ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106687件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バーニング・オーシャン > 感想・評価 > 見事なセットの迫力

見事なセットの迫力

70点 2017/4/21 2:41 by ハナミズ

バーニング・オーシャン

2010年、メキシコ湾沖にある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で起きた爆発事故を壮大なセットを組んでの再現パニック映画。
当時、日本でもニュースになったはずだが、そう昔でもないのに記憶にうすい。(汗)

『タイタニック』や『タワーリング・インフェルノ』を思わせるディザスター・スペクタクル映画だが、“ディープウォーター・ホライゾン”という施設名に馴染が薄いと判断されたのか、邦題はB級パニックのようになってしまったのは少し残念。

ピーター・バーグ監督にマーク・ウォールバーグ主演と『ローン・サバイバー』コンビが再びタッグを組む。
実話物の再現としては至極まっとうなつくりで、序盤の不気味な予兆を伏線にして爆発するまでジラしにジラすのもパニックものの王道といった感じだろうか。
ただ事故が起きるのは承知なので、少し状況説明がもたついているという印象を受けるかもしれない。

裏にあるのは、大企業の強引な合理化問題といった人災面をクローズアップ。
制服組の企業運営と現場の安全性とそりが合わないのはよくある話。
縦割りによる権限の壁といった問題からも社会性を感じさせる。

しかし何といっても美術スタッフの仕事に一番目が行く。
臨場感たっぷりで本物かと見まごうセットはオスカーノミネートされた音響と相まって見事の一言。(視覚効果と音響編集のノミネート)
爆発自体はさすがに本物以上に“盛り付けて”いるだろうが、事故にあった当の作業員にはそれぐらいに感じてもおかしくないだろう。

ブルーカラー役を演じさせたら間違いないマーク・ウォールバーグも期待に応えているが、何よりイヤ〜な役柄を演じさせたらピカイチなジョン・マルコヴィッチが光る。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

バーニング・オーシャン
100点
0人(0%) 
90点
6人(18%) 
80点
8人(24%) 
70点
12人(36%) 
60点
6人(18%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(3%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
33人
レビュー者数
15
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
75
満足度ランキング
87位
ファン
3人
観たい人
26人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

新宿三丁目 

他の地域

 

この映画のファン

  • KERO
  • なつみかん。
  • よっchan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝