ただいまの掲載件数は タイトル63365件 口コミ 1167945件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 > 感想・評価 > 誰がために新聞はある

誰がために新聞はある

80点 2018/2/28 1:10 by ハナミズ

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

ベトナム戦争における国家の最高機密文書<ペンタゴン・ペーパーズ>の存在は4代にわたる大統領の間で30年も秘密にされてきた。
その封印を解いた実話を基にした映画。
名称スピルバーグ監督が報道の自由を奪おうとするトランプ政権に警鐘を鳴らすべく鋭く切り込む。
メリル・ストリープにトム・ハンクスというオスカー俳優の初共演も話題の一つ。

国民に都合の悪い機密文書の存在や圧政は、もちろん一般のアメリカ人にとっては重要な内容ではあるが、“共謀罪”という名で言論の自由や報道に足枷をはめようとしている日本にとっても他人事ではない。
国家の機密保持に違反するということで<報道の自由>の制限に屈するか闘うかを問われるワシントン・ポスト紙。
ジャーナリズムとは、報道とは何かを痛烈に突きつける。
(権力に立ち向かうという意味では『スポットライト 世紀のスクープ』にも通じる。)

堅苦しい内容でメリル・ストリープが会社トップの女性を演じるとなると、ワンマンで剛腕を予期したが、本作の経営者キャサリンの役はか弱い側面を見せる。その意味では葛藤や決断のハードルはより上がっている。

予告編でひと目見て分かるほど今回も見事な撮影はヤヌス・カミンスキー。
スリリングな見せ方やラストショットなど舌を巻くシーンに事欠かない。
緊迫したシーンが続く中でベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)のお嬢ちゃんが良い緩和剤となっている。(笑)

是非とも『大統領の陰謀』と合わせて鑑賞したい。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
100点
5人(4%) 
90点
24人(23%) 
80点
39人(37%) 
70点
23人(22%) 
60点
6人(5%) 
50点
3人(2%) 
40点
2人(1%) 
30点
1人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
103人
レビュー者数
42
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
81
ファン
5人
観たい人
52人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • FOXHEADS
  • 佳辰
  • よっchan
  • バナバナ2
  • cinerama

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3227円(税込)
  • OFF:1082円(25%)

 

その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】