ただいまの掲載件数は タイトル56824件 口コミ 1118923件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > メッセージ > 感想・評価 > 記憶が過去だけじゃなく未来もあるとしたら

記憶が過去だけじゃなく未来もあるとしたら

90点 2017/5/22 19:45 by 裏木戸楽子

メッセージ

あかん。途中で記憶ってのは、過去だけじゃないんだ、分かりましたが、こんな未知との遭遇が、これまでSFの世界で描かれてきたのとまったく違う、心の奥底まで揺さぶられる、そんな作品でしたよ。たぶん「2001年宇宙の旅」の哲学的に近いというとそこでコメントも終わっちゃうし、「AI」の未来への哀愁というとノスタルジックで終わっちゃうし。

でね、レベルが違うのよ。SFでも、ちゃんちゃら可笑しい未来から「こんにちは」じゃなく、真摯に現実を見つめてるのです。
映画「メッセージ」の原作は、短編小説「あなたの人生の物語」(テッド・チャン)です。「あれを映画化するのは無理だ」と、あの傑作を読んだ人は、そう思ったはずです。
でも、前評判はとてもいい。新海誠監督は「想像よりもずっと誠実な映画化」とコメントしてます。押井守監督は「本物のSF映画」と称賛してます。
何故に、そんなに称賛するのか。ここでは、「言語」と「時間」が大きなポイントになります。言語に長けているルイーズが異星人「何しに来たのか」、トライします。その言葉の、私たちが単に日常会話している言葉じゃない、意思疎通を繰り返します。これは、私たちには、まどろっこしい作業、そう思えるのですが、異星人とのコミュニケーションには、とても大切です。
そうして、世界の12か所(12も意味深ですね)に落ちてきた未確認飛行物体とのコミュニケーションは、彼女がカギを握ります。とともに、彼女の記憶が何度もフィードバックします。最愛の娘とのいろいろなシーン。愛した伴侶とも別れざるをえなく、一人で娘さんを育てますが。娘さんは、不治の病でなくなります。
そんなフラッシュバックと、異星人との交流。ある時、分かるんですね。ああ、これ以上言うとネタバレです。
ここで、映画のタイトルの話をしたいです。邦題は「メッセージ」です。わかりやすいです。確かに、異星人との会話の中で、メッセージを受けるのですから。でも、原題は「Arrival」です。主な意味は、到着(すること)、到着した人、到達、出生、新生児・・・。
こちらのが、この映画のいろいろな示唆が見えてきます。まずは、異星人が地球に到達しました。でも、コミュニケーションで、皆苦慮する中、主人公は、ある理解への到達をしたわけです。そして、出生と新生児、これは、彼女の記憶が過去のものじゃないことも示唆してるんではないでしょうか。そして、最後に到達したものは・・・。
あと、ひとつ、これもネタバレくさいでしょうが、私たち人間は3次元の世界で生きています。空間は自由に移動できますが、時間は流れるままでしかありません。異星人は、3000年の未来を人間に救ってほしく、引き換えに武器を提供してくれに来てるのです。ある意味、4次元に生きてるのかも。
その武器とは、コミュニケーションです。言語能力です。いいですか、ここです。私たち人類は、いろいろなコミュニケーションの手段は持ってても、コミュニケーションが稚拙だということです。彼らのが長けてるのです。そして、それに近い、そのコミュニケーションが長けている主人公にメッセージをしに来たのです。最高の武器である時間を超えた能力を提供しに。
ごめんなさい、しゃべり過ぎました。
もし、私たちの記憶が過去だけじゃなく、未来もあるとしたら・・・。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 記憶が過去だけじゃなく未来もあるとしたら

    2017/7/1 22:14 by みかずき

    はじめまして。裏木戸楽子さん。
    みかずきと申します。

    お邪魔させて頂きます。

    未知との遭遇に近い設定でしたが、
    作品の雰囲気は2001年宇宙の旅を彷彿とさせるものでした。

    映像表現主体の作品で、丁寧な説明はなかったので
    観客の想像力が必要でした。

    何度も異星人と折衝して、私には単なる〇の羅列としか見えないものを文章として解読していくプロセスは泥臭く、とてもリアルに感じられました。

    フラッシュバックは最初は意味不明でしたが、ストーリが進むにつれ、これは重要な伏線ではと感じました。

    一回観ただけでは、作品の世界感を完全に捉えることはできませんでした。難攻不落の作品でした。

    また、作品の世界観に挑んでみたくなりました。

    今まで、こんな気持ちになった作品は、
    2001年宇宙の旅、風の谷のナウシカ だけです。

    失礼しました。

満足度データ

メッセージ
100点
8人(7%) 
90点
19人(18%) 
80点
29人(28%) 
70点
24人(23%) 
60点
9人(8%) 
50点
5人(4%) 
40点
3人(2%) 
30点
1人(0%) 
20点
1人(0%) 
10点
1人(0%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
101人
レビュー者数
52
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
73
ファン
15人
観たい人
70人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • のんべののん太
  • みかずき
  • 小波
  • jimmy09
  • ぱおう
  • 81rock
  • cinerama
  • KERO
  • da-
  • 出木杉のびた
  • クリス・トフォルー
  • Yasuo  Tomimoto
  • なつみかん。
  • DDDDD
  • 猫ぴょん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

メッセージ 4K ULTRA HD ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5458円(税込)
  • OFF:1886円(25%)

メッセージ [Blu-ray]

  • 定価:5122円(税込)
  • 価格:3806円(税込)
  • OFF:1316円(25%)

 

『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ