。鹿の疾走にぴったり並走する滑らかさも見事だったが、今こういう視点はドローン撮影かな?

男の不自由な腕や女の精神的問題を、ことさら障碍扱いしないところがいい。心と身体のコントロールの難しさを、より際立たせるための仕掛けだと思う。これが巧くて、この中心たる心・身体という二極、その間の深い河について、とても興味深く振り返ることができました。

ヒロイン、アレクサンドラ・ボルベーイの“身体力”が美しく極まってゆくのが大きな魅力だが、それに圧され、老いた男の萎びた身体が画面から消えてゆく。この儚さが、また味わい。女性監督としての視線を感じます。男性監督ならもっと、男の身体もきちんと追って、ハッキリ描いたと思う。

食肉処理場という舞台を、ひとつの意味づけに絞っていないのもよかった。鹿、牛、人間、男と女、観客は自分の心の舞台上に、映画から転写されたそれらをどう置くのか置かれるか、どう動かすのか、動いてしまうのか? …遊べますね。ちょっと硬質だが、想像力に働きかける映画だと思います。

さて、あの森は、あの後どうなってゆくのだろう?

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

心と体と
100点
0人(0%) 
90点
4人(22%) 
80点
5人(27%) 
70点
6人(33%) 
60点
1人(5%) 
50点
1人(5%) 
40点
1人(5%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
18人
レビュー者数
8
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
80
満足度ランキング
123位
ファン
3人
観たい人
17人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

  • ペペロンチーノ
  • 佳辰
  • ラッキーココア

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集