ただいまの掲載件数は タイトル59464件 口コミ 1151985件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 三度目の殺人 > 感想・評価 > 大いなる失敗作

大いなる失敗作

30点 2017/9/10 15:37 by えり蔵

三度目の殺人

監督が最後まで何を言いたいのかさっぱりわからなかった。いつ面白くなるのだろうと我慢して観ていたが、ただ長いだけの映画だった。
理由を考えてみた。まず、登場人物が食い足りない。特に斉藤由貴。
福山君も『そして父になる』のような感動的な演技に達していなかったと思う。
内容も、工場の食材偽造も結局どうなったの。
何のため北海道にいったの…。
他にも色々あるが、ネタばれになるのでこれ以上言わないが。
最後に、是枝監督が題材をさばき切れなかったというより、是枝監督に合わないような気がした。

 

5人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 大いなる失敗作

    2017/9/11 21:40 by 無責任な傍観者

    まさにそんな感じだと思います。
    ただ、私は是枝の驕り極まれり、と思いましたが。

  • Re: 大いなる失敗作

    2017/9/22 18:35 by 未登録ユーザ みのしん

    「失敗作」に共感、この映画期待したんだが。これ弁護士でなく、被告が主人公だろう。テーマは家庭内暴力に絞っても良かった。あれもこれも盛り込みすぎ訳のわからない内容になっている。どんでん返しでもあるのかと思ったがそのまま終わった。並みの監督なら「力作」という評価もあろうが、是枝監督である評価は厳しくならざるを得ない。
    それといい加減福山、広瀬にこだわるのはやめたらどうか。福山はかっての力量はない、広瀬はこういう役向いていない。斉藤由貴が不倫役でもやったら別の意味で話題になったろう。

満足度データ

三度目の殺人
100点
3人(2%) 
90点
27人(20%) 
80点
32人(24%) 
70点
24人(18%) 
60点
25人(18%) 
50点
10人(7%) 
40点
4人(3%) 
30点
4人(3%) 
20点
1人(0%) 
10点
2人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
132人
レビュー者数
55
満足度平均
70
レビュー者満足度平均
71
ファン
7人
観たい人
88人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ビッグアイランド
  • ayutochika1
  • ウータン麺
  • 船崎 奈緒子
  • 出木杉のびた
  • 佳辰
  • ペペロンチーノ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

三度目の殺人 DVDスタンダードエディション

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3163円(税込)
  • OFF:941円(22%)

三度目の殺人 DVDスペシャルエディション

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

三度目の殺人 Blu-rayスペシャルエディション

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5408円(税込)
  • OFF:1936円(26%)

 

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
今度のオーシャンズは“豪華でド派手”! 豪華女優陣に華麗に騙される 『オーシャンズ8』ほか、S・ローナン主演の儚く美しいラブストーリー『追想』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!