ただいまの掲載件数は タイトル59221件 口コミ 1148815件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜 > 感想・評価 > 名もなき英雄

名もなき英雄

60点 2018/5/1 16:13 by tabula_rasa

タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜

私個人、ジャーナリストという仕事をたいへん尊敬しています。彼らは一般市民が近寄らない危険な現場で取材をし、それを持ち帰って多くの人々に真実を伝えるというたいへんな仕事に従事しているわけですから。それはやっぱり敬意を払うに値すると思うわけです。

本作には、まさにそれがこの姿だ! とでも言うべき取材風景が描かれています。が、それにくわえてもうひとり、やむをえなく付き合う羽目になったタクシードライバーが登場し、彼がいなければこの取材は成功しなかったであろうと謳われる。しかも、彼は本名を伝えなかったとみられますから、まさに名もなき英雄、というわけです。

しかし映画としての出来には少々不満が残りました。それは、重い内容のわりにコメディ的なストーリー展開がとられていて、どこまで脚色されているのかわかりませんが、「それは不要なんじゃないかな?」と感じる部分がいくつかあったからです。

たとえば序盤に運転手が、本来は別のドライバーを請け負った予約を金欲しさに先まわりして奪い取るシーンがあります。それ自体はおもしろい。しかし、その行動によって、運転手が光州に来て危険な目にあってしまうのは、彼自身にもその責任の一端はあるとわかる。なのに中盤で「危険だとわかってて、なぜ光州に行けと言ったんだ!」とドイツ人記者に気色ばんでも、彼の腹立ちには同情できない。単なるわがままのように感じてしまうわけです。
運転手がいかに大きな役割を成したかがわかるストーリーにしたければ、エンターテイメント的な演出は控えめにして、ドキュメント風に撮るなどした方がよかったのではないでしょうか。

ただ、私個人としては、ドイツ人記者を主人公にして、ぜんぶ彼の目線で描いた方がいいんじゃないかとも思いましたけどね。その理由は、記者の証言を基にこの映画が作られているからです。最後まで観れば、ドライバーの描写の多くはフィクションだとわかるので、実話の映画化という重みが軽くなってしまう。そういう意味でこの題材は記者を主人公にして、独韓合作にした方がうまくいったかもしれませんね。

2018/04/28 梅田ブルク7(2)

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜
100点
11人(24%) 
90点
11人(24%) 
80点
15人(33%) 
70点
6人(13%) 
60点
2人(4%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
45人
レビュー者数
28
満足度平均
85
レビュー者満足度平均
86
満足度ランキング
13位
ファン
5人
観たい人
30人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

下高井戸  武蔵村山  渋谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • なつみかん。
  • 猫ぴょん
  • クリス・トフォルー
  • 佳辰
  • あおい目のこねこ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!