ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149315件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ダークタワー > 感想・評価 > Sキングの名を出すな!〜何コレ?B級に貶める〜

Sキングの名を出すな!〜何コレ?B級に貶める〜

20点 2018/2/3 6:57 by PAPAS

ダークタワー

「ダークタワー」24点。

ハア〜?これ何ですか?
「ホラー」でも「VFXアクション」でも「サスペンススリラー」でもありません。勿論「感動作」でもありません。

「ホラーの帝王」S.キングが、30年もの年月を費やした大長編7部作を無残な「B級」に貶めてしまいました。
そもそも、少し似た内容の「ロード・オブ・ザ・リング(映画シリーズは好みません)」に匹敵するぐらいの大作を無残に潰してしまいました。
製作意欲を喪失するようなことがあったのですか?
この原作を「95分」にしたのが全てを象徴しています。

これでは良さ・凄さが全く伝わりません。
観た人は内容を理解できたでしょうか?
テーマは?何を描きたかったのか理解できたでしょうか?
「ダークタワー」の存在の意義は?
「中間世界」がただの田舎になってしまっています。
少年の「特殊能力」がわかりにくいです。
「M.マコノヒー」がどこか怪しい魔術師にしか見えません。
「イドリス・エルバ」はガンアクションだけで、魅力が不足しています。
この2人の戦いにも見るべきものはありません。
魔術を自在に操る男に、「そんなこと」で決着が着くのですか?
戦う街並みも「ニューヨーク」に見えませんでした。
わざわざ高層ビルを避けたんですか?
この監督は「ドラゴン・タトゥーの女」の「脚本」の担当だとか。
製作スタッフとともに「S.キング」がキライなのではと思ってしまいます。

「シャイニング」「キャリー」の不気味なコワさから、
「ショーシャンクの空に」のもの凄い感動、
「スタンド・バイ・ミー」の懐かしさがあります。
最近ではそれら全てを含んだヒットした「IT」まで。

「S.キング」の魅力は単なる「ホラー」だけではありません。。「未知のもの」に対する恐れ・不安に、
「心理的要素」や「人間の不可解さ」を加え、
「子どもの頃のよくわからないが故のコワさ」がミックスされています。

だからアメリカ人も日本人も全世界の人々の、
子どもであった経験がある人の「こころ」に、
「懐かしさ」と共に響くのです。

だから「ホラー映画」のトレードマークの「B級」は当てはまらないと思うのです。

充分に魅力を理解せずに、「奇異をてらって」映画化すると悲惨になるという例を示してくれたのでしょうか?

これ以上「S.キング」の名を出さないで下さい。
他の名作の価値まで下がってしまいます。勿論小説の価値まで。
残念です。残念過ぎます∞∞∞

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ダークタワー
100点
0人(0%) 
90点
2人(7%) 
80点
2人(7%) 
70点
6人(23%) 
60点
8人(30%) 
50点
3人(11%) 
40点
2人(7%) 
30点
0人(0%) 
20点
3人(11%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
26人
レビュー者数
16
満足度平均
59
レビュー者満足度平均
57
ファン
1人
観たい人
18人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 高城剣

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

ダークタワー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

  • 定価:5122円(税込)
  • 価格:3806円(税込)
  • OFF:1316円(25%)

ダークタワー 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5458円(税込)
  • OFF:1886円(25%)

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!