ただいまの掲載件数は タイトル59971件 口コミ 1156998件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 15時17分、パリ行き > 感想・評価 > 究極のリアリズムに挑んだ野心作

究極のリアリズムに挑んだ野心作

80点 2018/3/3 23:48 by みかずき

15時17分、パリ行き

2015年に発生した列車テロ事件の顛末を超リアルに描いた作品だと思っていたが、見事に裏切られた。シンプル、ナチュラル、リアルという言葉がピッタリ当てはまる面白い作品であり、観終わって清々しい余韻が残った。本作は、列車テロ事件の当事者を演者にして、究極のリアリズムに挑んだ名匠クリント・イーストウッド監督の野心作である。

意外だったが、本作は、物語の殆どをテロ事件に遭遇した主人公である3人のアメリカ青年達の過去を描くことに費やしている。更に、事件直前にヨーロッパ旅行をしていた彼らの行動を丁寧に追うことで、事件直前の彼らの心情に迫り、彼らの目線でテロ事件を描いている。主人公達を演じる3人の演者達のナチュラルで素朴な演技が奏功してドキュメンタリーを観ているような感覚になる。

テロ事件の背景が全く描かれないのは、主人公達もそうだったからである。主人公達も何も知らされず、突然、事件に遭遇したからでる。多くを語らず、あくまで、シンプルに、主人公達の目線でテロ事件を捉えることに徹している。

主人公達は、決して正義感溢れる品行方正な好青年ではない。幼少期から問題児ではあったが、挫折を繰り返しながら成長した、ごく有り触れた青年達である。そんな青年達が列車テロ事件に遭遇してどういう行動を取ったかがクライマックスであるが、当事者を演者にした効果で、ニュース映像を観ているような臨場感が際立っている。主人公達の行動は、カッコ良いというよりは泥臭く一生懸命であり、実話らしい生々しさが伝わってくる。過去から主人公達を描いているので、彼らに感情移入し易く、彼らの行動には胸が熱くなる。

彼らの事件後は簡単に触れられるだけで、あっさり終わってしまう。もっと盛り上げることはいくらでも出来たはずであるが、それをしないことに本作の真髄がある。あくまで、イーストウッド監督が我々観客に提示したかったのは、名も無い、普通の若者達がテロ事件でどういう行動を取ったかである。テロは特別な事件ではなく、世界中のどこでも起き、誰でも遭遇する可能性があるということが強調されている。テロの日常性が強調されている。

最近、極限状態の人間達をリアルに描いてきたイーストウッド監督の次回作はどうなるのだろうか気になる。更にリアリズムに踏み込んでいくのか、軌道修正をするのか、名匠が次に何に挑んでいくのか楽しみにしたい。

 

4人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 究極のリアリズムに挑んだ野心作

    2018/3/17 9:55 by 悶mon

    みかずきさん、こんにちは。
    悶monです。
    みかずきさんを始め、このサイトの皆さんのレビューを読んで、本作品を鑑賞してきました。
    いつもみかずきさんからコメントをいただいているので、今回は、こちらからお邪魔させていただきました。

    >意外だったが、本作は、物語の殆どをテロ事件に遭遇した主人公である3人のアメリカ青年達の過去を描くことに費やしている。更に、事件直前にヨーロッパ旅行をしていた彼らの行動を丁寧に追うことで、事件直前の彼らの心情に迫り、彼らの目線でテロ事件を描いている。主人公達を演じる3人の演者達のナチュラルで素朴な演技が奏功してドキュメンタリーを観ているような感覚になる。

    レビューを読んでいたおかげで、ちょっと意外な物語構成にも違和感なく入り込むことができ、作品を鑑賞できました。

    皆さんのレビューでの評価は様々ですが、私はみかずきさん同様、「究極のリアリズムに挑んだ野心作」として高く評価しています。

    ラストは実話であるため、想像できるものでしたが、何とも清々しく、爽快感のある余韻に浸ることができました。

    それではまた、共感作でお会いしましょう。

  • Re: 究極のリアリズムに挑んだ野心作

    2018/3/17 21:58 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    私のレビューを参考にしてもらい、
    ありがとうございます。

    本作は、事件そののものより、事件の当事者の過去を描くことに重点が置かれています。

    結果として、彼らの目線で我々観客も事件に遭遇することになり、より臨場感が増しています。

    それにしても、
    イーストウッド監督の旺盛なチャレンジ精神は凄いですね。80歳を超えても意欲的な映画作りには頭が下がります。

    では、また共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

満足度データ

15時17分、パリ行き
100点
6人(6%) 
90点
6人(6%) 
80点
18人(20%) 
70点
27人(31%) 
60点
17人(19%) 
50点
5人(5%) 
40点
3人(3%) 
30点
2人(2%) 
20点
3人(3%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
87人
レビュー者数
47
満足度平均
69
レビュー者満足度平均
70
ファン
6人
観たい人
39人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • FOXHEADS
  • PAPAS
  • みかずき
  • ペペロンチーノ
  • 佳辰
  • 吐露曼湖

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

15時17分、パリ行き ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3145円(税込)
  • OFF:1164円(27%)

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集