ただいまの掲載件数は タイトル60385件 口コミ 1160498件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 悪と仮面のルール > 感想・評価 > 純粋な悪は純粋な愛でもある

純粋な悪は純粋な愛でもある

60点 2017/12/16 23:03 by むらさきのつき

悪と仮面のルール

この作品の原作を面白かったと思った人たちは
この映像作品は納得するものだったんだろうか…
私は…
やっぱりこの作品の中核となる「悪」の定義にシンパシーを感じることが出来ず、作品にのめり込めなかった…というのが正直な感想だった

原作を読んでいない人が見ても
十分楽しめる映像作品にはなっており
主人公の文宏と彼の生涯の想い人カオリの純粋な部分をクローズUPし上手く構成されていたため
原作とはまた雰囲気の違う、判り易い内容に仕上がっている
二人の「純愛」が際立つ映像作品となっているから
ラストシーンにグッとくる人も多いかと思う

その反面
中村文則氏の世界観が好きなヒトは
ちょっと物足りない映像作品となってしまっているかも知れない…

終始取り巻く
陰鬱で寂寞とした独特な雰囲気を持つ原作の面白さは
残念ながら半減してしまったように感じる
少年時代の文宏とカオリの関係性が
成熟した男女間の
それも純粋な愛を育む世界をキッチリと描ききることで
絶対悪=邪の世界の片鱗がみえ
ラストの悲劇がより際立ち
文宏が強いられた邪の世界が巨悪で絶対悪の姿であればある程
文宏の仮面の下で行う悪の行為が正当化されて
絶対的悪に対する悪のルールも構築されていく…はずだったのに
巨悪で絶対悪の「邪」の姿は どこか貧弱で空虚な印象を拭えず、悪の象徴となるはずだった幹彦の姿は、心を病んだ普通の犯罪者の姿にしか見えなかった(これは演じた方の技量の問題でない)

表現という作業に付きまとう「バランスをとる」という感覚
これが ここまでこの作品の良さを削いでしまったことは
誠に残念としか言いようがない

本作品の主演の玉木宏氏はなかなかの踏ん張りで好印象
吉沢亮氏は繊細な演技でテロリスト役を好演
でも、一番印象に残ったのは
探偵さんの光石研氏の演技
最後の登場シーンのセリフは 文宏だけでなく
試写会場に居た全員の心の中の蟠りを一瞬にほぐした
このシーンは原作でもホッとする場面だったけど
実際に映像としてみるとグッと来た

単なる「純愛」物語としてはイケナイ作品のような気がするが
今の時代の表現では このカタチがベストなのかもしれない
「邪」が「純粋な愛」に浄化される物語だった

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

悪と仮面のルール
100点
0人(0%) 
90点
1人(9%) 
80点
1人(9%) 
70点
3人(27%) 
60点
4人(36%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(9%) 
30点
1人(9%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
11人
レビュー者数
4
満足度平均
63
レビュー者満足度平均
63
ファン
2人
観たい人
14人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • motaro
  • love  シネマ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

悪と仮面のルール [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

悪と仮面のルール [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3853円(税込)
  • OFF:1331円(25%)

悪と仮面のルール [DVD]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3959円(税込)
  • OFF:1225円(23%)

 

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”