ただいまの掲載件数は タイトル56785件 口コミ 1118653件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 僕のワンダフル・ライフ > 感想・評価 > ペロペロ、クンクン、ホリホリ

ペロペロ、クンクン、ホリホリ

70点 2017/9/14 1:16 by ハナミズ

僕のワンダフル・ライフ

犬好きは目じりが下がるだろう。
大好きだった飼い主イーサンとめぐりあうために何度でも犬に生まれ変わって探し出そうとするゴールデン・レトリバー<ベイリー>の冒険。
実話を基に…ではないな、さすがに。(笑)
W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『HACHI 約束の犬』のラッセ・ハルストレムがメガホンを取る。
まさに自身の犬映画の集大成ともいえるハートウォーミングな作品に仕上がった。

輪廻転生なら犬以外になれないのかとか疑問もあるが、この映画でのルールは同族で循環する思想のようだ。
それにしてもご近所に転生し続けるのはかなりの強運の持ち主なんだろうか。
適度なユーモラスさが話に弾みを持たせ、犬目線のカメラも誰の視点で語られているのか明確にしている。
ずっとベイリーのモノローグで進行するだけにヴォイスキャスト選びは慎重になったのではないか。シリアスすぎてはいけないし、軽すぎてもドラマが弱くなりそう。
『アナ雪』のオラフ役で知られるジョシュ・ギャッドが犬の表情に的確な<解釈>を与えている。

ほぼ予定調和の作品を魅力的にしてるのは何といっても登場するワンちゃん。これに尽きる。
転生する度に違う犬種になるのだが、それぞれ幼少から晩年まで何頭か変えてある。
それなのに同じ犬が自然に加齢してるように見えるテクニックやトレーナーの手腕は見事という他ない。
ずっと純血種の犬が登場するのに、最後だけミックス(セント・バーナードとオーストラリアン・シェパード)なのも意図を感じさせる。

イーサン以外の飼い主たちを絡ませるシーンもあっても良かった気がするが、あくまでもベイリーにとっては脇道だから省いたのかな?

猫は飼い主を思って転生は…しないのだろうな。(苦笑)

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

僕のワンダフル・ライフ
100点
3人(15%) 
90点
8人(40%) 
80点
4人(20%) 
70点
4人(20%) 
60点
1人(5%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
20人
レビュー者数
19
満足度平均
84
レビュー者満足度平均
84
ファン
2人
観たい人
14人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ラッキーココア
  • Merusii

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ