ただいまの掲載件数は タイトル64580件 口コミ 1173556件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 15時17分、パリ行き > 感想・評価 > 「必然」に支えられた運命

「必然」に支えられた運命

80点 2018/3/17 8:30 by 悶mon

15時17分、パリ行き

本作品は、2015年にアムステルダム発パリ行きの列車内で起こったテロ事件から乗客を救った3人のアメリカの若者の物語であり、事件自体が実話なだけでなく、ヒーローとなった3人も現実にテロから乗客を救った若者が演じるという、ある種の異色作と言えるでしょう。

このサイトでは、割合評価は高いのですが、あまり評価しないというレビューも散見され、実際のところ自分がどう感じるか、期待半分で鑑賞してきました。

物語の冒頭で、ホームに入ってきた列車に怪しげな人物が乗り込むところが描写され、通常ですと、それほどの時間をかけずに、テロリズムが勃発、偶然乗り合わせた3人が、テロリストに立ち向かう…といった展開となるでしょう。

しかし、本作品では、すぐに場面が十数年前の3人が少年の頃の描写に移り、彼らが出会い、成長していくという過去の時間軸が描かれます。
このシーンの合間に、列車内でテロリストが活動を始める現在形の物語が、差し込まれる形で、作品は構成されています。

実際、作品の多くの部分が、3人の成長物語で占められ、この過去の時間軸が、現在とクロスし、テロリストに3人が立ち向かう姿は、物語の後半になっています。

ここが評価の分かれるところで、テロリストと勇敢な青年たちとの戦いというサスペンス的な要素を期待していると、がっかりということにもなるのでしょう。

しかし、私は、「偶然」と「必然」という相反する言葉を考えた時、本作品の構成は成功していると感じました。

彼らは、「偶然」にヒーローになったのでしょうか?
確かに、3人が出会って、共に成長し、一緒にパリ行くこととなったこと、そしてその乗り込んだ列車に、テロリストが乗っていたことは、「偶然」の積み重ねです。

では、実際にテロが勃発した時、3人が迅速に乗客を救う行為に出たのは「偶然」でしょうか?
そこがこの作品の肝だと思います。
それまで時間をかけて作品で描かれてきた成長物語を知っていると、それが、「必然」であったことに気づかされます。

監督は、この「必然」という、その人の運命を切り開いていく偉大な力を表現したかったのだと思います。
運命とは、「偶然」ではなく、「必然」によりその人をプラスに導くものなのだ、と。

ちなみにテロとの対決シーンは、実際に走行している列車内で撮影されていることもあり、迫真の演技で、圧倒されました。

監督の年齢からすると、現役を引退してもおかしくありませんが、まだまだ優秀な作品を創造する力があるのだ、ということを実感させられた佳作でした。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 「必然」に支えられた運命

    2018/3/17 22:12 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    私の所のへのレス、ありがとうございました。

    > 彼らは、「偶然」にヒーローになったのでしょうか?
    > 確かに、3人が出会って、共に成長し、一緒にパリ行くこととなったこと、そしてその乗り込んだ列車に、テロリストが乗っていたことは、「偶然」の積み重ねです。
    >
    > では、実際にテロが勃発した時、3人が迅速に乗客を救う行為に出たのは「偶然」でしょうか?
    > そこがこの作品の肝だと思います。
    > それまで時間をかけて作品で描かれてきた成長物語を知っていると、それが、「必然」であったことに気づかされます。

    仰る通りだと思います。
    イーストウッド監督が、事件当事者の過去を追ったのは、彼らの行動が必然であったことを示す為だと思います。

    > 監督は、この「必然」という、その人の運命を切り開いていく偉大な力を表現したかったのだと思います。
    > 運命とは、「偶然」ではなく、「必然」によりその人をプラスに導くものなのだ、と。

    その通りですね。
    彼らの過去を描くことで必然が強調されています。

    > ちなみにテロとの対決シーンは、実際に走行している列車内で撮影されていることもあり、迫真の演技で、圧倒されました。

    そうですね。事件の当事者が出演したこともあり、
    カッコ良いというよりは、
    泥臭さ、生々しさがあり、迫力十分でした。

    > 監督の年齢からすると、現役を引退してもおかしくありませんが、まだまだ優秀な作品を創造する力があるのだ、ということを実感させられた佳作でした。

    確かに、80歳を過ぎた監督の作品とは思えないくらい意欲的な作品でした。

    では、また共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

満足度データ

15時17分、パリ行き
100点
6人(5%) 
90点
7人(6%) 
80点
20人(19%) 
70点
31人(30%) 
60点
22人(21%) 
50点
5人(4%) 
40点
5人(4%) 
30点
3人(2%) 
20点
3人(2%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
102人
レビュー者数
52
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
69
ファン
5人
観たい人
46人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 佳辰
  • FOXHEADS
  • PAPAS
  • ペペロンチーノ
  • 吐露曼湖

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

15時17分、パリ行き ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3145円(税込)
  • OFF:1164円(27%)

 

歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】