ただいまの掲載件数は タイトル56824件 口コミ 1119129件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 新感染 ファイナル・エクスプレス > 感想・評価 > 感染爆発状態での人間の本性に迫る

感染爆発状態での人間の本性に迫る

90点 2017/9/3 3:54 by みかずき

新感染 ファイナル・エクスプレス

前評判が高かったので鑑賞したが、前評判を軽々と超える傑作だった。本作は、感染爆発という極限状態に直面した人間の本性を赤裸々に暴き出すことを主題にした、新発想の感染爆発映画だった。

主人公は、ファンドマネージャーであるソグ(コン・ユ)。彼は、別居中の妻に会いたいと懇願する一人娘スアン(キム・スアン)とともに、高速列車でソウルから妻のいるプサンに向かう。発車直前に人間を凶暴化する謎のウィルスに感染された女性が列車に乗り込み、次々に乗客を襲い、あっという間に列車内に感染が広がっていく。感染者達はゾンビ化していく。未感染者達は、高速列車内という逃げ場のない密室のなかで、次第に追い詰められていき、感染の恐怖から軋轢が生じ、次第に夫々の本性が剥き出しになっていく・・・。

本作は、バイオハザードに代表される感染爆発を描いた作品であるが、様々なジャンルを巧みに取り入れている。主人公達が様々な困難を様々なアイデアで乗り切ってプサンを目指していく姿は、ポセイドンアドベンチャー、タワーリングインフェルノなどのパニック映画を彷彿とさせる。途中駅も感染者で溢れ返り、途中下車も許されないという設定は、外部からの救援を不可能にするものであり、列車の孤立性を高めている。新幹線大爆破、スピードを彷彿とさせる。

何より素晴らしいのは、本作が、主人公を中心にした主要人物達の人間ドラマになっていることである。当初、主人公は、仕事命で、自分のことしか考えず、家族を顧みなかった。妻とは別居中、一人娘との交流も少なかった。そんな、彼が、極限状態の中で、次第に、家族を、そして仲間を想うようになる。彼の人間性が蘇ってくる。また、本作では、対照的な二人の乗客の存在感が際立っている。まず一人目は主人公の相棒的な役割のサンファ(マ・ドクソン)。辛口で、荒っぽいところはあるものの、身重の妻・ソンギョン(チョン・ユミ)を気遣い、気は優しくて力持ち、腕力だけで感染者達をなぎ倒していく。主人公とは真逆の人間性豊かなキャラで大活躍してくれる。二人目はバス会社の役員。最後まで自分本位であり、生き延びるためなら手段を選ばない。人間のエゴを丸出しにした強かな存在であるが、彼に同調する未感染者が多かったということは、彼の醜悪さは特別ではなく、普通の人間の姿の投影だということだろう。

プサンを目指して、主人公達が愛する人を守るために取る献身的な行動には涙が溢れてきた。この手の作品で泣くとは思わなかったが、それだけ、本作がしっかりとした人間ドラマになっているということだろう。

ラスト。漸くプサンに辿りついた未感染者達。しかし、彼らが未感染者であることは誰も知らない。その証明方法はシンプルであったが、劇中の重要な伏線の回収になっていて、胸が熱くなった。素朴だが印象に残るラストだった。

本作は、従来の感染爆発映画の枠を超えた作品であり、作り手の斬新な発想で、人間ドラマ色の強い作品に仕上がっている。見事な出来映えの作品になっている。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 感染爆発状態での人間の本性に迫る

    2017/9/3 10:58 by Yosu

    こんにちは
    みかずきさん
    Yosuです。

    キミスイのレス
    ありがとうござました。
    どこにお邪魔しようかと思っていましたが・・・

    本作、
    みかずきさんの鑑賞カテゴリと異質では(笑)

    窮地に追い込まれた時
    人間の本性、むき出しでした。
    そして、それに賛同にする人達
    我侭に連鎖反応シーンが劇場内に
    伝染、反面、私もでは?
    思ってしまいます。

    この手の作品、この種の人間には必ず
    死亡フラグたってますよね?(笑)

    また連続する悲劇の展開

    私は、平日の夜の鑑賞に
    寝る事も忘れるほど
    作品に見入っていました。

    守備範囲が広く鑑賞される
    みかずきさん

    戦争、続編もの、リメイクと作品の公開が
    連なっています。

    次はどの作品でお会いできましょ?
    それでは

  • Re: 感染爆発状態での人間の本性に迫る

    2017/9/3 13:47 by みかずき

    こんにちは。Yosuさん。
    みかずきです。

    お察しの通り、他の作品をみる予定でしたが、
    本作の高評価が気になり予定を変更しました。
    レビューに、Yosuさん、猫ぴょんさん、等々、お馴染みの方の名前がありましたし・・・。

    確かに、この手の作品は滅多に観ませんが、
    元々、韓流ドラマ、韓国映画は好きなので鑑賞しました。鑑賞して正解でした。

    韓国映画って、底力がありますね。
    思わぬ傑作が時々出てきますね。

    ゾンビはわき役で、あくまで主役は人間という設定が斬新でした。ゾンビの存在より、人間のエゴの方が凄まじかったです。

    これからも、ジャンルに拘らず、面白いと思ったら貪欲に鑑賞していきたいです。
    そうは言っても限界はあります。
    本作あたりが限界かもしれません。

    失礼しました。

  • Re: 感染爆発状態での人間の本性に迫る

    2017/9/3 22:19 by 猫ぴょん

    こんばんわ
    みかずきさん^^

    まさかみかずきさんがゾンビもの観るとは!!
    でも人間ドラマとして面白かったですもんね。
    韓国映画にはグイグイ魅せる力がありますね〜

    悪者の描き方も徹底してて
    ホント首絞めたくなるくらい憎たらしいんですもん(笑)

    まあ主人公も最初は自己中でしたけど。

    伏線の回収も良くてまさかの泣けるゾンビものでした〜。

    散々悪者批判してる私ですけど
    いの一番に逃げるのは私かも(爆)
    でね逃げた先で噛まれるオチ(;'∀')
    間違いないな〜

    そしてみかずきさんを噛みに行きますwww

  • Re: 感染爆発状態での人間の本性に迫る

    2017/9/4 22:29 by みかずき

    こんばんは。猫ぴょんさん。

    >散々悪者批判してる私ですけど
    いの一番に逃げるのは私かも(爆)
    でね逃げた先で噛まれるオチ(;'∀')
    間違いないな〜
    そしてみかずきさんを噛みに行きますwww

    なかなか刺激的なコメントですが、
    猫ぴょんさんって俊敏そうなので、
    相当なヘタレである私の方が、猫ぴょんさんより早く感染するでしょう。
    そうなったら、私が猫ぴょんさんを噛みに行くかもですwww。


    失礼しました。

  • Re: 感染爆発状態での人間の本性に迫る

    2017/9/11 23:11 by ゴン吉

    みかずきさん

    レス有難うございます。

    本作に限らず、韓国の映画は、時々斬新な発想のものがありますね。
    あと作品が分かり易いですね。
    はっきりと物を言う韓国の国民性が表れているのでしょうか?

    少なくとも日本ではこのようなオリジナリティーが高い作品は少ないと思います。

    ラストの落ちも含めて、よくできた作品でしたね。

  • Re: 感染爆発状態での人間の本性に迫る

    2017/9/11 23:42 by みかずき

    こんばんは。ゴン吉さん。
    みかずきです。

    こちらこそレスありがとうございます。

    そうですね。
    韓国映画ってとんでもない傑作が出てくるので、
    情報収集は怠らないようにしないといけないですね。

    今年は、洋画も韓国映画も良作を観ることができました。
    邦画も悪くはないですが、もっと、もっと
    頑張って欲しいですね。

    失礼しました。

満足度データ

新感染 ファイナル・エクスプレス
100点
16人(19%) 
90点
29人(35%) 
80点
19人(23%) 
70点
8人(9%) 
60点
8人(9%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
82人
レビュー者数
57
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
84
満足度ランキング
7位
ファン
14人
観たい人
39人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

木場  豊島園  亀有  昭島  豊洲  渋谷  新宿三丁目  池袋  立川  二子玉川  お台場 

他の地域

 

この映画のファン

  • クリス・トフォルー
  • ちょる。
  • cinerama
  • でぐち
  • みかずき
  • ラッキーココア
  • リュウ、
  • Yuko Inagi
  • すう君
  • yusamaru
  • 81rock
  • なつみかん。
  • 比呂美
  • Daisy08

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ