ただいまの掲載件数は タイトル59049件 口コミ 1146920件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > となりの怪物くん > 感想・評価 > 旬な役者のジャムセッションを観ているかのような作品

旬な役者のジャムセッションを観ているかのような作品

70点 2018/5/2 11:24 by kinchan50402021

となりの怪物くん

敢えて原作のページは開かない事にし、公開後間もなく観に行きました。

軸になるテーマが、人と人との関わりの中で負った傷を乗り越えて行くという、結構どっしりしたものでした。

こういうテーマを伴って実写に持って行くという事と
原作がPOPな印象の作品である事から考えて
視覚的な印象を軽やかにしたい意図があったからか、画面全体の色使いに工夫があったのがとても印象的でした。
最初と最後の「今」の場面には、クリアな印象の色を(例えば、雫の着ているジャケットのペールトーン色)主に使っている一方
高校時代のシーンの背景や小物にはちょっとビンテージな色調の青、オレンジ、薄いくすみグリーンを配してるんです。
それによって雫の愛おしい記憶を表現し、観ている私たちの記憶にもその色味の印象と映画の記憶が結びつくような効果があるんじゃないかなと感じました。
挿入歌についても同じで、懐かしい時代の記憶のシーンの描写を果たす一方で、観ている側と本作の記憶を結びつける役割を果たしている。こうして感想を書いている今も、主題歌のイントロが流れると、ハルと雫がいる世界がパーッと広がります。

それから、ここからが本題なのですが(笑)、この作品の真骨頂はまさに今注目を受けている役者の方々の全力の掛け合いが観られるという所にあります。

『となりの怪物くん』の登場人物はみんな魅力的なキャラクターで、それぞれにドラマがあって、それが作品の大きな魅力となっていると思います。
しかしながら、映画の尺でそれ全部盛りにするのはさすがに難しいので、雫とハルの関係性に注目する形で物語が展開されて行きます。

すると当然ながら、その他の役の方々の出演シーンや台詞はごく限られたものになるのだけど、その限られたなかで、それぞれの役者が掛け合いやひとつひとつの動きを通してその役の背景や画面に出ない部分の時間の流れまで表現しようとしているのが感じられて、まるでジャムセッションを観てるかのようなワクワク感がありました。

特に、ヤマケン役の山田裕貴さん。

全ては最後のヤマケンのあの一言のためと言っていいほどの、そこに至るまでの出演シーンには、画面に映らない分の心の動きや時の流れまでが眼差しや、語尾のひとつひとつに感じられて、出番的には少ないのに、最後のあのシーンの説得力がすごくあった事が驚きでした。

最初に雫に出会った時のぎこちなさから少し時間が経った時の会話のテンポの変化とか
学園祭で道に迷ってるのを雫に指摘されて
方向オンチなのを悟られまいとしてる可愛らしい所とか(笑)
優山が現れた途端、ちょっと動揺してたり…
ヤマケンの魅力を限られた所で全力で表現し尽くそうとする努力が感じられるし
ヤマケンと他の役者さんの掛け合いも、互いの役がイキイキする化学反応が生まれてる!と思い、惹き込まれました。

なので、これから観に行かれる方は是非それぞれのキャラクターを担う役者の細か〜い動きまで観察される事をおすすめします!ワクワクします。
また、原作読んでから、それぞれの役ごとに集中して何度か見るのも面白い作品だと思います。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

となりの怪物くん
100点
2人(9%) 
90点
6人(27%) 
80点
2人(9%) 
70点
3人(13%) 
60点
5人(22%) 
50点
3人(13%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(4%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
22人
レビュー者数
14
満足度平均
72
レビュー者満足度平均
72
満足度ランキング
150位
ファン
9人
観たい人
35人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • えりJUMP
  • Miran
  • manamiiin
  • tarako3104
  • みるきーゆい
  • kiyomiin54
  • ジョコーソ
  • hiryuden24
  • * y u *

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

「“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト」始動!一般選考員を大募集!!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ