ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162548件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 一礼して、キス > 感想・評価 > 個性的な学園恋愛映画

個性的な学園恋愛映画

80点 2017/11/14 21:40 by 未登録ユーザ 日本海ブルー

一礼して、キス

「俺はずっと見ていましたよ、先輩のこと」
「先輩のエロい背中、ちゃんと見たいですから」
「そんなの・・・とっくに全部、三神クンのものだよ」
<観客の反応>
雨の夜、新宿で観ましたが、男性客は他に見当たらず 女性客に包囲され孤立無援状態でした。女性客の殆どは、二人組。それも、原作(マンガ)の熱烈ファンたちでした。
岸本(池田エライザ)と三神(中尾暢樹)の些細なやり取りにも、原作が彷彿とするらしく、クスクス笑い。二人の濃厚なラブシーンに対しても厳しいツッコミを入れるなど、女性ファンはとにかく貪欲で辛辣でした!

<作品寸評>
高校・弓道部を舞台にした「青春ラブコメ」や「熱血スポ根」映画を期待すると、全く調子が狂います。どちらかと云えば、ドロドロの恋愛模様を描いた昼メロ「主婦向け・愛の劇場」の世界に近いです。 しかも、女性作家による原作らしく「これでもか、これでもか」のS的展開! 終盤、岸本と三神は 弓道場の競射で「交際を続けるか否か」を賭けるのですから。 運動部の後輩男子が、先輩女子に想いを寄せるという、本作の人物設定も、個性的です。云わば、「先輩と彼女」(2015年公開、主演:芳根京子)の逆パターン。 かつ、その後輩男子=ドSな性格である点でも、「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年公開、主演:小松菜奈)の変型なのですから。

<主演女優>
本作が映画初主演の池田エライザ・・・あの、日経新聞の広告(「おい、日経。日曜くらい、経済休んだら どうなのよ」)で話題になったモデル嬢です。流行服に身を包み、化粧バッチリのモデル姿と異なり、スッピン顔で女子高生や女子大生を演じるとなると、なかなか厳しいものがありました。正統派の美人顔でないという点で、彼女は「小松菜奈」に似ているかもしれません。ですから、次作での伸びシロに期待し、本作だけで評価を云々するのは差し控えておきます。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

一礼して、キス
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(50%) 
70点
1人(25%) 
60点
1人(25%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
4人
レビュー者数
1
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
80
ファン
0人
観たい人
2人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”