ただいまの掲載件数は タイトル57905件 口コミ 1131408件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 亜人 > 感想・評価 > アクションに徹したシンプルで潔い作品

アクションに徹したシンプルで潔い作品

70点 2017/10/9 20:54 by みかずき

亜人

最近は、凝った、捻りの多い理屈っぽい作品が多いが、本作は、そういう作品とは一線を画した、極端に言えば、何も足さず、何も混ぜず、何も捻らず、只管にアクションに徹した潔さが奏功したシンプルな作品である。

舞台は2017年の日本。研修医である永井圭(佐藤健)は交通事故死するが、死後、肉体が蘇生し生き返ることで、自分が特殊身体能力を持った不死身の新人類“亜人”あることを知る。彼は亜人であるが故に現人類に虐げられるが、同じ亜人である佐藤(綾野剛)に救われる。そして、マイノリティーである亜人達は、佐藤をリーダとして現人類に戦いを挑んでいく。しかし、主人公は、戦いを好まず、佐藤と対峙していく・・・。

不死身の人間というと、本年公開の時代劇“無限の住人”を思い出す。無限の住人が、不死という無間地獄を彷徨う主人公を描いたのに対し、本作は、不死の人間は亜人というマイノリティーであり、彼らの現人類に虐げられた怒りが描かれている。何といっても佐藤を演じる綾野剛の圧倒的な存在感が際立っている。軽妙な言葉遣いではあるが、心の底に抱えている現人類に対する煮えたぎる憎悪を全身で表現していて凄味がある。一方で、主演の佐藤健は、唐突に亜人であることを知って迷い苦しみながらも自分の取るべき道を必死で探していく主人公のストイックさを好演している。

本作は緻密な作品ではない。粗削りで突っ込み処も多い作品である。背景、設定の大雑把な説明はあるものの、詳細説明はしない。深追いはしない。登場人物達の人物像の掘り下げも浅い。荒唐無稽であり、生き返りのルールにも矛盾がある。しかし、亜人対現人類、佐藤対主人公の戦いにフォーカスし、アクションに徹しているので、ストーリー展開にスピード感がある。アクションシーンは、亜人の特徴を活かした斬新なものではあるが、銃撃戦、格闘技が中心であり、アクション映画の基本に忠実である。結果として、アクション映画の良さが存分に引き出された作品に仕上がっている。

ラスト。上映時間も短く、あっと言う間にエンディングを迎えてしまったので、物足りさが残った。次を予感させるエンディングだったので、続編に期待したい。

本作は、理屈で観てはいけない。野暮は言ってはいけない。アクションシーンを無邪気に無心に堪能する作品である。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: アクションに徹したシンプルで潔い作品

    2017/10/9 21:54 by あらぼ〜

    みかずき様

    コメントありがとうございます。

    > 最近は、凝った、捻りの多い理屈っぽい作品が多いが、本作は、そういう作品とは一線を画した、極端に言えば、何も足さず、何も混ぜず、何も捻らず、只管にアクションに徹した潔さが奏功したシンプルな作品である。

    みかずき様のおっしゃるようにシンプルですね〜。
    アクションに徹した潔い作品です。

    > 何といっても佐藤を演じる綾野剛の圧倒的な存在感が際立っている。軽妙な言葉遣いではあるが、心の底に抱えている現人類に対する煮えたぎる憎悪を全身で表現していて凄味がある。

    本当に、佐藤役の剛くんが永井圭役の健くんを際立たせていますね。
    20年にも及ぶ人体実験。佐藤を憎みきれません。

    > 本作は、理屈で観てはいけない。野暮は言ってはいけない。アクションシーンを無邪気に無心に堪能する作品である。

    試写会、レディースDAY、公開記念イベント
    と3回観てしまいました。
    観るたびに、色々発見できます。

    私も続編を観たいです〜
    では、またm(_ _)m

  • Re: アクションに徹したシンプルで潔い作品

    2017/10/10 21:46 by 無責任な傍観者

    こういうのって、なぜ亜人が出来たのか、とか誰のせいだ、とか社会的な原因を追及するモノなのに、そういうのは全くなくて、亜人がいるってのが当たり前の世界なんだよね。
    んでもって、リアリティー無視のやりたい放題でノンストップアクション!
    あの飛行機なんか、「うわ、そこまでやるか…」ってちょっと引いたけど(笑)、まあ、世界観と割り切って楽しみました。
    まあ、割り切ってアクション面に絞り込んだのが正解でした。

  • Re: アクションに徹したシンプルで潔い作品

    2017/10/10 22:35 by みかずき

    こんばんは。あらぼ〜さん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    いつもながら、多作・多数回鑑賞ですね。
    それだけ、作品に惚れ込むって凄いですね。
    そんなに惚れ込まれる作品って幸せですね。

    私は、劇場鑑賞は、一期一会主義なので、
    というか、リピートするだけの体力がないので、
    集中力を高めて鑑賞しています。

    では、また、今度は洋画でお逢いしたいですね。

    失礼しました。

  • Re: アクションに徹したシンプルで潔い作品

    2017/10/10 22:46 by みかずき

    こんばんは。無責任な傍観者さん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    >こういうのって、なぜ亜人が出来たのか、とか誰のせいだ、とか社会的な原因を追及するモノなのに、そういうのは全くなくて、亜人がいるってのが当たり前の世界なんだよね。

    そうですね。冒頭から、亜人ありきという設定は意外でしたが、これは、理屈抜きで観る作品なんだと冒頭から割り切って観ることができました。

    >んでもって、リアリティー無視のやりたい放題でノンストップアクション!
    あの飛行機なんか、「うわ、そこまでやるか…」ってちょっと引いたけど(笑)、まあ、世界観と割り切って楽しみました。
    まあ、割り切ってアクション面に絞り込んだのが正解でした。

    妙に、リアリティーを盛り込んだら中途半端な作品になっていたでしょうが、アクションに徹するとい割り切り、潔さが奏功しましたね。

    やるなら徹底的にやるべき、中途半端はダメ、
    そうすれば、面白い作品は出来るという典型的な作品でした。

    では。また、今度はシリアスな作品でお逢いしましょう。

    失礼しました。

満足度データ

亜人
100点
6人(10%) 
90点
9人(15%) 
80点
18人(31%) 
70点
12人(21%) 
60点
10人(17%) 
50点
0人(0%) 
40点
2人(3%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
57人
レビュー者数
27
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
78
ファン
8人
観たい人
53人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • MAE
  • akikoズ
  • moRi
  • maikafe2
  • 416Yuchan
  • tint
  • いちまるよん
  • satori333

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

亜人 Blu-ray豪華版

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5458円(税込)
  • OFF:1886円(25%)

亜人 DVD通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

亜人 DVD豪華版

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

 

『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ