ただいまの掲載件数は タイトル58605件 口コミ 1141442件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 花筐/HANAGATAMI > 感想・評価 > 生と死、光と影

生と死、光と影

90点 2018/1/4 15:32 by ぱおう

花筐/HANAGATAMI

ブラヴォー、大林宜彦監督!
余命三ヵ月の宣告を受けながら、本作を撮り終え、病も退散させてしまったとか。
その渾身の気迫が乗り移ったかのような、鬼気迫る作品でした。

幻想的な映像美も、舞台転換のような場面の移り変わりも、棒読みのような台詞回しも、クラシック基調の切ないBGMも、何もかもが大林流。
2時間50分近い長い時間、独特の芸術世界を満喫させて貰えました。

カリカチュアライズして描かれる反戦メッセージが濃厚でありながら、伝わって来るのはもっと本質的な生と死の対照。
光と影のコントラストが鮮やかな舞台は、現実の唐津から変換され、夢の中のようです。
登場人物たちも、文学作品から抜け出して来たようで、現実離れしながら強烈な存在感を放ちます。

花筐(はながたみ)は、作中にも登場する、檀一雄の原作小説ですが、大林監督の名作『ふたり』のテーマソング「草の想い」の歌詞(大林監督作詞)でも、最後の部分に、
゛時は移ろい行きて ものはみな失われ
朧に浮かぶ影は 草の想い
ひとり砂に生まれて ふたり露に暮らせば
よろこびとかなしみの 花の形見” と、
どこか本作の味わいにも通じる、諸行無常っぽい印象の言葉が出てきたのを思い起こしました。

大林宜彦監督は、高齢といえども、その精神には微塵の衰えも感じられません。
是非、次回作にも期待させて下さい。

2018年、素晴らしい作品で映画生活を始められたことに、心から感謝します。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

花筐/HANAGATAMI
100点
3人(17%) 
90点
5人(29%) 
80点
3人(17%) 
70点
2人(11%) 
60点
1人(5%) 
50点
3人(17%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
17人
レビュー者数
10
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
89
満足度ランキング
81位
ファン
5人
観たい人
15人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

目黒 

他の地域

この映画のファン

  • ぱおう
  • エージ
  • 佳辰
  • クリス・トフォルー
  • jimmy09

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
巨匠スピルバーグがおくるSFアクション大作! 圧倒的没入感を味わえる『レディ・プレイヤー1』や佐藤健VS木梨憲武のアクション大作『いぬやしき』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

アカデミー賞をTOHOシネマズで楽しもう!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ