ただいまの掲載件数は タイトル59221件 口コミ 1148784件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 幼な子われらに生まれ > 感想・評価 > 細部に作りの甘さが

細部に作りの甘さが

60点 2017/8/30 14:46 by odyss

幼な子われらに生まれ

再婚同士の男女による家族模様を描いた作品です。
原作は重松清の小説だそうですが、未読です。あくまで映画のみでの評価。

再婚家庭は、夫(浅野忠信)と妻(田中麗奈)、妻の連れ子である女の子二人で成り立っています。さらに妻は妊娠している。女の子二人のうち下の方(新井美羽)は、再婚時にはまだ物心がついていなかったので、現在の父を本当の父だと思っており、なついています。しかし姉娘(南沙良)の方は逆に義理の父に距離をおいている。

夫は、前妻(寺島しのぶ)の間に娘(鎌田らい樹)がひとりいて、年に4回だけ会っています。

また妻の前夫(宮藤官九郎)は離婚以来交流は絶えていますが、姉娘は義理の父に反発するあまり、「本当のパパに会いたい」と言い出して・・・・

こういう家族をやっているほうも大変だなと思いつつも、観客のほうも見ていて疲れる映画になっています。

ただ、その大変さが姉娘の義父に対する反発という一点に収斂していて、そこがやや浅い印象につながっている。
妹娘と義父(浅野忠信)との関係は良好ですし、また浅野忠信と時々会っている前妻との間の娘も、性格が良好で、実父とも義父ともうまくいっている。
難しい年齢ということでいえば、前妻との間の娘も、後妻の連れ子の姉娘も同じくらいの年齢ですから変わらないと思うのですが、ふたりはあまりに対照的すぎる。そこが、逆に話を嘘くさくしている。

また、この映画のもう一つのポイントは、会社勤めの夫が途中で左遷されるところのはず。映画の前半では左遷された仕事場の様子が何度も出てくるので、一家の経済問題もこの映画では重要なのだろうと思ったのですが、なぜか後半はその問題が消えてしまう。映画を見る限り、妻の田中麗奈は働いているようには見えないので、一家の経済は大黒柱の夫にかかっているはずですが、どうなっているんでしょうか。
夫は途中で前妻に会って、「いい車に乗っている」とうらやましがりますけれど、でも自分の家にもちゃんとした車があるんですよね。この一家の経済はどうなっているのか、不思議と言うしかありません。
ついでに言えば、田中麗奈は前夫と離婚したあと、どうやって自分と二人の娘を養っていたのでしょう。前夫の宮藤官九郎は養育費を送ってくるような男じゃないらしいし。

それで言えば、ダメ男のはずの宮藤官九郎が、最後近くのシーンではやけに「いい人」っぽいんですよね。ここも、ちょっとどうかと。私はカネだけもらってドロンもあり得るのかな、と思っていましたが。

また、前妻との間の娘と、現妻の妹娘が最後近くで車のなかで一緒になりますが、あそこの会話もやや不自然な感じがします。妹娘が変に鋭い質問をするところ。

以上のように、細部に作りの甘さが感じられるのが残念。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

幼な子われらに生まれ
100点
3人(9%) 
90点
6人(18%) 
80点
11人(34%) 
70点
6人(18%) 
60点
3人(9%) 
50点
1人(3%) 
40点
1人(3%) 
30点
1人(3%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
32人
レビュー者数
20
満足度平均
76
レビュー者満足度平均
78
ファン
4人
観たい人
16人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • エージ
  • おろち
  • ラッキーココア
  • 出木杉のびた

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!