ただいまの掲載件数は タイトル60603件 口コミ 1162038件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラブレス > 感想・評価 > 内戦

内戦

80点 2018/4/10 2:07 by ハナミズ

ラブレス

ロシアが生んだ鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督は観客に想像してほしいという。
言われるまでもなく想像なくして解釈はできないのではなかろうか。
『ハッピーエンド』のミヒャエル・ハネケのようにこの監督も自分の作家性を崩さない。

愛情がなく離婚待ったなしの夫婦にはそれぞれすでにパートナーがいる。
<子はかすがい>というがこの夫婦は逆で、子供にとっては立場がない。
そもそも子供は親を選んで生まれてきたわけではないのに…。

親権を押し付け合う12歳の息子が行方不明になって、仕方なく協力して探す道すがら何を考えるか。それは劇中の夫婦だけでなく観客である我々もだ。
とかく傲慢で身勝手になりがちな人間の醜い部分を照らし出す。
捜索で探す所が荒涼とした場所ばかりで、あたかも少年の存在を象徴するかのようである。

ロシアでは行方不明になる子供が多いといい、ボランティアの捜索隊の協力も得るという。
身勝手な夫婦が人の闇の部分なら、こうしたボランティアは光の部分なのか。
ミステリーの側面もなくはないが、それが目的ではないから推理小説のようなものを期待すると消化不良を感じるかもしれない。

ところで、夫婦が捜し歩く際に車中(カーステレオ?)で英国のバンドBring Me the Horizonの“Sleepwalking”が流れる。
対訳は出ないが、後で調べてみてこの曲の歌詞が行方不明になった息子の心情を代弁しているように思えてならなかった。
(ただし、この曲が収録されているアルバム「Sempiternal」は捜索の時点ではまだ発売されていない。逆に言えばそうまでして使用したかった意図があったことの証明になるかもしれない。)

終盤TVに映し出される映像が、この夫婦の関係と重なるようで、改めて“子供の失踪事件”の持つ意味を噛みしめる。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ラブレス
100点
0人(0%) 
90点
2人(6%) 
80点
6人(18%) 
70点
11人(34%) 
60点
3人(9%) 
50点
7人(21%) 
40点
1人(3%) 
30点
1人(3%) 
20点
1人(3%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
32人
レビュー者数
18
満足度平均
64
レビュー者満足度平均
68
ファン
2人
観たい人
24人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • FOXHEADS
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

ラブレス [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”