ただいまの掲載件数は タイトル60647件 口コミ 1162452件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 人魚の眠る家 > 感想・評価 > きっと忘れない

きっと忘れない

100点 2018/11/18 9:47 by STAYGOLD

人魚の眠る家

科学と尊厳のはざま。

相変わらず、容赦なくリケ書家の東野圭吾は科学をかざして私たちを責めたてる。

だが−

そこに映画力、役者力がのったとき。
この作品はある種の高見に達してしまった。

映画なんて、そもそもがケレン。
ただの娯楽という名の文化の落とし子。
理屈なんか、暇人の後付け。
衣食住が保障された、なまぬるい感性の。
一番大切なのは、その紙芝居に隠されたモノを感じ取る琴線。

科学の進歩は、魂を失った電気羊にも「こころのひだ」を与えるか。
機械に生かされて、こころを失っても。
ときが流れ、ほとんどが機械の躰になっても。
ただ、たんにそれを感じさせるだけの映画かな。

だけど、一つだけはいえる。
ひとは、人間は、刻まれた想いを記憶のどこかに刻み込む。
それは記録媒体への書き込みとは違う想い。
デカい紙テープから小さなチップに代わる必要のない、
代えの利かない営みだから。

いつもながら堤カントクは、ある意味、ひそかに観る側の感性を測る卑怯なやり方をする。まあ、観る側は、その手法を飲み込むだけの大きさが欲しいものだ。

ひとはYESとNO、ゼロイチで創られたモノではないのだから。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 東京パフォーマンスドール時代からのファンきっと篠原涼子ちゃんを忘れない

    2018/11/19 0:16 by 青島等

    友が少しの群馬県、45歳の美少女は正に妖怪つうか黒木瞳さんの好敵手
    正体は九尾の狐かも知れない永遠の美女子が幾人もいますね。

    今晩はSTAYGOLDさん、

    >映画なんて、そもそもがケレン。ただの娯楽という名の文化の落とし子。

    鋭い見解! 活動写真キネマトグラフィ、フィルム等々に匹敵します。

    追伸:お互いに胸糞悪い奴を木端微塵にやっつけたい性分らしい(笑)
    アバランチさんの言う通り見苦しいかも知れぬが今後も止めないぞ(爆)

  • 青島さん、こんばんは

    2018/11/19 3:33 by STAYGOLD

    私にとっては、
    篠原涼子=『恋しさと せつなさと 心強さと』
    ですかね〜

    ちょうど5年の雇い人期間を経てフリーに転向した年だったんで印象深いです。東京パフォーマンスドールでも、センター扱いでしたね。まあ、卒業(解散?)後の勝ち組でしょう。まさか、ここまで残るとは思わなかったけど。

    本作もヒステリ−で爆発寸前のおかあちゃんの愛をウザイぐらいの紙一重で、ブイブイ飛ばしてます。子がいる親なら、たしかに解る部分でもあるのですが、走りすぎかも。不謹慎ですが、ちょっと、福田組の彼女が観たい気がしました…

    そうそう。
    今回、青島さんに、教えて頂いて久しぶりにむこうを観ましたが、ああ、なるほど、そういうことですか^^

    せっかく意見頂いたのに非常に残念ですが、キャラが強烈じゃないと全然誰か覚えてない…。残念。まわりのコもクセが強い奴が多いので。失礼な返しをしてしまいましたかも。

    とはいえ、たぶん青島さんもそうだと思うのですが、私も基本必要が無ければ1頭で生きていく系の生物なので、ふーん、で?としか思いませんが(一緒にするな、って^^)

    まあ、いいや。
    機会がありましたら連獅子化した安達が原の鬼婆状態の篠原涼子さまを観劇してあげてくださいませ。ではでは。

  • Re: きっと忘れない

    2018/11/20 22:59 by みかずき

    こんばんは。STAYGOLDさん。
    みかずきです。

    STAYGOLDさん、満点評価ですね。
    なるほど。

    本作、もっと静かな作品だと思っていましたが、
    脳死に真正面から挑んだ凄い作品でした。

    私もエンジニアなので、最先端技術が一線を越えてしまうとことは複雑な気持ちでした。
    科学技術の可能性を提示したのではなく、真逆のものを我々に鋭く問うていると感じました。

    主観と客観の対比も感じました。
    当事者でない人達は客観的になれますが、
    当事者になれば、脳死を受け入れるのは至難です。

    正解なんてない問題ですが、登場人物達はそれぞれの立場で脳死と向き合っていましたので、迫力ある作品になっていました。

    人の死について考えさせられる作品でしたが、現実的な私には、心臓の鼓動は生命の鼓動という考えが今はしっくりきます。

    考え続けていかなければならない問題であることは間違いありません。

    では、また、別のジャンルの作品で。

    失礼しました。

  • みかづきさん、こんにちは

    2018/11/21 15:44 by STAYGOLD

    徹夜2日目で意識が飛びそうなSTAYGOLDです…
    ぐう…

    じゃなくて、みかづきさんはエンジニアだったんですね〜
    こういう、黒すぎる納期あります?
    まあ、好きでやってるのでいいけど。

    今回は、かなりシリアスなご意見ですね〜
    本作の、ぶっといトコです。

    私は、脳死は死だとは思いません。
    だって生きてるもん。あったかいもん。
    理屈で決めるものじゃないもんネ。

    けど、同じくらい、誰かのために、何かを、とも思います。
    こどもだと困るな〜飲み込めない。

    私がなったら、全部あげていいよ、と皆には伝えてますが。
    お金、かかるしね。こどもたちに迷惑かけたくない。
    でも、おれのなんか、いらねえか。

    ちなみに私の星基準は単純です。
    少しでも琴線にかかれば、90以上。
    100は、心的涙腺決壊度がレベル5以上。
    まあまあオモロイは80点。
    60〜70は、工夫しましょう。
    50以下は、基本的にダメダメ。
    20以下はペンペン草。
    無しは砂漠地帯。

    基本、甘いっす。
    カネ払ってムツカシ顔したくないので。

    さて、今日の「どす黒い幻想けだもの」はどうかな。
    ああ、こころに
    リトルハーマイオニー!(ヨーモニーではない)

満足度データ

人魚の眠る家
100点
5人(9%) 
90点
13人(25%) 
80点
16人(30%) 
70点
14人(26%) 
60点
1人(1%) 
50点
3人(5%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
52人
レビュー者数
30
満足度平均
80
レビュー者満足度平均
81
満足度ランキング
36位
ファン
3人
観たい人
43人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  立川  東武練馬  大泉  南大沢  品川  平和島  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  有楽町  新宿三丁目  渋谷  錦糸町  二子玉川  お台場  調布 

他の地域

 

この映画のファン

  • おかだまるこ
  • みかずき
  • ysk_somemi

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”