ただいまの掲載件数は タイトル60565件 口コミ 1161971件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > クワイエット・プレイス > 感想・評価 > お安い家族愛映画

お安い家族愛映画

60点 2018/10/6 20:50 by コージィ

クワイエット・プレイス

『ライフ』みたいなワンテーマ映画で、ギャグ要素のない『マーズ・アタック』みたいなノリ映画でもあったような。

この映画は「子供を亡くした両親と、死んだ子の姉弟ら【家族の再生の物語】」が本質。
SFホラー的モンスターによってもたらされた、喪失と回復の物語。 怪物がテロ犯や、殺人鬼などと、同じ意味を持つわけです。
このことを正面から見据えた本編演出なり、宣伝なりをしてくれれば、素直に観られたかもしれません。

しかしタイトルから宣伝からなにもかも、「怪物的何か」から生き延びるためのホラー・サスペンスっていう謳い文句なおかげで、トンデモ方向に。

音に反応する怪物ってアイデアは、古くは『トレマーズ』から『砂の惑星デューン』の怪物。最近では2016年『ドント・ブリーズ』の殺人鬼まで、よくある設定で目新しさはない。

「音を立てたら即死」ってキャッチコピーなのに、予告編に音の出るオモチャで遊ぶ子どものシーンや、赤ん坊孕んでる妻なんて出てきたら、「バカじゃないの?」しか思わないですし。

本編冒頭から劇伴がうるさいために、静けさがないのもマイナス。

なにより、「生活音すら致命傷になる」といいながら映画演出に都合のいいだけでルール運用されているような曖昧さに、イライラする羽目に。
たとえば服の擦過音は?魚を捕るときの水面を歩く音は?とか疑問に思うし。
話し声がOKのときとNGのときがあるなど、おいおい、と突っ込みたくなる。
状況が分かってるなら、家の中で音が鳴ったり、怪我して叫び声をあげたりしそうな要素は全て外しておかなきゃダメでしょ。
食器一つ使える素材を吟味して使用するのが当たり前なのに。

この世界の人間は、『トレマーズ』のキャラ以下の知性しかないのか、人類の大半が怪物に殺されたらしいんですけれども。
洞窟などに大きな音が鳴る仕掛けをして、おびき寄せて爆殺すれば、簡単に全滅させられるじゃないの。
性質的な弱点は、怪物が出てきて、外観デザインからすぐに分かっちゃうし。

驚いたり、面白かったりという感情を引き起こさず、遊園地のお化け屋敷などのアトラクション的なテンション以外は特にないまま、最後までいっちゃってがっかり。

お安い「家族愛のお涙」が好きな人にはお勧め。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

クワイエット・プレイス
100点
3人(5%) 
90点
7人(12%) 
80点
7人(12%) 
70点
14人(25%) 
60点
15人(27%) 
50点
3人(5%) 
40点
3人(5%) 
30点
1人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
54人
レビュー者数
23
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
65
満足度ランキング
194位
ファン
5人
観たい人
33人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • エテ吉
  • 佳辰
  • のんべののん太
  • da-
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”