ただいまの掲載件数は タイトル57606件 口コミ 1126704件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > メアリと魔女の花 > 感想・評価 > ジブリの長所は継承すべし

ジブリの長所は継承すべし

70点 2017/7/21 9:55 by odyss

メアリと魔女の花

ジブリ・アニメの後継者、と呼びたくなる米林監督による最新アニメ。

米林監督の活動については、ジブリの真似だとか何とかケチをつける向きもあるようですけど、ディズニーのアニメや映画がディズニー本人が亡くなった後になっても会社組織によって作り続けられているように、日本のアニメも個人プレイだとかオリジナリティだとかにこだわりすぎずに、いいところはしっかりと継承していくことが大事じゃないかと思うんですけどね。

そもそも、宮崎駿にしてもゼロから自分の作風を形成したわけじゃなく、東映アニメ時代の経験を活かしてアニメ作りを続けていって、それが『ナウシカ』とか『ラピュタ』で結実したということがあるわけだし。それに『ナウシカ』や『ラピュタ』も公開された当時はアニメファンには受けたけれど、一般の映画ファンにはそれほどでもなかった。劇場版のアニメが一人前の映画扱いされるようになったのは、それから少し後になってのことだったのです。

前振りが長くなりましたが、米林監督のこのアニメ、ジブリのいいところを受け継いで、風景の描き込みなんか、とってもいいと思いました。

物語は、途中までは良かったのですが、せっかく大学や研究室まで出てきているのに、最後は悪役二人の行動と魔法の是非に収斂してしまって、ちょっと単純に終わってしまったのが残念。

でも、それなりに楽しめたし、お金を出して劇場に行く価値のある作品にはなっていたのではないかと。

日本アニメの課題は、絵よりも脚本だと思う。このアニメは原作があるので、多分その線に沿った展開になっているのでしょうが、場合によっては原作を変えてもいいから、豊穣な物語世界を構築してほしい。絵の豊穣と物語の豊穣が呼応するようなアニメ作品を期待します。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: ジブリの長所は継承すべし

    2017/7/22 13:05 by みかずき

    こんにちは。odyss さん。
    みかずきです。

    レビュータイトルの通りだと思います。

    本作は、
    主人公と米林監督が重なって感じられました。

    前半の、赤毛を揶揄されて、”私だって変わりたんだ”と叫ぶシーンは、米林監督の葛藤を感じました。ジブリとの距離感をどう取っていくのか、
    ジブリを継承しつつ、自分の個性をどう出していくのか、どう変わったらいいのか、という米林監督の叫びが聞こえる様でした。

    ラストの魔法の花に頼るのを止めるシーンは、
    葛藤していた米林監督の気持ちが定まったと感じました。

    気持ちが定まって自立を決意した米林監督の次回作が楽しみです。

    失礼しました。

  • Re: ジブリの長所は継承すべし

    2017/7/23 15:58 by odyss

    みかずきさん、書き込み、ありがとうございます。

    日本では、アニメというと変にマニアックになって、作品評価の振幅が激しくなりがちですが、あまりいいことではないと私は思っています。

    宮崎駿の息子が『ゲド戦記』をアニメ化したときも、たしかに出来はそんなには良くなかったと思いますけど、必要以上に「親の七光り=全然ダメ」といったレビューを書くユーザーが多くて、ちょっとあきれました。偉そうにモノを言うのは、実は自分が無名人に過ぎないからだってことの裏返しなんですけどね。むろん、具体的にどういうところがダメときっちり書いているレビューなら話は別ですけど、具体的なことはあまり書けないくせに態度だけデカい人ってみっともないんですよ。

    新海誠監督も、『君の名は。』が特大ヒットする以前はわりにマイナーな存在で特定のマニアに愛されていたためか、『君の名は。』について変に酷評をする向きが一部にありますし、それ以前でもジブリアニメの影響がある『星を追う子ども』なんかも素直に見れば面白いのに、変にねじくれた評価があるのは残念なことです。

    米林監督は、これまで『借りぐらしのアリエッティ』と『思い出のマーニー』でそれなりの力量を発揮しているので、今回も期待して映画館に行きました。完全に満足とまではいかなかったのですが、力量は十分にある人ではないかと。

    私は原作を読んでいないんですけど、例えば赤毛がコンプレックスになるというのは、モンゴメリの『赤毛のアン』なんかと共通していますし、魔法に頼らないっていうのはたしかに自立への意志の表現かとも思いますが、そこに持っていくにはもう少し何かが必要な気もしました。つまり、オリジナリティだとか話の展開にもう少し工夫があれば、と感じたのです。

    でも完全にオリジナルなストーリーや設定なんて今どきあり得ませんし、要するに観客を満足させられる丁寧な作画や設定、ストーリー展開があればそれでいい。米林監督は、それができる人だと信じます。

満足度データ

メアリと魔女の花
100点
5人(6%) 
90点
5人(6%) 
80点
8人(9%) 
70点
20人(24%) 
60点
21人(25%) 
50点
7人(8%) 
40点
11人(13%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(1%) 
10点
2人(2%) 
0点
1人(1%) 
採点者数
81人
レビュー者数
35
満足度平均
63
レビュー者満足度平均
63
満足度ランキング
336位
ファン
3人
観たい人
36人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

下高井戸 

他の地域

 

この映画のファン

  • ときわのプー
  • ネオネオニャー
  • Yousuke  Takuma

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ