ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154930件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 坂道のアポロン > 感想・評価 > JAZZなればこそ

JAZZなればこそ

90点 2018/3/14 22:14 by ぱおう

坂道のアポロン

三木孝浩監督らしい、直球ど真ん中の青春映画。
昭和の高校生らしい熱い友情と純粋な恋愛。小手先の技ではない、大波のような感動で心が揺さぶられました。
メインキャストの3人が、いずれもとても輝いていて、見ているだけで惚れ惚れします。
切なさの募るストーリー展開ですが、ダークな味わいはないので、最後まで安心して浸れました。

それにしても、セッションシーンの素晴らしいこと!
私はクラシックファンで、ジャズはどちらかと言えば苦手なのですが、この作品ではジャズでなければならない必然性を感じます。
ピアノとドラムで掛け合う二人の心の交流が、音と映像でありありと描かれて、言葉以上に雄弁に物語ります。

この作品が、現代を舞台にしたなら非現実的に映るのだとしたら、寂しいことです。
青春時代の純粋な友情や恋、熱い心の通い合い。
私自身も昭和世代なので、懐かしさや憧れを感じるのですが、もはや古いのでしょうか。

セッションシーン以外にも、海水浴に雨やどり、糸電話など、絵になる名シーンの数々が散りばめられていて、後から思い出されます。
DVD化されたら、時々観返したくなることでしょう。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/18 0:34 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    本作、昨日(3/17)鑑賞しました。
    おススメありがとうございました。

    ジャズの魅力の溢れた青春映画でした。
    薫と仙太郎の友情物語が主体の作品でした。

    ジャズ・セッションシーンは出色でした。
    代役無しに、出演者自身が演じたものとは思えないくらい完成度が高かったです。

    1966年の昭和の雰囲気とジャズが合っていました。どの音楽でも良いというものではなく、仰る様に、ジャズじゃなければダメだと思いました。

    邦画も、もっと意欲的に音楽を取り入れて欲しいと思いました。

    では、また共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/20 20:24 by ぱおう

    みかずきさん、レスありがとうございました。
    勝手にお勧めしましたが、お気に召したようで何よりです。

    > ジャズ・セッションシーンは出色でした。
    代役無しに、出演者自身が演じたものとは思えないくらい完成度が高かったです。

    もちろん撮影のテクニックもあるのでしょうが、練習すればあんなに上手く出来るものなのでしょうか?
    若手俳優とはいえ、プロの凄さを感じます。

    > 1966年の昭和の雰囲気とジャズが合っていました。どの音楽でも良いというものではなく、仰る様に、ジャズじゃなければダメだと思いました。

    同意して頂けて、心強いです。
    原作はマンガだそうですが、作者の方はジャズ愛好家なのでしょうかね。
    ジャズを愛していなければ、こんな作品自体思いつかないでしょうし。ただの小道具ではなく、作品の柱にジャズがある印象を受けました。

    > 邦画も、もっと意欲的に音楽を取り入れて欲しいと思いました。

    「フリートーク掲示板」の方で、音楽にお詳しいアーバン・ブルーさんが邦画の主題歌のスレを立てておられますね。
    邦画にも名曲は数あれど、音楽自体が作品の柱となっている作品はあまりないかもしれません。
    こういう作品なら、もっと観たいと思います。
    今度は、苦手のハードロックやド演歌でも(笑)

    それでは、また共感作でお目に掛かれますことを。

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/20 23:53 by アーバン・ブルー

    みかずきさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    お邪魔致します。

    ぱおうさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    お二人のレビューを読ませて頂いて、とても良作であることが伝わって来ました。
    現時点では、本作は、未見なので、今後、映画館か、レンタルDVDのどちらになるかは分かりませんが、楽しみにしています♪

    >「フリートーク掲示板」の方で、音楽にお詳しいアーバン・ブルーさんが邦画の主題歌のスレを立てておられますね。
    邦画にも名曲は数あれど、音楽自体が作品の柱となっている作品はあまりないかもしれません。
    こういう作品なら、もっと観たいと思います。
    今度は、苦手のハードロックやド演歌でも(笑)

    僕は、邦楽が、一番大好きなのですが、ジャズも、大好きで、マイルス・デイビスなどをよく聴きます♪なので、「坂道のアポロン」にとても興味があります。
    ジャズで思い出したのですが、昔、主人公の野村宏伸さんが、若きサックス奏者を演じている作品があります。邦画の「キャバレー」って言う作品ですね。
    僕は、過去に、見たことがあるのか?それとも、未見なのか?思い出せないのですが、どちらにしても、昔から、作品の存在は、知っていました。
    この作品の劇中で流れる、ジャズの名曲「レフト・アローン」が、また、渋い曲で、しびれるんですよね♪
    多分、邦画の「キャバレー」(DVD化されています。)は、ぱおうさんが、仰る、音楽自体が、作品の柱になる作品だと思います。

    あと、邦画の「シーズ・レイン」(ブルーレイ化されていますが、現時点では、レンタルはされていません。MOCALって言うサイトのみで、購入が可能でございます。)は、ジャンルとしては、青春恋愛映画ですが、クライマックスのいい所で、男性ミュージシャンの染谷俊さんが、ピアノを弾き語りしながら、ご自分の曲の「同じ空を見てた」を熱唱されて、その場(パーティー会場)に居た皆をうっとりさせて、美味しい所をかっさらって行くんですよね♪
    あのシーンは、音楽が凄く効果的に使用されているなあ〜って感心しました。
    締めは、大江千里さんの「砂の城」で、正に、ロマンティックのオンパレードに酔いしれました。
    上記の二曲共、作品をグッと盛り上げてくれています♪

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/21 0:14 by ぱおう

    これはこれは、アーバン・ブルーさん!
    いつもありがとうございます。

    突然第三者のお名前を出してしまって、失礼しました。
    わざわざのおこしに感謝申し上げます。

    『坂道のアポロン』は、三木監督らしい、ちょっとベタともいえる青春映画で、決してプロのミュージシャンを目指すようなストーリーではないのですが、ジャズが柱になっているのは確かです。
    いずれご覧になりましたら、お気に召すといいのですが。

    また、『キャバレー』という別のジャズ作品をご紹介下さってありがとうございました。掲示板でご紹介頂いた「切なハッピー」系作品の『シーズ・レイン』と合わせて、「いずれ観たい作品」の一つに加えさせて頂きます。

    音楽つながりで、何だか得をした気分です。どうもありがとうございました。

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/21 1:53 by アーバン・ブルー

    ぱおうさん、こんばんは。
    ご返信ありがとうございます。
    よろしくお願い致します。

    もう一作品、劇中で、ジャズが流れる、作品を思い出しました。
    僕が、昔、大阪の扇町ミュージアムスクエアで観た、邦画の「くまちゃん」って言う作品ですね。
    小中和哉監督作品ですね。
    洋画の「テッド」を先取りしたような作品で、正に、和製テッドと言っても、過言ではないと思います。
    まるで、UFOキャッチャーのくまのぬいぐるみのような宇宙人?が草刈正雄さん扮する主人公の新進彫刻家とヒロインの川合千春さん扮する草刈さんよりも、20歳以上年下の若い劇団女優の恋の手助けをするお話なんですが、小中和哉監督ならではの、ハートウォーミングな作品で、しっかりとした大人のラブファンタジーに仕上がっています。
    劇中で流れる、おしゃれなジャズも、いいですね♪
    残念ながら、現時点では、DVD化されていませんが、ビデオ(VHS)化はされています。インターネットオークションなどでも、まだ、それほど、プレミアは、付いていないと思います。
    もし、まだ、ぱおうさんのお宅に、ビデオ(VHS)を見ることが出来るデッキがあり、ご興味がありましたら、是非!
    僕は、ビデオ(VHS)も、サントラ盤のCDを持っているのですが、お勧めですよ♪サントラ盤CDも、多分、廃盤になっている可能性が高いですが、こちらも、それほど、プレミアが、付いていなかった記憶があります。
    ビデオ(VHS)も、サントラ盤CDも、現在の相場が、どうなっているのか?分かりませんが、もし、いつか機会がありましたら、是非!
    劇中の音楽が素晴らしいので、ジャズ好きにはたまらないような作品だと思います♪

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/21 23:28 by ぱおう

    アーバン・ブルーさん、こんばんは。
    重ねての情報提供ありがとうございます。

    > もう一作品、劇中で、ジャズが流れる、作品を思い出しました。僕が、昔、大阪の扇町ミュージアムスクエアで観た、邦画の「くまちゃん」って言う作品ですね。

    これは、初耳でした。こんな作品があったんですね。
    ジャズが登場する作品も、知っている人は知っているというところでしょうか。
    あいにく、うちではVHSは観ることが出来ませんが、頭に入れておけば、何かで目にする機会があるかもしれません。

    また、良い音楽作品を思い出されましたら、掲示板の方でご紹介頂ければ幸いです。

    ありがとうございます。

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/22 0:02 by みかずき

    こんばんは。アーバンブルーさん。
    みかずきです。

    本作、音楽ファンには堪らない作品だと思います。
    是非、ご覧になって下さい。
    詳細はぱおうさん、私のレビューで御確認下さい。

    ジャズ関係の映画といえば、大昔の作品になりますが、ベニイ・グッドマン物語以来の作品でしたがセッションシーンが圧巻でした。

    ジャズって演者の気持ちがストレートに出るので、
    本作のクライマックスでのセッションは、魂と魂のぶつかり合いのような感覚がありました。
    音楽って凄いなって思える作品でした。

    邦画ももっと音楽を積極的に取り入れ欲しいですね。映画と音楽の相性は抜群ですので。

    では、また。

    失礼しました。

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/22 5:33 by アーバン・ブルー

    みかずきさん、
    ぱおうさん、
    おはようございます。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    >本作、音楽ファンには堪らない作品だと思います。
    是非、ご覧になって下さい。
    詳細はぱおうさん、私のレビューで御確認下さい。

    了解致しました^^
    是非拝見させてもらうと思っています。
    ご紹介ありがとうございます。
    お二人のレビューを読ませて頂いたのですが、かなりの良作みたいなので、楽しみにしています♪
    青春映画も、ジャズも、大好きですからね。
    昔から、ジャズは、大好きで、映画を観に行ったあと、お茶しながら、店内で、流れるジャズを聴きながら、まったりするのが好きなんですよね♪

    あと、ジャズを題材にした映画で思い出したのですが、近年の作品ですが、名門音楽学校に入った、ジャズドラムーを目指す若者とスパルタ教育を行う教師の姿を描いた「セッション」って言う作品がありましたね。
    この作品は、インターネット上では、賛否両論あるかもしれませんが、個人的には、結構楽しめました♪

    それから、音楽のお話になりますが、邦楽でも、EGO-WRAPPIN'、orange pekoe、松千・・・。
    昭和歌謡やジャジーなサウンドは、大好きですね♪

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/24 8:43 by Yosu

    野村宏伸くんの「キャバレー」
    レストアローン懐かしいです。
    劇場で見ました。

    突然ごめんなさい。
    お久しぶりです。
    Yosuです。
    大変ご無沙汰しております。
    皆様のレビュー&レス
    フォースに惹きつけられました。
    皆様、もしやジェダイの騎士(笑)

    ぱおうさん、みかずきさん
    イッパイレビューされてますね
    映画熱ビンビンです。

    アーバン・ブルーさん
    先日はお世話になりました。

    キャバレー
    野村宏伸くんのサックス!
    ハードボイルド!
    今作品で、レフトアローンを知り
    「ラウンド・ミッドナイト」を鑑賞した記憶にあります。
    犬神家から始まった角川作品の全盛期!?

    懐かしさから
    ぴあ映画生活の
    トップ画面の角川映画コンサート
    座席
    ポチポチしちゃいました(笑)

    また、時折、お邪魔する事
    お赦し下さい

  • Re: JAZZなればこそ

    2018/3/24 20:50 by ぱおう

    Yosuさん、こんばんは!
    お久しぶりです。

    > 皆様のレビュー&レス
    フォースに惹きつけられました。
    皆様、もしやジェダイの騎士(笑)

    Yosuさんこそ、死んだように見せておいてまた現れる、ジェダイマスターみたいな方ですね(笑)

    > ぱおうさん、みかずきさん
    イッパイレビューされてますね
    映画熱ビンビンです。

    「踊る〇〇〇に観る〇〇〇、同じ〇〇なら踊らにゃソンソン」とか言いますねえ。Yosuさんも是非ご一緒に!

    > 犬神家から始まった角川作品の全盛期!?

    こっちに来ましたか。あの時代が懐かしいです。
    ちなみに、最近『空海』を観ましたが、角川流の過剰宣伝がちょっとデジャブーでした。
    巨額の製作費と宣伝費を使って、豪華絢爛なキャスティングとコピーで売るのですが、中身は意外に地味(笑)

    > 懐かしさから ぴあ映画生活の
    トップ画面の角川映画コンサート
    座席ポチポチしちゃいました(笑)

    レビューでの盛り上がりが、Yosuさんの行動意欲に
    点火したのなら何よりでした。

    > また、時折、お邪魔する事
    お赦し下さい

    どうぞどうぞ、大歓迎です。
    フリートーク掲示板の方でもお待ちしておりますよ。
    最後に申し添えますが、本作『坂道のアポロン』は昭和レトロ好きならきっと心に響く雰囲気の作品ですのでお勧めです。
    それでは、また!

満足度データ

坂道のアポロン
100点
7人(15%) 
90点
4人(9%) 
80点
15人(34%) 
70点
10人(22%) 
60点
5人(11%) 
50点
1人(2%) 
40点
1人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(2%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
44人
レビュー者数
25
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
80
ファン
13人
観たい人
43人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • NoNo
  • yunyaaan
  • ゴンタロス
  • えりJUMP
  • ぱおう
  • とっぽ
  • Blue Rose
  • ☆HIRO☆
  • リュウ、
  • みなりん♪
  • asmarbxx2
  • ふみーん
  • ぼぉ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

坂道のアポロン Blu-ray豪華版

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5531円(税込)
  • OFF:1813円(24%)

坂道のアポロン DVD豪華版

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

坂道のアポロン DVD通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!