ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149406件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 万引き家族 > 感想・評価 > 斬新な視点で描く家族の在り方

斬新な視点で描く家族の在り方

90点 2018/6/5 23:21 by みかずき

万引き家族

正直、驚いた。今まで、こんな家族なんか観たことなかった。私の家族感は崩壊してしまった。本作は、極めて日本的な雰囲気で究極の家族を描いた是枝監督の渾身作である

訳あり5人家族は、祖母・初枝(樹木希林)の年金を当てにして、万引きを生活の糧にして昭和レトロ感溢れる一軒家で暮らしていた。ある日、浩(リリーフランキー)は、寒さに震えている子供・じゅり(佐々木みゆ)を見過ごせずに家に連れていく。妻の信代(安藤サクラ)はじゅりの腕の傷をみて引き取ることにする。その日を境に、家族の生活は徐々に変化していく・・・。

じゅりを加えた6人家族は貧乏だが、いつも明るい雰囲気で本音を言い合っている。演技巧者を揃えた家族の会話は、本当の家族の日常を切り取ったかのように自然で生々しい。明日はどうなるか分からない。だからこそ、彼らは、今日を悔いなく懸命に生きている。それが彼らの明るさの理由だろう。

大人4人は純粋な善人ではない。一癖も二癖もあり狡賢い面を持ち合わせている。そんな4人が紡ぎ出す家族の絆は生々しい。家族の絆は家族になれば自然にできるものではない。互いを強く想って築き上げるものだという作品メッセージに心揺さぶられる。また、本作は幼児虐待という今日的なテーマも取り入れている。幼児虐待に対する信代の台詞には説得力がある。粗野だが、全身全霊で子供を守るという強い母性が感じられて胸が熱くなる。安藤サクラの決意を滲ませた演技が秀逸。

終盤、ある事件が発覚し、そんな家族はバラバラになり独白という形で一人一人の過去と家族への想いが語られる。特に信代と翔太の台詞が、この家族の素晴らしさを端的に現わしていて心洗われる。安藤サクラの抑制の効いた凄味ある演技が出色。

本作は、打算による相互依存でできただろう家族が、毎日を共に懸命に生きることで、互いを思い遣る気持ちが芽生え、徐々に絆を深めていく物語である。斬新な視点で描いた家族の在り方が心に突き刺さる秀作である。

 

5人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/6/16 11:40 by 悶mon

    みかずきさん、こんにちは。
    悶monです。
    私のレビューへのレス、ありがとうございました。

    >正直、驚いた。今まで、こんな家族なんか観たことなかった。私の家族感は崩壊してしまった。本作は、極めて日本的な雰囲気で究極の家族を描いた是枝監督の渾身作である

    みかずきさんの感想に全く同感です。
    私も本作品の家族に相当驚いています。
    こんな家族は観たことなかったし、家族感も崩壊しました。

    でも、この万引き家族って、本当に優しい人たちなのですよね。
    虐待を受けていた「ゆり」が家族の一員になっていくのも、彼女としては、その優しさに居心地の良さを感じたからではないでしょうか。

    そして、俳優の演技では、やはり安藤サクラが光っていたと思います。
    物語の後半、ある事件を発端に家族が姿を変えて行く中、家族のそれぞれが独白の形で、家族のことを語りますが、安藤サクラ演じる信代の独白には、思わず涙腺が緩んでしまいました。

    鑑賞のパーセントとしては、やはりハリウッドのエンタメ系が多くなってしまうのですが、本作品のような静かに語りかけてくる日本映画も良いものだな、という思いを強くしました。

    それでは、また、共感作で語り合いましょう。

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/6/17 19:45 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    本作、家族を描いてきた是枝監督の区切りの作品だと理解しています。

    今後、是枝監督が家族をライフワークとして描き続けるのか、新しいジャンルに挑戦するか、
    注目していきたいです。

    では、次なる共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/6/19 18:28 by 猫ぴょん

    こんばんわ
    みかずきさん^^

    罪を重ねる度に小心者の私はドキドキしてしまって
    (-_-;)いつばれるかと思うと気が気でなくって(苦笑)

    ちょっとしたサスペンスより心臓に悪かった〜
    (清廉潔白かと言われれば全然違うんですが笑笑)

    子役も含めて演技が素晴らしくて
    と言うか演技に感じないくらい自然で凄くて

    そんな中チョイ役でしたけど柄本明さんの演技が心に残りました。
    あの一連のシーンが好きです。

    重かったので次はハン・ソロでスカッとしたいです
    (^o^)丿

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/6/20 22:30 by みかずき

    こんばんは。猫ぴょんさん。
    みかずきです。

    確かに謎めいた家族だったので、サスペンスの要素はありましたね。
    謎めいているけど、何か暖かい家族でしたね。

    安藤サクラがGoodでした。
    粗野だけど、全身全霊で愛する者を守るという
    強い母性を感じました。

    派手ではなく、リアルで自然体の演技に
    泣けました。

    是枝監督がこれからも家族をテーマにするのか、
    新しいジャンルに挑んでいくのか、楽しみです。

    では、今度は宇宙でお逢いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/6/28 18:00 by 無責任な傍観者

    うーん、本当の家族じゃないから優しく出来たんだと思ったけどなあ…

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/6/28 21:43 by みかずき

    こんばんは。無責任な傍観者さん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。
    いつも私のレビューを深く考察していただき
    ありがとうござます。

    無責任の傍観者さんの御指摘、私もそう思いましたが、それ以外のものも感じました。それは、彼らの抱えてる過去、彼らの貧しさだったと思いました。
    私の感じたそれらのものを集約して、
    私のレビューの中で、
    ”明日はどうなるか分からない”と表現しました。

    私のレビューの結びで、
    --------------------------------------------
    本作は、打算による相互依存でできただろう家族が、毎日を共に懸命に生きることで、互いを思い遣る気持ちが芽生え、徐々に絆を深めていく物語である。
    ----------------------------------------------
    と表現しました。

    では、また、色々な作品で語り合いましょう。

    失礼しました。

  • Re: 斬新な視点で描く家族の在り方

    2018/7/22 16:56 by 小波

    みかずきさま

    レスありがとうございます。
    しばらく映画館に行けなかったのですが、久しぶりに観たこの映画、心に沁みました。辛い話だけど、温かい気持ちにもなって。

    今日も、私は半分暑さに負けて、だらけてますが、また、映画館に足を運びたいと思います。

    みかずきさまのレビューを楽しみにしてます

満足度データ

万引き家族
100点
15人(11%) 
90点
36人(27%) 
80点
48人(36%) 
70点
13人(9%) 
60点
7人(5%) 
50点
6人(4%) 
40点
3人(2%) 
30点
3人(2%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
131人
レビュー者数
76
満足度平均
80
レビュー者満足度平均
80
ファン
23人
観たい人
75人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  立川  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  錦糸町  新宿三丁目  日本橋  新宿  二子玉川  お台場  調布  上野  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • cinerama
  • Steven SodaBerg
  • 佳辰
  • エージ
  • shiron
  • のんべののん太
  • じぇろにも三世
  • エミさん
  • takappesan
  • 草莽の志士
  • 猫ぴょん
  • 出木杉のびた
  • なつみかん。
  • ジョコーソ
  • sophia703

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!