ただいまの掲載件数は タイトル58783件 口コミ 1144115件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 > 感想・評価 > 世界を救った男てww

世界を救った男てww

70点 2018/4/10 19:11 by YYZZOO

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

カメレオン俳優ゲイリーの真骨頂!雄弁家チャーチルのモノマネはもはやコピーロボットの域に。インタビュー読みましたが相当研究されたみたいですね。

ゲイリーの神メソッド、辻さんの神メイク、迫真の議会シーン、不味そうなイングリッシュブレックファストなどなどアカデミークラスの話題と見所満載で、期待相応の作品ではある。リリージェームスかわいいし。

チャーチルのはみ出す個性含め、ドラマチックな展開を見せる戦時内閣の劇場ぶりは、宣伝の謳い文句に踊る「心震わす」エッセンスたっぷり。でも自分の心は震えなかった。ヒトラーを悪の枢軸として、チャーチルをヒロイックに対比させる演出に呼応するのは短絡的すぎる。史実の戦争や政治を描いた作品は常に客観性と中立性を持って見たいから、チャーチルの熱血演説に対してたやすく胸アツになるわけにはいかない。自分が知識薄い件の場合は特に。作品の良し悪しとは別に、あくまで冷静に。

もっと言うなら、大英帝国もアイルランドやインドを植民地支配してきてるわけだし。という意味でヒーロー映画のような耳触りのいい邦題サブタイトルに対して違和感しかなかった。THE単細胞。百歩譲って「ヒトラーに屈しなかった男」くらいならまだ着地してる気がする。

チャーチルという破天荒な政治家のキャラクターは面白かったけど、キレものなのかどうかは疑問(むしろバカっぽい)。ダンケルクの救出作戦はもちろんチャーチル内閣の最大功績なんだろうけど、むしろヒトラーがなぜダンケルク手前で戦車隊の進撃を止めたのか、ダンケルク以降になぜドイツの勢いが弱まって負けたのか、その采配の揺れ動きと時代の趨勢のほうに興味が湧く。やはりこういう作品は、鑑賞後に前後の歴史をきっちり確認して学んでこそ真の価値があると思います。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
100点
11人(12%) 
90点
26人(28%) 
80点
25人(27%) 
70点
20人(22%) 
60点
5人(5%) 
50点
1人(1%) 
40点
1人(1%) 
30点
1人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
90人
レビュー者数
60
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
83
満足度ランキング
23位
ファン
6人
観たい人
52人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  新宿三丁目  銀座  渋谷 

他の地域

この映画のファン

  • cinerama
  • マリナハート
  • 出木杉のびた
  • 猫ぴょん
  • ラッキーココア
  • FOXHEADS

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

未来の映画監督たちよ、ここに集え!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
アカデミー脚色賞ほか映画賞多数受賞の話題作、誰もが心揺り動かされる青春ラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』や毒のあるユーモアが散りばめられた『ザ・スクエア…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ