ただいまの掲載件数は タイトル57355件 口コミ 1123912件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > メッセージ > 感想・評価 > 不思議な魅力に溢れる奥深いSF

不思議な魅力に溢れる奥深いSF

90点 2017/7/1 13:32 by みかずき

メッセージ

本作は、“2001年宇宙の旅”を彷彿とさせる作品である。難解ではあるが、作品の世界観を重視した作風で、総合芸術と言われる映画の本質を感じることができる。本作は、地球に飛来した宇宙船をめぐるSFであり、派手な展開はなく、映像表現主体の不思議な魅力に溢れた奥深い作品である。

何の前触れもなく、突如、12隻の宇宙船が地球に飛来する。異星人たちの目的は地球征服なのか否か騒然とする中、アメリカ軍の依頼を受けた言語学者ルイーズ(エイミー・アダムス)は、異星人たちの真意を知るために、彼らとの言語によるコミュニケーションに挑んでいく。そして、試行錯誤を繰り返しながらも、ついに主人公は彼らの言語を解読し、彼らが地球にきた目的が明かされるが・・・。

ハッキリ言って、生易しい作品ではない。分かり易いナレーション(言語表現)はない。時折、主人公のフラッシュバックとして挿入される主人公と子供のやり取りは何を意味するのか説明はない。映像表現から、我々観客が想像するしかない。本来、映画には、映像表現という手法があり、それを最大限に活かした作品である。最近、言語表現を多用した観客に分かり易い作品が多い中では出色であるが、観客の想像力に挑むような作風は刺激的あり、往年の名作SF“2001年宇宙の旅”を彷彿とさせる出来映えである。

宇宙服のような厳重な装備、異星人との接触準備中に手を震わせる主人公など、異星人との接触シーンは極めてリアルであり、敵か味方か全くわからない異星人への恐怖がヒシヒシと伝わってくる。主人公の自己紹介から始まる、異星人との接触による、彼らの言語を解読するプロセスは泥臭く、手探り感が上手に表現されていて面白い。満身創痍状態になりながらも懸命に未知なる言語を解析する主人公の姿は知的好奇心に溢れていて、逞しさすら感じられた。

異星人の地球飛来の目的が明かされると、それまで、一致団結していた世界の国々が分裂してしまうシーンは、非常事態においても、自分のことしか考えられない人間のエゴが丸出しになっている。この先、物語の結末はどうなるかと思っていたら、伏線の回収とともに、作品のイメージ通りのラストに落ち着いた。

観終わって、久し振りに、何か不思議な世界を観たという独特の浮遊感を感じた。作品の世界観を完全に掴みきれず、幻惑された感じがした。全てが納得できる作品も良いが、本作のような、卓越した映像表現で我々の想像力を試すような難攻不落の作品も面白い。本作の不思議な世界観にまた挑んで完全解読してみたい。難問である程、解いてみたくなる。そんな気持ちにさせられる作品である。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 不思議な魅力に溢れる奥深いSF

    2017/7/1 21:32 by ぱおう

    みかずきさん、こんばんは。
    予告して頂いたレビューを楽しみにしていました。
    今回も、詳しいようでいて、重要なところのネタバレはない、絶妙な記述ですね。

    > 難解ではあるが、作品の世界観を重視した作風で、総合芸術と言われる映画の本質を感じることができる。

    今回は、90点★4.5の高評価で共感出来ましたことが、とても嬉しいです。
    「総合芸術」というニュアンスは、よく分かります。見方によっては、あいまいでよく分からないピントのぼけた表現のようにも感じられるでしょうが、本筋を理解出来ると、じわじわと盛り上がってくる悲喜こもごもの心情が、ラストの大きな感動を呼びました。

    > 観客の想像力に挑むような作風は刺激的あり、往年の名作SF“2001年宇宙の旅”を彷彿とさせる出来映えである。

    みかずきさんは、このように監督の試みを前向きに解釈されたので高評価になったようですね。
    私は、原作を先に読まないと難解かと感じました。

    > 物語の結末はどうなるかと思っていたら、伏線の回収とともに、作品のイメージ通りのラストに落ち着いた。

    私の最大の高評価ポイントは、ラストの余韻でした。あいまいなまま、断片的に描写されてきた伏線が、最後のヒロインの心情描写に結晶するような印象でした。

    > 全てが納得できる作品も良いが、本作のような、卓越した映像表現で我々の想像力を試すような難攻不落の作品も面白い。本作の不思議な世界観にまた挑んで完全解読してみたい。難問である程、解いてみたくなる。そんな気持ちにさせられる作品である。

    原作にはない部分ですが、中国絡みで、パラドックスを生じさせるサブストーリーが織り込まれていました。これがあるおかげで、アクションぽい効果を生んでいましたが、本来は不要だったようにも思います。その場合、ストーリーはもっと難解になりますが、みかずきさんならその方がよりお好みに合っていたかもしれません。

    今年も洋画は本当に豊作ですね。
    共感高評価作品での交流が続きますことを祈念しております。

  • Re: 不思議な魅力に溢れる奥深いSF

    2017/7/1 23:20 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    ぱおうさんらしいレスありがとうございます。

    異星人との接触による言語解読という本流がしっかりしていたので、難解ながらも、物語を追うことができました。

    フラッシュバックは最初は意味不明でしたが、物語が進むにつれて、重要な伏線になっていると推察しました。

    そうはいっても、一回の鑑賞だけで、作品の世界観を捉え切ることはできませんでした。難攻不落の作品でしたが、人間と同じで、分からないところがある方が魅力的です。

    これで、難攻不落で魅力的な作品は3本となりました。
    2001年宇宙の旅、風の谷のナウシカ、そして、本作です。

    失礼しました。

  • Re: 不思議な魅力に溢れる奥深いSF

    2017/7/2 19:56 by 猫ぴょん

    こんばんわ
    みかずきさん^^
    レスありがとうございました

    派手なSF大好きですけど
    こうゆう感覚的な作品も好きです^^
    (心にじわじわくると言うか)

    独特の浮遊感!!
    そうかも。

    「2001年宇宙の旅」
    私も好きです
    音楽も映像もよくわかんないぞ感も(笑)
    これこそ感覚で好きです(爆)
    この作品も浮遊感ありますよね。

    「メッセージ」もこの先何度か観ると思いますけど
    その時の自分の気持ちの持ちようで感想も変わるかもしれません。

    次はどの作品でお話し出来るでしょうか。
    楽しみです^^

  • 猫ぴょんさん。レスありがとうございます。

    2017/7/2 21:05 by みかずき

    こんばんは。猫ぴょんさん。
    みかずきです。

    猫ぴょんさんらしいレスありがとうございます。

    確かに、ド迫力のSFも面白いですが、本作のような
    映像表現主体で、多くを語らず、我々観客の想像力が必要な作品も良いですね。

    2001年宇宙の旅、猫ぴょんさんも好きだったんですね。本作も2001年宇宙の旅同様に難解でしたが、再鑑賞して、解けなかった謎に挑んでみたくなりますね。

    >次はどの作品でお話し出来るでしょうか。
    楽しみです^^

    こちらこそ、楽しみにしています。
    パトリオット・デイ、ハクソー・リッジ、本作と
    シリアスな作品鑑賞が続いたので、次は、エンターテイメント作品にしようと思っています。
    年末には、コンサドーレとエスパルスのJ1残留を見届けて、”フォース”を楽しみたいですね。

    失礼しました。

  • Re: 不思議な魅力に溢れる奥深いSF

    2017/7/3 19:44 by 悶mon

    みかずきさん、こんばんは。
    悶monです。
    ついに、「メッセージ」をご覧になったのですね。
    レビューの評価点も高く、満足されたようで、嬉しく思います。

    >ハッキリ言って、生易しい作品ではない。分かり易いナレーション(言語表現)はない。時折、主人公のフラッシュバックとして挿入される主人公と子供のやり取りは何を意味するのか説明はない。映像表現から、我々観客が想像するしかない。本来、映画には、映像表現という手法があり、それを最大限に活かした作品である。最近、言語表現を多用した観客に分かり易い作品が多い中では出色であるが、観客の想像力に挑むような作風は刺激的あり、往年の名作SF“2001年宇宙の旅”を彷彿とさせる出来映えである。

    この部分、大いに納得です。
    この作品には、無駄なナレーションがありません。
    まさに、映像表現から、観客は制作者の意図を読み取らなければなりません。
    そういう点は、「2001年宇宙の旅」も同じで、難解なイメージがあります。

    >観終わって、久し振りに、何か不思議な世界を観たという独特の浮遊感を感じた。作品の世界観を完全に掴みきれず、幻惑された感じがした。全てが納得できる作品も良いが、本作のような、卓越した映像表現で我々の想像力を試すような難攻不落の作品も面白い。本作の不思議な世界観にまた挑んで完全解読してみたい。難問である程、解いてみたくなる。そんな気持ちにさせられる作品である。

    この「独特の浮遊感」という表現、とても巧いですね。
    作品の醸し出す映像表現に身を委ねていると、難解さをつかの間忘れて、映画と現実の世界の間を自由に行き来しているような気がします。
    エイリアンものというと、地球を攻めてくる攻撃型が多いですが、この映画の異星人は、攻撃をしてくるわけではない。
    では、何のために地球にやってきたのだろう?
    それが、次第に明らかになっていく過程を私は楽しむことができました。

    それでは、また、共感作でお会いしましょう。

  • Re: 不思議な魅力に溢れる奥深いSF

    2017/7/3 23:03 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    レスありがとうござます。

    独特の浮遊感の解説、ありがとうござます。
    仰る通りです。何か、本作と現実世界を漂っている感じがしましたね。

    丁寧なナレーション付きの作品も、分かり易くて良いですが。映画には映像があるのですから、映像表現で語ってくれる作品がもっと増えて欲しいですね。

    さて、本年の洋画の充実振りは凄いですね。
    近年にないくらいの洋画の当たり年になる予感がします。

    では、また、共感作でお逢いしましょう。

    失礼しました。

満足度データ

メッセージ
100点
10人(8%) 
90点
20人(17%) 
80点
34人(29%) 
70点
25人(21%) 
60点
12人(10%) 
50点
6人(5%) 
40点
3人(2%) 
30点
1人(0%) 
20点
1人(0%) 
10点
1人(0%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
114人
レビュー者数
55
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
73
ファン
15人
観たい人
72人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 81rock
  • 出木杉のびた
  • DDDDD
  • のんべののん太
  • jimmy09
  • 小波
  • da-
  • 猫ぴょん
  • Yasuo  Tomimoto
  • みかずき
  • クリス・トフォルー
  • なつみかん。
  • cinerama
  • ぱおう
  • KERO

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

メッセージ 4K ULTRA HD ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5458円(税込)
  • OFF:1886円(25%)

メッセージ [Blu-ray]

  • 定価:5122円(税込)
  • 価格:3809円(税込)
  • OFF:1313円(25%)

 

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』無料特別上映会ご招待!
まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ