ただいまの掲載件数は タイトル59232件 口コミ 1149035件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ > 感想・評価 > マクドナルドと資本主義

マクドナルドと資本主義

80点 2017/9/12 10:34 by 豊作

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

一昨年だか日本マクドナルドの商売がちょっと傾いて閉店が相次いだ。僕の暮らす京都市内北部(北区、左京区)では、地下鉄の駅そば(割とターミナルっぽい好立地)にある2店舗と角地の1店舗が相次いで閉店となり、マクドナルド空白地帯となってしまった。それなりに儲かっていたと思えるんだが。それで、I really miss McDonals' hamburgerという状態に立ち至り、駅そば、ラーメン、カレーライスなどと同じく、手軽、安価、それなりのお味で腹の足しになるアイテムの一つが利用しづらくなって、残念に思っていたところなんである。

この映画をみると確かに主人公の「えげつなさ」を強く印象づけられる。法には触れないが、商道徳に明らかに反する、とか人倫にもとる、というところが成功にいたらしめた彼の行動にはある。日本経済新聞に出てくるようなシンプルな成功譚におわらず、そういう部分を浮き彫りにしている映画はそれだけで見る価値はあった。

こういう映画を見て反応は二手に分かれる。主人公は、(本来の)創業者(=The Founder[原題])にひどい仕打ちをした。それは許せない。資本主義にはこういう矛盾がそもそもあるし、マクドナルドのハンバーガーを食べる気が失せた。いっぽうで、いや弱肉強食の資本主義というのはそもそもそういうもので、マクドナルド兄弟というのは淘汰された弱者にすぎず、主人公のような知恵と才覚、情熱と根性があったればこそ、今日のマクドナルドがあるのだ、という割り切りである。

マクドナルドの店舗がなくなって残念だ、と思っていた僕は後者に傾く。見かけの創業者の主人公が抱える倫理問題は日本マクドナルド社長のサラ・カサノバ氏(再建に向け奮闘中が伝えられる)とか店舗で働くバイト君が負うべきものでもないし、無関係である。また、マクドナルド兄弟には(今にして思えば不十分に思えるが)それなりの金銭的解決がもたらされている。もっとも優れた財やサービスの生産/流通/販売をもっとも効率的になしえたものが、その拡大と成長を通じて金銭的利益で報いられる、つまりはアメリカンドリームを実現できる。そういう資本主義というかビジネス文明にのっかて、私もハンバーガーをおいしくたべて楽しんだ。これからも時々はそうするであろう。だから、マクドナルドつぶれろ、とわおもわん。マクドナルドいまこそ日本で頑張れ、とおもう。

そういう資本主義システムの人的、精神的側面を垣間見せて、考えさせてくれた、映画の評価は高い。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
100点
6人(11%) 
90点
8人(15%) 
80点
23人(45%) 
70点
12人(23%) 
60点
1人(1%) 
50点
1人(1%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
51人
レビュー者数
25
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
83
ファン
2人
観たい人
34人

 


返信欄はクローズされています


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • でぐち
  • shuzy

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3772円(税込)
  • OFF:1304円(25%)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!