ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154860件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ナラタージュ > 感想・評価 > ひとり上手

ひとり上手

50点 2017/10/19 22:33 by STAYGOLD

ナラタージュ

この映画は、ひとを傷つける。

行定カントクの狙いどおりだ。
ひとを愛することに忘れてしまいたいほど苦しみを経験したものにとっては、あのころの痛みを想いだす−

松潤演ずる葉山の持つ危うさは、男が持つ狡さと脆さ。ツカミの携帯への連絡から、確信的にその姿を演ずる男の姿を映し出す。その葉山に惹かれる有村架純演ずる泉の、痛みもさみしさも理解できるだけの大人の存在。だからこそ、彼女が必ず戻ってくることを知っている。あの電話のシークエンスが、大人の狡さの全てを映している。

むしろ愛と性への欲望を剥き出しにした坂口健太郎演ずる小野の方が、あの年代の等身大を映し出す。おれの事を見ろ、おれ以外の事を考えるな。結局、それは愛の熱量が大きすぎるだけ。その放熱を受け止めるには泉はまだ若すぎる。まして相手が悪すぎる。基本、追われるよりも追うことを選ぶのがオンナと言う生き物なのだから。坂口健太郎は真っ直ぐにこの役を演じていたと思う。

140分のほとんどを、生っぽい男と女の情欲に費やす手法は、いまの純愛全盛の時代の真逆。だからといって「愛ルケ」ほどの狂おしさがある訳でもない。この中途半端さこそが、今の時代の関係を写すには向いているのかもしれない。

この映画には雨が似合う。
安らぎを得るときも。
痛みを背負うときも。
お互いの想いを吐露するときも。

止まない雨は無い。
だが雨が止んだあとには…。きっと、そういうことなのだろう。

一番良いシーンも、雨の後だった。
熱を出した泉の部屋へ葉山が訪れ、おかゆを作り、林檎をすりおろし食べさせる。少し戸惑いながら差し出されたスプーンをくわえる泉の額には冷えピタが貼られている。何気ない、ありふれた光景。だからこそ、恋愛に想いを残す人間にとっては、ひどく胸の奥を掻きむしる画になっている。

あと「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の使い方には笑った。シーンにハマりすぎ。

ただ、話題にもなっている二人が結ばれるシーンだが、正直イマイチの印象。あれだけ二人に色々とあった後で、想いがつながるのがこの瞬間しか無いのなら、もっと溢れだす、零れ落ちるきもちを画にして欲しいと感じた。そうすれば見送る瞳との別れの余韻が、もっともっと効いたはずなのに。惜しい。演出ミス。

しかし、松潤も「東京タワー」のころは、大人のオンナ相手にラブホで桃を齧っていたガキンチョだったが、ずいぶんと落ち着いた芝居ができる様になったものだ。今回のオドオドキャラは、悪くなかった。

有村架純は…彼女には、こういう訳アリな作品はまだ早かったか。脱げば清純派からイメージを変えられる訳ではない。キャラ、と言う物がある。あのやさしい顔立ちは、役を選ぶのだな、と感じた次第。諸刃、という事か。

溜まりに溜まった澱を洗い流すように着地点ではさわやかな気分にさせてくれる。ここは評価できる。やはりハコからは、いい気持ちで帰りたい。

たんたんと進む物語なので、今風の恋愛映画とは真逆。おそらく激しくターゲットを選ぶ創り。ただ、そのターゲットにハマる層には、いい意味でも逆の意味でも響くだろう。過去の恋愛に想いを残している方は、その想いを図るにはいい映画かもしれない。ただ、くれぐれも影響され携帯(今はスマホか)を取り出し、焼け木杭に火をつけないように。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ナラタージュ
100点
5人(13%) 
90点
0人(0%) 
80点
8人(21%) 
70点
6人(15%) 
60点
8人(21%) 
50点
6人(15%) 
40点
5人(13%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
38人
レビュー者数
18
満足度平均
67
レビュー者満足度平均
67
ファン
12人
観たい人
76人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • akikoズ
  • MJオリエ
  • piromiii
  • hiryuden24
  • yume19991103
  • komafu
  • レオシュトラッセ
  • takappesan
  • 佳辰
  • 天使ちゃん
  • かいごん
  • la_familia

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

ナラタージュ Blu-ray 豪華版

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5481円(税込)
  • OFF:1863円(25%)

ナラタージュ DVD 通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

ナラタージュ DVD 豪華版

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!