ただいまの掲載件数は タイトル56373件 口コミ 1112271件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 沈黙−サイレンス− > 感想・評価 > 弱い人間の居場所

弱い人間の居場所

80点 2017/2/21 21:13 by 小波

沈黙−サイレンス−

なぜ、神はあまりにも苛酷な苦難を切支丹たちにお与えになるのか。司祭の切実なる問いに、神は沈黙されたままだ。しかし、司祭が「踏み絵」に描かれたキリストの声を聞いたのならば、神は語りかけておられたのだと思う。依然として不条理に対する答えはくださらない。しかし、神は人間の弱さも苦しみもすべてご存知だからこそ、愛する一人子イエスの十字架をとおして、人間の罪を赦された。苦しみに屈せず殉教したモキチも、何度も踏み絵を踏みながら罪に苦しむキチジローも、神は等しく愛され、パライソに迎えてくださったと信じたい。

「弱い人間の居場所はどこか」と問うキチジロー。弱い人間の居場所こそ、キリストにあるはずだ。

「しかし、主は、『わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである』と言われたのです」(コリント人への手紙第二 12章9節)。

信仰の弾圧は、この映画が描く400年も前の出来事に終わらない。太平洋戦争中も、日本支配下の朝鮮半島では、神社参拝を拒否したキリスト者たちが、苛烈な拷問を受け、殉教者が多数出ている。今も教育現場などで「思想・良心の自由」をめぐる闘いは続いている。「単なる儀式だ」という通辞の甘いささやきに、自分はどう反応するであろうかと、想像するだに恐ろしい。

キリスト教が根付かない、「沼地」と言われた日本。自身が日本における「最後の司祭」だったと思いながら死んでいったロドリゴ司祭。しかし、400年後の日本でも、全国の教会で、毎週礼拝が捧げられている。司祭の思い描いていた姿とは異なるかもしれないが。

日本人キャストがそれぞれ複雑な内面を抱える人物を迫力ある演技で演じていて、圧巻だった。

原作を読んだのはスコセッシ監督と同じ頃。28年も構想を練り続けてきた監督には頭が下がる。私はすっかり内容を忘れてしまっていたので、再読しなくては。

奇しくも私が連続して劇場鑑賞した三作品すべてで、耳から血が流れる場面がでてきた。我が耳を労ろう。

後日追記
このレビューを書いたあと、神学者でプロテスタントの牧師であられる先生が痛烈に原作を批判されている文章を読んだ。ロドリゴが聞いたように感じたキリストの言葉は、聖書からは到底導けない、聖書に反する言葉であり、キチジローのように居直ってはやはりいけないとのこと。キリストの力が「弱さのうちに完全に現れる」ことを信じて、この世の艱難に喜んで耐えなくてはならない、らしい。覚悟の足りない私を反省せねば。しかし、そのような思索の機会をくれたという意味で、原作も映画も価値があると思う。

この場に書かなくてもよいのでしょうが、自分の記録として追記します。

 

2人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 弱い人間の居場所

    2017/2/18 11:27 by みかずき

    こんにちは。小波さん。
    みかずきです。

    本作、見応えのある作品でした。
    私もレビュー書きましたので、読んで頂ければ幸いです。

    小波さんは、宗教に精通されているようですね。
    私は、信仰心は殆どない方ですが、究極の選択に苦悩する主人公の気持ちは理解できました。

    自分の信念、信条を一切捨てる自己否定による弱者救済・・・中々考えさせられました。

    あの時代に生まれていたら、私も弱い人間なので、キチジローのような生き方をするだろうなと思いました。キチジローって、とんでもない奴ですが、生きるためなら何でもやる赤裸々さがあって、人間臭かったです。

    本作では、当時の人々の生活は困窮を極めていたことも克明に描いています。絶望的な当時の人々にとって信仰は一筋の光明だったこともよく分かりました。

    究極の選択とした主人公でしたが、それでもなおとずっと思い続けながら鑑賞していたので、ラストはその通りになって救われた気がしました。

    失礼しました。

  • Re: 弱い人間の居場所

    2017/2/18 20:03 by 小波

    みかずきさま
    レスありがとうございます。
    みかずきさんのレビュー、とても熱いですね。本当に熱く語りたくなる重厚な映画でした。

    私はキリスト教に精通しているとはとてもいえませんが、プロテスタントの教会に通う信徒です。 oddysさんが紹介されていた新聞記事は読めていないのですが、みかずきさんが掲示板に書かれているように、キリスト教は偶像崇拝を禁止しているので、多くのプロテスタント教会では、絵画や彫像を拝むことはないと思います。礼拝堂にも飾らない教会が多いのではないかと思います。プロテスタントの視点で見れば、絵は神ではないので、踏んでもいいように思うのですが、踏むことが、権力による弾圧に屈して神を否定する意味を持つ状況では、やはり踏むことは罪になるように思います。カトリック教会は礼拝堂に聖画が描かれていたり、聖母像があるので、考え方が違うと思います。

    また、私の理解では、プロテスタント教会の多くは、聖書のみを神の言葉とするので、聖書の言葉から離れた、神の「啓示」を否定します。カトリックは認めているように思います。プロテスタントの視点で見れば、踏み絵のキリストが語ったように司祭が思ったとしても、神が沈黙を破ったことにはならないとは思うのですが、踏み絵のキリストが語ったとする言葉が聖書に即していたように思えましたので、神が語られたように感じてしまいました。

    原作を再読して改めて考えてみたいと思います。みかずきさんの書き込みがとても刺激になりました。

  • Re: 弱い人間の居場所

    2017/6/25 14:48 by みかずき

    こんにちは。小波さん。
    みかずきです。

    昨日、ハクソー・リッジを鑑賞しました。

    沈黙と同様に信仰を扱った作品です。
    自らの信念と戦争の現実に葛藤しながらも、
    信念を貫き通す兵士の物語です。

    第2次大戦の沖縄戦を舞台にしているので、
    日本人としては複雑な思いも過りましたが、
    この手の作品は、宗教が根付いている洋画が面白いですね。

    失礼しました。

  • みかずきさまへ

    2017/7/17 17:33 by 小波

    レスありがとうございます。こちらの反応が遅くなってしまってごめんなさい。しばらく映画生活から遠のいてしまって。ハクソー・リッジ、観たかったです。アンドリュー・ガーフィールドは、連続して、信仰がテーマの映画に主演していたのですね。

    酷暑の日々、ご自愛くださいませ。

  • Re: 弱い人間の居場所

    2017/7/17 18:46 by Yosu

    おかえりなさい
    小波さん

    お邪魔いたします。
    みかずきさん

    Yosuです。

    毎週のようにレビューアップされていた
    小波さん。
    1ケ月以上なかったので
    どうされたのかな?と思っていました。

    パワーアップした怒涛のレビュー
    お待ちしております。

    Yosu

  • YOSUさんへ

    2017/7/17 21:39 by 小波

    YOSUさま
    レスありがとうございます〜
    なかなか映画館に行けなくて(>_<)
    6月はフレッド・アステアの映画を二本立てで観ることができたのですが、レビューを書かずじまいで(-_-)
    反動で来月はたくさん観る気満々です。今月もあと1本は絶対観るぞ〜

    映画の情報からも少し離れてしまったのでYOSUさまはじめ皆様のレビューを参考にさせていただきます。映画館までの道のりが暑いけど、夏の映画生活も楽しみませう。

満足度データ

沈黙−サイレンス−
100点
12人(11%) 
90点
18人(17%) 
80点
43人(41%) 
70点
20人(19%) 
60点
5人(4%) 
50点
3人(2%) 
40点
2人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
104人
レビュー者数
47
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
79
ファン
7人
観たい人
70人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

目黒  池袋 

 

この映画のファン

  • 0141gohan
  • Gaku
  • 特盛り大好き
  • みかずき
  • くう子
  • 萌吉
  • cinerama

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

沈黙-サイレンス- プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 定価:8424円(税込)
  • 価格:6261円(税込)
  • OFF:2163円(25%)

沈黙-サイレンス- [Blu-ray]

  • 定価:5122円(税込)
  • 価格:3806円(税込)
  • OFF:1316円(25%)

 

日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝