ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156731件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > シェイプ・オブ・ウォーター > 感想・評価 > ファースト・シーンからネタバレ⁉

ファースト・シーンからネタバレ⁉

100点 2018/3/29 23:34 by レクター博士

シェイプ・オブ・ウォーター

サリー・ホーキンスが素晴らしい。アカデミー主演女優賞を取って欲しかったなあ。

原作本を読んでいる最中だが、裏の「仕掛け」、が有るのかどうか、楽しみである。
研究所が「オッカム」と令名されているが、「オッカムの剃刀を」を連想させる。

まあ、昭和のウルトラ世代なので、「ウルトラQ」の半魚人で、免疫が出来ているのだ!

免疫が無い平成世代には、「ナンジャ〜〜こりゃ」の映画であったかもしれない。

「世代間」や「世代感」の乖離、があるのなら、乗り越えられない壁があるのかも・・・

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Q世代

    2018/3/31 20:19 by えんぞ

    そだねー
    確かにQだ!

    きょうびの若いもんは・・・
    とはあんまり言いたくないけど

    この映画
    「ウルトラQ」のものさしを
    持っているかいないかで
    だいぶ印象が違うと思う
    さすがレクター博士だ!

    ところで
    ディズニー嫌いの博士にどうしても聞きたい
    ミュージシャンとしての博士にどうしても聞きたい

    「リベンバー・ミー」をレクター博士はどう観たんでしょうか?

  • 原作本を読んでいる途中経過

    2018/4/20 1:06 by レクター博士

    もう少し、100ページ位で原作小説を読了する。

    「彼」は、アマゾンでは「ギル神」と崇められていた。
    分析科学者のホフステトラーは「デボニアン」と呼ぶ。

    驚いたのが、「彼」の一人称の記述が出てくる。現時点で2ページ程。

    映画では語れない、不可能な描写・真実、かもしれない。

    これ以上は言えない!

    最後まで読んだら、改めて投稿いたします。

  • 愛は発光する!

    2018/4/24 23:02 by レクター博士

    原作読了。コピーライトが2018とあるので公開後のノベライズと思われます。

    上で書いた「彼」の一人称記述が出てくる部分を抜粋します。

    「我々(彼)は愛を発光させ、それに従う」

    原作本の最終ページの「彼」の一人称には、こうある。

    「彼女が苦しむのを見ると、心が苦しい」「彼女が痛みを感じているのを見ると、胸が痛む」

    「彼女は我々だ」「あなたを受け入れる」

    「さあ、我々のもとへ」

    ネタバレしてないとは思いますが、ギリギリ、原作文章を切り取りました。

    ん〜〜〜

満足度データ

シェイプ・オブ・ウォーター
100点
10人(5%) 
90点
31人(17%) 
80点
65人(36%) 
70点
47人(26%) 
60点
15人(8%) 
50点
5人(2%) 
40点
4人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
2人(1%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
179人
レビュー者数
82
満足度平均
76
レビュー者満足度平均
80
ファン
19人
観たい人
81人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • cinerama
  • FOXHEADS
  • 高城剣
  • miyakosan
  • ラッキーココア
  • エテ吉
  • Miran
  • 睡蓮
  • anvi
  • よっchan
  • みどりケロン
  • jimmy09
  • みかずき
  • のんべののん太
  • オフェリア

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集