ただいまの掲載件数は タイトル61275件 口コミ 1165580件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ドラゴンボール超 ブロリー > 感想・評価 > ブロリーと新キャラの交流が見どころ

ブロリーと新キャラの交流が見どころ

60点 2018/12/15 7:58 by コージィ

ドラゴンボール超 ブロリー

昔からの、または「超」のファンには、かなり楽しく見応えある作品では?

無印から、テレビシリーズの「超」まで、ドラゴンボールシリーズをコンプリート鑑賞してないと、理解できない作り。
完全なる続編。
(なので逆に言うと、本作が初見なのは難しい)

お話自体はさほど複雑ではなく、単純そのもの。
予告で想像のついた範疇で収まっていたレベル。
あまり多くは期待しない方がいい。

昔の劇場版アニメ『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、『危険なふたり!超戦士はねむれない』『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』からの要素抜き出し再構成でもある。
ブロリーが悟空(カカロット)を憎んでいるって昔の設定は、持ってこなくて正解。
むしろ今回、惑星ベジータでのフリーザとの因縁や、新キャラ2名との交流を描いたことで深みが出て、ブロリーは敵にも味方にもなる好感持てるキャラに進化していた。
この辺は、ストーリーに原作の鳥山さんが関わったおかげだろう。

7割ほどが戦闘シーンで、ひたすら戦いが続く。
超絶戦闘作画を楽しめばオッケー(途中、結構なカットが崩れていたけど)。
IMAXや4DXを意識したカメラワーク(というか、カット割り)が目を引く。
いかにも「続く」で引き。

悟空の戦闘狂ぶりが強調されて、モラルがぶっ壊れ気味。
すっかりベジータの愛妻家キャラって定着したなぁ。最近は悟空よりベジータの方が、人間的でモラルがあると感じます。

しかし、強さのインフレを起こしすぎなあの戦闘レベルだと、地球が何回壊れてても不思議じゃないのだが。
この作品世界における地球って、丈夫だなあ。

点数は、ドラゴンボール映画として。
映画単体の出来は30〜40点くらい。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ドラゴンボール超 ブロリー
100点
6人(21%) 
90点
6人(21%) 
80点
7人(25%) 
70点
4人(14%) 
60点
3人(10%) 
50点
1人(3%) 
40点
1人(3%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
28人
レビュー者数
20
満足度平均
80
レビュー者満足度平均
82
満足度ランキング
56位
ファン
4人
観たい人
13人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  立川  銀座  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  渋谷  新宿三丁目  錦糸町  二子玉川  お台場  調布  上野 

他の地域

 

この映画のファン

  • Yousuke  Takuma
  • ラッキーココア
  • なおたま
  • hikimaro

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”