ただいまの掲載件数は タイトル58104件 口コミ 1135002件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 8年越しの花嫁 奇跡の実話 > 感想・評価 > たおについてのとどめ〜みんないい人それだけ〜

たおについてのとどめ〜みんないい人それだけ〜

30点 2018/2/7 4:54 by PAPAS

8年越しの花嫁 奇跡の実話

「8年越しの花嫁」34点。

「土屋太鳳」の作品の中では「一番まし」と思います。
「純粋で真面目で一生懸命」は
「たお(エラそうにすみません)」のトレードマークです。

「売れない」頃からずっと「ブログ(今は「インスタ)」を毎日続けています。
これは生半可な性格・気持ちでは不可能でしょう。
またいつぞやは「マラソン大会」での、
「女優」として初の「激走」は胸打たれるものがありました。
その性格・気持ちの上に謙虚さから、
「ブログ」の長さ・必死さにも感心し、
「売れない(「鈴木先生」の)」頃から注目していました。
よくあるパターンですが、「売れてしまう」と「子離れ(?)」のように「ガッカリ」します。勝手ですが。
その「例にもれず」の傾向を持っています。勝手です。

もう一つの「ガッカリ」の理由は、ズバリ「出過ぎ」です。
昔の大スターのように、わがままで出し惜しみをする時代ではないのはわかりますが、出過ぎです。
「こんな自分に役を与えてくれる。大事にしよう!」と考えるタイプの素直さを持ち得ています。
したがって全てのオファー(?)を受けています。
貴重がられるようにと「邪な戦略」はしないタイプです。
それが彼女の魅力です。
そんな彼女を「業界人」はほっとかないでしょう。
次から次へと、スタッフ側の評判を聞きつけてオファーを出すんでしょう。
となると私のような人間には「目に余る」ように見えて来ます。

「ガッカリ」と「目に余る」で避けていくようになってしまいました。応援していたのにもかかわらず。勝手です。

その根底には、客観的に
それほど美しさ・かわいいを売っているわけではないことが、
それほど魅力があるわけではないという現実が、
「目について」きます。
わかりやすく表現すれば、
どこにでもいそうな存在(それがいい?)で、
「この子は…」という気持ちまでは引き起こされません。

「売れない(有名でない)頃はスターであっても、売れる(誰もが知るようになる)と普通」って感じることはありませんか?
まさしくそれに該当してしまいました。
そう感じてしまうと彼女の魅力が
「目に余り」、少し「重く(しんどく・うざったく)」なってしまうのです。誠に勝手です。

その「たお」にとっての、
「JK(若さ一杯の世代)」の「青春純愛(不純愛の役は皆無です)ラブストーリー」は「お腹いっぱい」です。
全ての作品が当てはまります。見事に。これからの作品も。
もうさすがに飽きました。
どんな美味しい料理でももう食べられません状態です。
どれも「本人そのまま」の役と言ってもいいでは?
振り返って見て下さい。
ただでさえ出過ぎなのに同じ役では
「もう勘弁して〜」になってしまいませんか?

しかもその「JK」役に「広瀬すず」もいます。
二人に、さらに男性で「山�賢人」や「菅田将暉」がいます。
この4人に関する作品が多過ぎませんか?
「君の名は。」の大ヒット依頼「青春純愛ラブストーリー」が多過ぎませんか?
なんでここまで同じパターンでとなってませんか?
「邦画界」の限界のように感じます。
「ひとつうまくいったらずっと同じ状態」です。

新しい「オリジナル」なものを作り出すよりも、
その「オリジナル」を「加工・改造・使いやすく」するのが得意な「日本人」そのものでは。なんと「日本人論」にまで?
典型的な例として「漢字」が挙げられます。我々が使う「言葉」でさえ「オリジナル」ではありません。

横道に反れ過ぎました。
その意味ではこの作品は今までの「ポジティブ」な作品ではありません。
でも「ネガティブ」な作品でもありませんが。
ゆえに「一番まし」のニュアンスです。

出てくる人みんなみんな「いい人」ばかりです。
「難病もの」の「お涙頂戴」的作品は否定できません。
ストーリーは完全に予想できたと言わざるを得ません。
「チラシ(パンフレットではなく)1枚」を読んだら誰でも予想できます。
故に「残るもの」が多くありません。演技は印象に残っても。

「瀬々敬久」監督は、「64」とは全く違う「ベタ」な作品も作るんですんね?あまり合ってないような。
「佐藤健」は、今まで個性的な役が多かったので「物足りなさ」を感じてしまいました。こんな役も引き受けざるを得ないのですね?
「特殊メイク」がいささかやり過ぎでは?
便利なものを手に入れたら使いたくなるのが人の常ですが、
どうも「邦画」の「特殊メイク」は高いレベルではないのに、度が過ぎるのでは?
何故子どもが産めるのかさらっとでも触れてもいいのでは?

病には耐えられても、人が苦しむ姿には耐えられない。
充分に伝わりました。
人は「こころ」で生きているからでしょう∞∞∞

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

8年越しの花嫁 奇跡の実話
100点
11人(19%) 
90点
14人(24%) 
80点
19人(33%) 
70点
7人(12%) 
60点
3人(5%) 
50点
1人(1%) 
40点
0人(0%) 
30点
1人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
57人
レビュー者数
34
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
79
ファン
14人
観たい人
57人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

立川  下高井戸  船堀  東武練馬  豊島園  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  日の出町  蒲田  有楽町  新宿三丁目  池袋  お台場  調布 

他の地域

 

この映画のファン

  • satori333
  • 天使ちゃん
  • マリナハート
  • MAE
  • takappesan
  • なつみかん。
  • kiiro10
  • akikoズ
  • リーヤン
  • tomotomo.25tomo
  • りばくる
  • かつみつ
  • あやあな
  • まゆりんちょ
  • tint

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ・DVD発売記念で驚きの弾丸ツアー企画を敢行!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
『リメンバー・ミー』日本版無料特別上映会ご招待!
本年度オスカー最有力作品! キャストの熱演と緻密な脚本が生み出した濃密な人間ドラマ『スリー・ビルボード』ほかチリの俊英が放つ『ナチュラルウーマン』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ