ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156727件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 今夜、ロマンス劇場で > 感想・評価 > 口健(グチケン)と 綾瀬はるかは 仇名つけ!

口健(グチケン)と 綾瀬はるかは 仇名つけ!

100点 2018/2/13 20:35 by 青島等

今夜、ロマンス劇場で

ポスター&予告から期待大

綾瀬はるかありきの企画
他の女優ではミスキャスト
オードリー・ヘプバーン狙い

坂口健太郎の好演も特筆物
邦画の父=牧野省三への敬意

邦画黄金期の峠が過ぎた
1960年がメイン舞台
前年の皇太子御成婚でTVが
一般家庭に普及し始めた

イメージカラーが赤なのは
鮮血=生きている証を意図

助演の本田翼も良い芝居
中尾明慶は十八番キャラ
石橋杏奈の役割も効果的
存在感の大きい柄本明

特に看板スターの北村一輝
(俊藤浩滋+月形龍之介)÷2=俊藤龍之介
東映撮影所がモチーフのようで役柄は石原裕次郎を彷彿させる。

上映時間が109分なのもスッキリ纏まって後味も良い。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • ワーナーブラザーズ

    2018/2/15 22:35 by 青島等

    最近の特に21世紀に入ってからのハリウッドはスター不在で実情は火の車
    現在公開中の興業成績ベスト3が全部邦画(本作は首位)というのも当然
    「ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー」も期待はロン・ハワード監督のみ

    前置きが長くなったがオードリー・ヘプバーンのWB主演作は3本
    対する綾瀬はるか主演作は本作で4本目!
    ヘプバーンのWB3本目「暗くなるまで待って」が109分 偶然か?!
    WBから2時間以内に編集で収めろとの指示があったのかも知れない
    半年後Blu-ray又はDVDが発売されたらディレクターズカット版かも!?

  • 好きな日本人女優ランキング

    2018/2/17 1:03 by 青島等

    信じようが信じまいが現在、本田翼は4位、綾瀬はるか14位!
    但し、3歳児〜90歳以上の知名度は断然 綾瀬に軍配が上がるけど
    投票者層10代にとっては本田翼の方が親近感を感じるのだろう。
    綾瀬は既に完成された女優だから敬遠する傾向が有るのかも知れない

  • Re: 口健(グチケン)と 綾瀬はるかは 仇名つけ!

    2018/2/21 8:41 by 10年目のソフィ

    青島さん

    お久しぶりです。
    まさに映画愛溢れる本作、しかも綾瀬はるかちゃん付きとなると青島さんを揺す振りますよね?
    ニューシネマパラダイス、ローマの休日、オズの魔法使い、バックトゥーザ・フューチャーときて、邦画作品からまたまたETなど目白押しでした。

    ところで
    街道のお地蔵さん
    空にかかる二本の虹
    脚立のペンキ塗り
    あたりは青島さんだと、なにを浮かべますか?

    勝手なお願い?すいませんm(_ _)m

    またよろしくお願いします。

  • 市川右太衛門は白黒の「旗本退屈男」でも衣裳の色彩に拘った

    2018/2/21 23:11 by 青島等

    10年目のソフィさん、今晩は
    私なりの解釈で良ければ、参考に成るか的外れか(笑)

    >街道のお地蔵さん

    赤い涎掛けは(単に子供を守るだけじゃなく)作った人の血が通っている、
    風雨に晒されると桃色や紫に変色するが誰かが新品に交換した事を暗示

    >空にかかる二本の虹

    希望と同時に色彩に対し主人公がずっと願っていたカラー映画を象徴
    ハリウッドでは1,932年ウォルト・ディズニーが「森の朝」(「花と木」)で
    Technicolorを導入、4年後にヘンリー・ハサウェイ監督「丘の一本松」が公開
    当時の邦画界ではカラー映画いや総天然色に対する憧れが正に夢そのもの
    見出しの意味;監督が‘どうせ白黒映画ですから’と言っても
    ‘いや、お客さんは白黒でも微妙な色彩は分かる筈だ手抜きはできない’
    と譲らなかった…北大路欣也の親父はカラーになって更に派手になる!

    >脚立のペンキ塗り

    単にペンキ塗りだけなら器用な便利屋として重宝がられているか
    又は看板書きの専門家に良い様に利用されているのでしょうが、
    脚立は助監督も高い地位を目指している事を暗示しているような
    あと原健策(※)は演技の未熟な若手の台詞コーチを兼任していたり
    吉田義夫は画家として衝立の水墨画を描いたり自分の衣裳をデザイン

    これくらいで あまり調子こいて記すとネタバレを誘発するから(笑)

    ※松原千明の親父でファッションモデル<すみれ>の祖父

  • 加藤嘉 よく似た顔だ 加藤剛

    2018/2/25 23:24 by 青島等

    ナース石橋杏奈が世話をする寝たきり老人、品川徹かと思ったら髪がある
    加藤嘉は死んだ筈と思ってよく見たら加藤剛だった「砂の器」が懐かしい

    西岡徳馬は気の毒にもポスターに写真が載っていないけど存在感はある。
    去年は連ドラ『過保護のカホコ』のお爺さん役が感動させてくれた。

  • >綾瀬はるかありきの企画 他の女優ではミスキャスト オードリー・ヘプバーン狙い

    2018/3/11 0:19 by 青島等

    ありりんさんとのレビュー会話の続きをココに補足

    >> 綾瀬はるかの独走を誰かが阻止すべき「シャレード」は石原さとみか!?

    >どっちかというと北川景子かなぁ「シャレード」は。
    >石原さとみなら「暗くなるまで待って」がいい。

    なるほど!その方が適役っぽい(笑)
    前者のC・グラントは沢村一樹、W・マッソーが香川照之
    後者はA・アーキンが草なぎ剛、R・クレンナが佐々木蔵之介

    そうなると他の妄想キャストとして翻訳リメイク3本を

    「ティファニーで朝食を」は戸田恵梨香…ホリーはかなりの難役だから
    G・ペパードは藤原竜也でP・ニールが石田ゆり子さん、猫が見つかるか

    「おしゃれ泥棒」は新垣結衣がフィットしそう岡田将生と長身コンビで

    「ロビンとマリアン」は篠原涼子さん、S・コネリーは椎名桔平だ(笑)

  • 口健(グチケン)と 北村一輝 名コンビ

    2018/6/13 0:25 by 青島等

    『シグナル』を趣味の彫刻をやって観たら左右指に彫刻刀を刺した( ;∀;)
    卓上に真っ赤な血がポタポタ…幸い水割り用の氷があり即冷やしたが…
    イメージカラー赤(血の通った作品)から黒澤明監督&三船敏郎主演
    「酔いどれ天使」と「椿三十郎」の墨汁を連想した(笑)

  • “無礼者(# ゜Д゜)”〜by綾瀬はるか

    2018/8/19 1:28 by 青島等

    ラムネの空瓶で頭を殴られて失神する自転車で巡回中の警官にも注目
    窪田正孝主演『僕たちがやりました』のOBパイセン(先輩をジャズ読み)
    永野芽衣がヒロイン、川栄李奈や「コードブルー」の新田真剣祐が助演

    >加藤嘉は死んだ筈と思ってよく見たら加藤剛だった

    加藤剛の最終作、本当に歩行も困難だったのか、背も10p縮んでいた!
    アガサ・クリスティ第一夜 天海祐希主演『パディントン発4時50分〜
    寝台特急殺人事件〜』50年前は間違いなく160pあった草笛光子
    やはり歩行が困難で支えている160pの前田敦子より10p低かった!!

満足度データ

今夜、ロマンス劇場で
100点
14人(15%) 
90点
24人(25%) 
80点
23人(24%) 
70点
11人(11%) 
60点
12人(12%) 
50点
3人(3%) 
40点
3人(3%) 
30点
2人(2%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(1%) 
採点者数
93人
レビュー者数
57
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
79
ファン
15人
観たい人
44人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ウィニペグ
  • 青島等
  • ぶりんじ
  • Yayoi Ono
  • 秋楡
  • じぇろにも三世
  • tokumoridaisuki
  • Miran
  • ☆HIRO☆
  • 桃龍
  • uちゃん。
  • みかずき
  • takappesan
  • よっchan
  • 映画監督かい

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

今夜、ロマンス劇場で DVD豪華版

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4779円(税込)
  • OFF:1485円(23%)

今夜、ロマンス劇場で Blu-ray通常版

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3873円(税込)
  • OFF:1203円(23%)

今夜、ロマンス劇場で DVD通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3256円(税込)
  • OFF:848円(20%)
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集