ただいまの掲載件数は タイトル60367件 口コミ 1160283件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ユリゴコロ > 感想・評価 > なんでそんなんなるの…!?

なんでそんなんなるの…!?

50点 2017/10/20 21:45 by ありりん

ユリゴコロ

原作既読。

ん…とね、観終わった後、「あれ?これってこんなにぐずぐずジメジメしたお話だっけ?」って思ったのですよね。
それもこれも登場人物を省いてるからでしょ。
省いたのは主人公の弟・洋平と、主人公の経営するレストランのスタッフ細谷さん。
なんで省くかなぁ。暗く暗く進むお話の唯一息をつける明るさを持ちお話を盛り上げてくれる二人なのに。
原作者のほかの作品がどうかは知らないけど、これは陰惨な殺人鬼のお話ながらも一種のピカレスクロマンだったなぁ〜、って、読んでる途中では重くなっていった気持ちも読み終えた後は爽快感とまではいかずとも、不思議と気分は軽くなっていたのですよ。
あとね、あ、あー、ネタバレになるから言えないけど、小説で使えた手法が映画では使えない、ってことで無理くり編み出した設定も「あり得ないですから」。
悪口ばかり連ねましたが、吉高由里子さんと松山ケンイチさんは役柄ぴったり。吉高さんはこうでなくちゃ、ね〜、と思い、松山ケンイチさんの表情の変化に「うまいわ〜」。
で、桃李くんも頑張ってたとは思うけど、所々セリフが聴き取れんのよね。ここら辺も頑張ってくれなくちゃ…、ってやっぱり悪口で終わってしまいました(笑)。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: なんでそんなんなるの…!?

    2017/10/21 19:23 by 猫ぴょん

    > 原作者のほかの作品がどうかは知らないけど、これは陰惨な殺人鬼のお話ながらも一種のピカレスクロマンだったなぁ〜、って、読んでる途中では重くなっていった気持ちも読み終えた後は爽快感とまではいかずとも、不思議と気分は軽くなっていたのですよ。

    そうそう
    私もそうゆう読後感だったの

    こんばんわ
    ありりんさん^^

    沼田まほかる作品は6冊しかなくて全部イッキに読みましたw
    読後感が砂を噛んだように後味悪い悪い
    次に公開の「彼女が〜」は大嫌いで(-_-;)
    (でも映画が観たいという凄い矛盾w)
    そんな中で「ユリゴコロ」は不思議とイヤな気持ちにならずホッとしたような。
    こんな愛もありだなと。

    監督(脚本も兼ねる)この本の持つ意味を理解したの〜?と思っちゃって。

    それと松山ケンイチさんが良かっただけに
    その後の方のイメージが合わなくて。
    本人に特殊メイクで演じて欲しかったな〜

    木村多江さんもなんだか「う〜ん(-_-;)」でした。

    読まずに観てもきっと不完全燃焼だったような気がする私です。

  • Re: なんでそんなんなるの…!?

    2017/10/22 12:10 by ありりん

    > そんな中で「ユリゴコロ」は不思議とイヤな気持ちにならずホッとしたような。

    他の作品は…読むのやめときます(笑)。

    こんにちは、猫ぴょんさん。レスをありがとうございます。。

    > 私もそうゆう読後感だったの

    ですよね?私、途中で挫折しそうになりましたよ。リストカットをする女の子のくだりで、これ以上読むのキツイな〜、って。でも、最後はね、少し気持ちが軽くなっていたのが救いといえば救い。なのに、この映画は暗くじめ〜っと終わってしまい私も不完全燃焼。

    確かにbefore、afterが違いすぎ。小説も「いくら何でも性格が違いすぎでは?」と思ったものの、愛ゆえの必死の作り込みだったのかな。自分がもし、あの人の立場だったら、同じことしたかも。人としての感情をどこかに置いて生まれてきてしまった人間の愛情表現が極端で想像を超えるんだけど、親という観点で考えると「やれるかも」と。

    > 監督(脚本も兼ねる)この本の持つ意味を理解したの〜?と思っちゃって。

    女性が監督さんだったら、と…、いや、女性に撮ってほしかったな、なんて思いました。そしたら一個が集団になったしまうあの改悪シーンはなかっただろうな。あれは正直ドン引きでしたから。

満足度データ

ユリゴコロ
100点
12人(16%) 
90点
14人(18%) 
80点
21人(28%) 
70点
14人(18%) 
60点
10人(13%) 
50点
2人(2%) 
40点
2人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
75人
レビュー者数
42
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
82
ファン
11人
観たい人
53人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • やまもっち
  • hiryuden24
  • ささみず
  • クリス・トフォルー
  • nobumotohide
  • chicoco
  • RIMA
  • 佳辰
  • みねっこ
  • takappesan
  • ☆HIRO☆

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

ユリゴコロ DVDスペシャル・エディション

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4779円(税込)
  • OFF:1485円(23%)

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3132円(税込)
  • OFF:972円(23%)

ユリゴコロ Blu-rayスペシャル・エディション

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5603円(税込)
  • OFF:1741円(23%)

 

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”