ただいまの掲載件数は タイトル59759件 口コミ 1155129件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 恋は雨上がりのように > 感想・評価 > 夢追い人達の純愛物語

夢追い人達の純愛物語

80点 2018/5/27 20:54 by みかずき

恋は雨上がりのように

本作のテーマは2点。歳の離れた男女の青春純愛物語。人生において夢を持ち追いかけることの大切さ。端的に言えば青春と夢である。爽やかなテーマなので、観終わってクリーンな余韻に浸ることができる。

主人公・橘あきら(小松菜奈)は、陸上競技の有力選手だったが、怪我で自分の夢を諦めてしまう。彼女は、偶然立ち寄ったファミレスでバイトを始め、45歳の店長・近藤正己(大泉洋)の包み込むような優しさに次第に惹かれていく。店長も、彼女の普通ではない態度が気になり、彼女に惹かれていくが・・・。

冒頭が出色。あきらの自らの夢に挑むような鋭い眼光と力強い疾走は、本作のテーマである青春と夢そのものであり、一気に作品世界に惹き込まれる。本作は、あきらの恋愛対象を45歳の男性にしたことが奏功し、青春映画という枠を超えている。青春時代を過ごした中年男性の視点が加わったことで青春に肩入れし過ぎず、冷静に青春を捉えている。

また、本作は、店長の自宅の描写で、まだ夢を追いかけ、諦めていない店長の心中を見事に表現している。ともに夢を失いかけているあきらと店長。そんな2人の純愛は、2人を覚醒させる。その後の2人の行動は、人生において大切なのは、夢を叶えることではなく、夢を持ち続け、諦めずに追い続けることだということが伝わってきて、胸が熱くなる。

主人公あきら役・小松菜奈の青春そのものを体現した演技が光る。不器用で脆いが一途で一生懸命な高校生を好演している。豊かな目の表情で喜怒哀楽を表現している。特に夢を諦めた時のやり場のない怒の演技が見事。対する大泉洋も、相変わらずの演技巧者振りで、現実生活に疲弊しながらも、夢を諦めずに追い求める店長の姿を表現している。

ラストシーン。今後の2人の関係性に含みを持たせた味のある台詞のやり取りが心地良い。本作は、歳の離れた男女の日々を丁寧に綴ることで、青春の素晴らしさ、夢を追いかけることの大切さを得心できる良作である。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 夢追い人達の純愛物語

    2018/5/27 10:37 by 赤ヒゲ

    みかずき様

    こんにちは。もう見られて、レビューも書かれていたんですね!

    > 冒頭が出色。あきらの自らの夢に挑むような鋭い眼光と力強い疾走は、本作のテーマである青春と夢そのものであり、一気に作品世界に惹き込まれる。

    冒頭はワイヤーアクションらしいですが、音楽共々本当にかっこよくて一気に引き込まれますよね!

    > 本作は、あきらの恋愛対象を45歳の男性にしたことが奏功し、単なる青春映画という枠を超えた作品になっている。青春時代を過ごした中年男性の視点が加わったことで青春に肩入れし過ぎず、冷静に青春を捉えている。

    本当にその通りと思います。ここ何年もコミック原作の青春映画が量産され過ぎていて、少々食傷気味でしたので、こういう新たな視点の作品に出会えてとても嬉しかったです。キム・ギドクの「弓」も年の差をモチーフにした作品で、あれはあれで好きですが、今作はこの爽やかさがとてもよかったです。

    > 人生において大切なのは、夢を叶えることではなく、夢を持ち続け、諦めずに追い続けることだということが伝わってきて、胸が熱くなる。

    本当に仰るとおりで、胸が熱くなりましたね。

    > 主人公あきら役・小松菜奈の青春そのものを体現した演技が光る。不器用で脆いが一途で一生懸命な多感な高校生を好演している。豊かな目の表情で喜怒哀楽を表現している。

    本当に目に魅力がありますよね。自分の中では、染谷将太とかぶってはいるんですが…(汗;)。

    > ラストシーン。今後の2人の関係性に含みを持たせた味のある台詞のやり取りが心地良い。本作は、年の離れた男女の日々を丁寧に綴ることで、青春の素晴らしさ、夢を追いかけることの大切さを得心できる良作である。

    凡庸なストーリーという気もするのですが、役者の魅力やちょっとした心理描写などでスパイスが効いているのか、とても引き込まれました。

    お邪魔致しました!

    赤ヒゲ

  • Re: 夢追い人達の純愛物語

    2018/5/27 16:18 by 猫ぴょん

    こんにちわ
    みかずきさん^^

    夢を追いかけるってイイですね(#^^#)

    まず冒頭の小松菜奈さんの走りに惚れました(笑)
    眼光も凄かった〜!!

    デートで本を選ぶシーン好きなんですよ〜
    きゅんきゅんしました
    それぞれの友達も良かったですね^^

    店長がどんな小説を書いたか気になっております(笑)

    余談ですが
    みかずきさん今週末は「友罪」鑑賞されるんじゃないかな〜と思ってました。
    予想がハズレました(笑)

  • Re: 夢追い人達の純愛物語

    2018/5/27 23:41 by みかずき

    こんばんは。猫ぴょんさん。
    みかずきです。

    >余談ですが
    みかずきさん今週末は「友罪」鑑賞されるんじゃないかな〜と思ってました。
    予想がハズレました(笑)

    さすが猫ぴょんさん。
    鑑賞候補には入っていましたよ。
    今回は、原作の愛読者である若手社員から、
    本作を鑑賞をして感想を聞かせて欲しいとの
    リクエストがあったので、そちらを優先しました。
    百聞は一見に如かずの作品でした。

    では、また面白い作品でお逢いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: 夢追い人達の純愛物語

    2018/5/30 23:04 by みかずき

    こんばんは。赤ヒゲさん。
    みかずきです。

    業務多忙で、レス遅れてすみません。

    今回も共感点が多く、嬉しかったです。
    純愛物語というよりは、夢を追いかける人達の物語でした。
    やはり、人生において夢を持ち追かけることの大切さを痛感した作品でした。
    夢を追いかけいる人って、生き生きしていてGoodですね。

    では、また、共感作で語り合いましょう。

    失礼しました。

満足度データ

恋は雨上がりのように
100点
16人(19%) 
90点
14人(16%) 
80点
41人(48%) 
70点
7人(8%) 
60点
3人(3%) 
50点
3人(3%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
84人
レビュー者数
53
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
86
ファン
18人
観たい人
52人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • マルミ
  • shuzy
  • 猫ぴょん
  • みるきーゆい
  • ぱおう
  • ジョコーソ
  • mu-minA
  • cinerama
  • Mary222
  • ゆぃちぃ
  • ラッキーココア
  • なつみかん。
  • takappesan
  • 佳辰
  • みかずき

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

恋は雨上がりのように スタンダード・エディション [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

恋は雨上がりのように スペシャル・エディション [Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5458円(税込)
  • OFF:1886円(25%)

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!