ただいまの掲載件数は タイトル58097件 口コミ 1134676件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜 > 感想・評価 > 時を超えて料理と戦う二人の天才

時を超えて料理と戦う二人の天才

90点 2017/11/5 17:52 by みかずき

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

本作は、対照的な二人の天才料理人の生き様を描いた物語。最近、複雑な展開の作品が多い中で、シンプルに二人に迫っていくので、外連味の無さが際立つ、完成度の高い良質な人間ドラマに仕上がっている。

理想の料理を求め挫折した若き天才料理人・佐々木充(二宮和也)は、生活のため、人生最期の料理を提供する仕事をしていた。彼は料理への情熱を失っていた。そんな彼のところに、1930年代に満州で天才料理人・山形直太朗(西島秀俊)が日本軍の要請で作った幻のレシピ“大日本帝国食彩全席”探しと再現の依頼が飛び込んでくる。佐々木は、山形を知る人々を辿り、レシピの行方を追い求め、山形の料理に賭ける生き様、歴史に隠された真実に迫っていく・・・。

物語の大半は、満州での山形のレシピ作りである。1930年代の満州と言えば、激動の昭和史の真只中にあった地であるが、そこには敢えて触れず、山形の料理に賭ける生き様にフォーカスしている。無駄のない洗練された庖丁さばき、美意識の高さを感じさせる料理の数々に目を奪われる。何より、山形を演じる西島秀俊の肉体派と呼べるような引き締まった体付き、キリっとした姿勢の良さ、そつのない身のこなしが素晴らしい。天才料理人としてのリアリティーに溢れている。妻・千鶴を演じる宮崎あおいの凛としたアシスト振りが奏功し、苦悩しながらも形振り構わず一心不乱に料理に打ち込む山形の姿が胸を打つ。

一方、現代に生きる佐々木を演じる二宮和也は、定評のある演技力で、料理に一切の妥協を許さない、鬱屈した孤高の天才料理人を好演している。本作は、彼の成長記にもなっているが、山形の料理人としての姿勢に触れ、次第に覚醒していく過程を気負いのない自然体の演技で表現しているのは流石。

佐々木の親友であり、同じ料理人でもある柳沢健を演じる綾野剛が芸達者振りを発揮している。直情型人間ではあるが、佐々木の良き理解者であり、率直に自分の気持ちを表現するところは佐々木とは正反対。特に体を張った筋肉剥き出しの肉体派の料理作りに説得力がある。これは、美味い料理を作ってくれるなと得心できる。肝心の香り、匂いが伝えられないので、映像で料理の美味さを表現するのは難しいが、二つの方法が考えられる。一つは料理の美しさ、もう一つは逞しい肉体が創り出す料理作り、であろう。本作では、両方を巧みに駆使しているので、料理の美味さが画面を通して伝わってくる。食欲が刺激される。

終盤で、歴史が顔を覗かせ、物語はリアルな展開となり、紆余曲折を経て結末を迎える。少々ベタではあるが納得の結末だったので、余韻に浸ることができた。

本作は、料理に賭ける男達の生き様、幻のレシピの行方を追う時代を超えた歴史ミステリー、友情、夫婦愛、親子愛、平和への想いなど、様々な要素を巧みにブレンドした、心癒されて素直な気持ちになれる人間ドラマである。

 

3人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • Re: 時を超えて料理と戦う二人の天才

    2017/11/5 23:14 by ぱおう

    みかずきさん、こんばんは。
    私の方にもレス下さって、ありがとうございました。
    こちらに返信させて頂きますね。

    > 本作は、対照的な二人の天才料理人の生き様を描いた物語。最近、複雑な展開の作品が多い中で、シンプルに二人に迫っていくので、外連味の無さが際立つ、完成度の高い良質な人間ドラマに仕上がっている。

    確かに、入り組んだストーリーであるにも関わらず、分かりやすい自然な展開でしたね。

    > 物語の大半は、満州での山形のレシピ作りである。1930年代の満州と言えば、激動の昭和史の真只中にあった地であるが、そこには敢えて触れず、山形の料理に賭ける生き様にフォーカスしている。

    きな臭い政治情勢にはあまり触れず、料理一筋に愚直に取り組む姿に絞られていたので、少数の登場人物の心情が細やかに描かれていたと思います。

    > 一方、現代に生きる佐々木を演じる二宮和也は、定評のある演技力で、料理に一切の妥協を許さない、鬱屈した孤高の天才料理人を好演している。

    陰のある表情、暗い目つき。料理に集中している様子。見事に、役になり切っていました。

    > 佐々木の親友であり、同じ料理人でもある柳沢健を演じる綾野剛が芸達者振りを発揮している。

    この人、本当に、どんな役でもリアルにこなしてしまいますね。びっくりです。

    > 終盤で、歴史が顔を覗かせ、物語はリアルな展開となり、紆余曲折を経て結末を迎える。少々ベタではあるが納得の結末だったので、余韻に浸ることができた。

    私も、通常ならベタで捻りのないストーリーが大好きなのですが、本作では、ミステリー仕立てなのが先入観になってスイッチが入ってしまったのか、つい「推理頭」で鑑賞してしまいました。
    そのため、終盤で結末が読めてしまって、せっかくの感動が少々割り引かれてしまうはめに。
    勿体ないことをしました……。

    > 本作は、料理に賭ける男達の生き様、幻のレシピの行方を追う時代を超えた歴史ミステリー、友情、夫婦愛、親子愛、平和への想いなど、様々な要素を巧みにブレンドした、心癒されて素直な気持ちになれる人間ドラマである。

    いやあ、お見事なレビューでした。
    これなら、ネタバレなしで、どういう作品かがよく伝わりますね。
    本作は、上記の通り自爆していなければ、私も90点ついたかもしれません。
    今年も終盤に入っていますが、邦画では人気上位に入りそうな作品かと思います。
    まだまだ、良い作品に巡り会えますように。

  • Re: 時を超えて料理と戦う二人の天才

    2017/11/6 22:22 by あらぼ〜

    みかずき様

    コメントありがとうございます。
    例のごとく、試写会で観たのはいいけれど…本作
    なかなか感想が書けませんでした。
    そして、やっと公開前日にアップ。

    いつも申し訳ないので、初日に劇場で鑑賞しました。
    大スクリーンはいいですねえ^m^
    根が単純なので、ものすごーく感動してしまった本作です。

    歴史好きのみかずき様には物足りなかったようですね。
    歴史とは関係ないのですが…満州は個人的に関係が深くて、映画の山形夫婦に今は亡き人々を重ねて観ていました。

    あと何回か、劇場に通いたいと思っています。
    いつも、ありがとうございますm(__)m

  • Re: 時を超えて料理と戦う二人の天才

    2017/11/8 23:27 by みかずき

    こんばんは。ぱおうさん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    いつもながら、私のレビューの丁寧な解説、
    ありがとうございます。

    なるほど、自爆ですか。
    私も1930年代の満州という設定に、もっとドロドロした展開を想像はしたのですが、西島秀俊と宮崎あおいというキャラから、意外とクリーンな作風だと考え直しましたのが幸いしたかもしれません。

    仰る様に、どのスイッチに切り替えて観るかって結構大事ですね。アクションだと思ったら、人間ドラマだったりして。スイッチの使い分けって難しいですね。

    これから、期待の作品が続々公開されます。
    多くの共感作で、お逢いできることを
    祈っています。

    失礼しました。

  • Re: 時を超えて料理と戦う二人の天才

    2017/11/12 1:47 by みかずき

    こんばんは。あらぼ〜さん。
    みかずきです。

    レスありがとうございます。

    料理に特化したシンプルな作品でしたが、
    西島秀俊のキャラが活きていて、
    天才料理にリアリティがありました。
    宮崎あおいの思いやりの溢れたアシストもGoodでしたね。

    満州って、あらぼ〜さんにとって、
    特別な地だったんですね。
    特別な地が舞台になっている映画を観ると、
    感慨深いものがあるのでしょうね。

    失礼しました。

満足度データ

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜
100点
27人(28%) 
90点
21人(22%) 
80点
21人(22%) 
70点
12人(12%) 
60点
4人(4%) 
50点
4人(4%) 
40点
2人(2%) 
30点
2人(2%) 
20点
1人(1%) 
10点
1人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
95人
レビュー者数
52
満足度平均
81
レビュー者満足度平均
84
満足度ランキング
23位
ファン
18人
観たい人
89人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

船堀 

他の地域

 

この映画のファン

  • Miran
  • 流離
  • 天使ちゃん
  • イルカくん
  • みかずき
  • piromiii
  • yume19991103
  • la_familia
  • nicol256
  • 映画監督かい
  • maco
  • あらぼ〜
  • takappesan
  • マリナハート
  • akikoズ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
『リメンバー・ミー』日本版無料特別上映会ご招待!
世界を震撼させた衝撃作が日本上陸!
『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
本年度オスカー最有力作品! キャストの熱演と緻密な脚本が生み出した濃密な人間ドラマ『スリー・ビルボード』ほかチリの俊英が放つ『ナチュラルウーマン』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ