ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156735件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 15時17分、パリ行き > 感想・評価 > 目を離せない監督

目を離せない監督

70点 2018/3/12 21:00 by まりん♪

15時17分、パリ行き

本人を本人役にキャスティング・・って言う所が凄い。
そして、彼らがちゃんと演技で来ている。結構難しい演技だと思うけど。

これは、ヒーローがいる、起承転結がしっかりしたアクション映画ではない。
だから、そう言う娯楽大作を期待している人には向かないかも知れない。

正しい事をしたい。人の役に立ちたいと願いながら、上手く立ち回れず教育現場では問題児になる三人の少年たち。
それぞれの道を行き、ヨーロッパ旅行を計画して再会した青年になった三人。
劣等感を持っていたり、退屈していたり、日々に流されていたり。
彼らは再会し、旅行を楽しむただの若者。決して清く正しい訳じゃない。
魅力的ではあるけどね。

大きな運命の流れに動かされている・・と呟くスペンサーは、思いがけない身体的欠陥で夢見た道へ進む事が出来ず、それでも日々前向きに取り組んで来たからこそ、そう言う発想になったのだと思う。
他の選択肢もあった。だけど、彼らはその電車に乗った。そこは凄く強調されている。
まるで運命のように。

そして事件が起きる。
そこに彼らは居合わせた。まるで天命のように。
そこまで来て、しり込みするかもしれない。保身に走ったかもしれない。
だけど、彼らは三人三様の人間なのににもかかわらず、それぞれが、自分たちの出来得る行動をした。
そこが凄い。
そして彼らだけじゃ無く、もう一人の勇敢な民間人の行動も。

そのシーンは、決してスマートで洗練された物じゃない。きっと血と涙でドロドロだったと思う。
ヒーロー物じゃないの。襲われるのは大統領でも大富豪でも無い。
ただの居合わせた人達が、思わず飛び出し、戦い、事件を未然に防ぎ、恐れ、逃げた人々が、救われた。

その事のリアルな恐怖、リアルな勇気が称えられている。

Clint Eastwoodは本当に目を離せない監督だ。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

15時17分、パリ行き
100点
6人(6%) 
90点
6人(6%) 
80点
18人(20%) 
70点
27人(31%) 
60点
17人(19%) 
50点
5人(5%) 
40点
3人(3%) 
30点
2人(2%) 
20点
3人(3%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
87人
レビュー者数
47
満足度平均
69
レビュー者満足度平均
70
ファン
6人
観たい人
39人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • みかずき
  • ペペロンチーノ
  • FOXHEADS
  • 吐露曼湖
  • PAPAS
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

15時17分、パリ行き ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3145円(税込)
  • OFF:1164円(27%)

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集