ただいまの掲載件数は タイトル60303件 口コミ 1159863件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > リメンバー・ミー > 感想・評価 > そこは生者のための国

そこは生者のための国

70点 2018/4/15 1:51 by くりふ

リメンバー・ミー

丁寧に作られた、極彩色で面白い、しかし平均点な映画でした。メキシコ文化へのリスペクトがあるのは確実ですが、そこに“ディズニー均し”のローラーをかけ薄味になったように思います。冷めたのは、要の「リメンバー・ミー」曲調がハリウッドミュージカルのように聞こえたこと。と、フリーダ・カーロのイジリ方を不遜に感じたこと。

粗探しとは思わないのですが、写真の扱いがイマイチ甘くこれも気になった。死者への想いを形にしたものとは勿論わかるが、心の中に生きていればいいじゃないかとも思う。そもそも、写真がなかった時代はアチラとの“入出国”どうしてたんと言いたい。ここに引っかかって、終盤の展開で泣きそびれた(笑)。

死者の国って、死者のためにあるのではなく、生者の執着が形に成ったものですね。そこに死の真実はなく、生者の願望だけのファンタジー。骸骨のみ残ったものを死者というなら、眼球が残るのはおかしいんですよね。これも生者のための眼だと思いました。

そこで気になってしまうのは、こうした彼岸/此岸という大仰な装置を用意しないと、家族愛をリメンバーできなくなっているのか?ということ。作品から得られる価値としては、そうした振り返りの方が大きかった。

などと、けっこう堅いコトを考えてしまったのですが、そういう映画だったからね。本作が良くも悪くも始終、地に足を付けた展開で、隣駅で下車したようなお堅い異界に、想像によるジャンプ力を感じなかった…ということが大きいです。

色彩感覚や“アレブリヘ”出したこともよかったけれど、原色というより蛍光色に寄った印象で、ラテンの生命力が薄れたように思います。例えばフリーダ・カーロの原画から受けるものとはずいぶん違うなあと。

総体的にはやっぱり、平均点な映画だなあ…という想いでリメンバーしそうです。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

リメンバー・ミー
100点
170人(42%) 
90点
136人(33%) 
80点
63人(15%) 
70点
22人(5%) 
60点
9人(2%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
402人
レビュー者数
314
満足度平均
91
レビュー者満足度平均
92
ファン
32人
観たい人
96人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • サナ2018
  • マルミ
  • 佳辰
  • Yousuke  Takuma
  • 黒蜜わらびもち
  • tokumoridaisuki
  • マーヤケイコ
  • エテ吉
  • ツィトローネ
  • リュウ、
  • sfc07
  • Stella
  • mat@7
  • 鶯谷畳一畳
  • Yasuo  Tomimoto

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”