ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154585件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ゴースト・イン・ザ・シェル > 感想・評価 > 味噌だけは日本の味

味噌だけは日本の味

50点 2017/4/18 17:01 by くりふ

ゴースト・イン・ザ・シェル

スカジョ主演と聞いた時ああ別モンと思った。で、初めて見たトレーラー…あの華麗なる突入シーン…え、何コレ♪ずんぐりころころ素子さん〜と聞こえて来そうな和み系ボディは!?森三中キャッツアイほどの衝撃はないものの、なぜスカジョ顔で日本女子体型な義体?…コレひょっとして怪作かも?…という期待が湧いたので、行きました。

…が、ハリウッド漂白された凡作でした。話の骨格がまったく『ロボコップ』じゃん。しかも誕生理由が『ロボコップ』よりずっと酷いことになっている。やっぱりというか、フランケンシュタイン・コンプレックスも混ぜているようですね。攻殻シリーズとすれば退化でしょう。

攻殻シリーズはそれなりにみてきているので、言いたいことは色々あって、そのうち幾つかを書きます。

原作漫画の素子さんは、電脳化も義体化も謳歌して、同性と電脳セックスまで楽しんでいた。これらが来たるべき一つの必然として描かれていた。彼女のアイデンティティをお悩みとして強調したのはアニメ化一作目で押井さんがやったこと。独り言が好きだしね。でも、お悩みの質は本作とは違っており、その先に言葉ばかりとはいえ、広大なネットの海があった。…が、本作のお悩みは『ロボコップ』の焼き直しに過ぎず、驚くほどネットの広がりも感じさせない狭苦しいつくり。なんかカプセルホテルで寝泊まりしているような生活感がある。

ヒロインの少佐は脳以外全身義体で、これは製品でもあるから汎用性も必要。アニメ一作目では、彼女の美しさはわかり易くマネキン人形のような美に例えられていた。だから今回のスカジョはピンと来ない。まあ、スカジョ顔に成りたがる人は多いでしょうが、体型はモデル風の方が好まれるでしょう。個人的には『イーオン・フラックス』の頃のシャーリーズ・セロンを推しますけどね。

本作の、わざわざのずんぐり体型はどうにも違和感ありますが、スカジョさんの義体演技は面白かった。何だかしっくり来ないのよねえ、という所作をしますよね。歩き方なんかとても特徴的だし。

が、彼女元来の主義主張などからみれば、本作の結末は最悪の結果とも取れます。本当にあなたのゴーストは納得したの?と聞きたくなる。「殉職」という前提があったロボコップと決定的に違うところ。古典的テーマに退化した分、結末がすごく居心地悪くなっている。

悪の設定も『ロボコップ』近似だが、ずっと子供じみてしまった。政府に食い込む巨大企業でこんなことありえるんか?急成長したベンチャー企業のバカ社長が暴走した、みたいなレベルだと思うのだが。

で、政府が一切出てこないのも悪い意味で特徴的。攻殻シリーズでは政府と公安9課の関係、その変化は毎度描かれてきたことじゃん。それが的確は別にして。本作では無政府状態(笑)だから、公安9課が具体的に何屋さんかもよくわからなくなっている。

で、その課長ビートたけしは最悪でした。私は、映画での彼は見なくなって随分になるのですが、日本語なのに、ここまで台詞をまともに言えなくなっていたのか。明らかに、英語ならすべてNGでしょう。ハリウッドによる日本ブランドへの甘えですね。これはひど過ぎる。

一方の桃井かおりさんは映画に吹き込むいい風、いい感じになっていましたが、やっぱりアメリカのカメラではパサパサに映ってしまうのが残念。もしかして清水ミチコが演じてもあまり変わらなかったかもしれない。

美術・デザインは、アップルよりサムスンという感じ。で、相変らずヘンテコニッポンは混入されていますね。墓石にでっかく「命」って彫り込む人、いるのか?(笑)

あと、攻殻過去作を連想する映像が頻発しますが、オマージュというより最早コラージュになっていて笑っちゃった。ここまで同じくせんでええやん!

…と、悪口ばかり書いてきましたが、ハリウッドの料理法にはまあ感心しました。どんな素材でもやっぱりハリウッドだわ、に変えてしまうその強靭なレシピは大したものだと思います。…アメリカ本国では本作、コケたようですけどね(苦笑)。

 

1人がこのレビューに共感したと評価しています。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

  • 再確認と、吹替え版と

    2017/8/30 20:38 by くりふ

    公開時にモヤモヤしたところが幾つもあり、再確認したくなったものの、二度見する程でないからレンタル開始を待っていました。また、劇場では字幕版でみたが、吹替え版も興味あったので併せてチェック。

    概ねはネタバレ掲示板に投稿したので、ここでは吹替え版についてメモります。

    吹替え版、楽しかった!既にイメージが確立されたアニメキャラに、ハリウッドスターが成り切ろうとしていて、そこに実際の声優さんの声が乗ることで “スターかくし芸大会”をやっているような可笑しさが出ている。

    で、字幕版でスカジョがスカジョの声で喋っても、やっぱりスカジョにしか見えなかったが、吹替え版には何だか、人物が分断されるような面白味がある。これが素子のアイデンティティーを問う、本作の方向性にも沿っており面白かったのです。

    そんな点から、吹替え版の方が楽しめました。が、字幕版をみた上で相対的によかった、ということなのですけどね。

    それにしても、アメリカ本国ではコケたこと、改めてわかる気はします。久しぶりにWiki見たら、公開封切り後2か月足らずで終了、国内興収は4千万ドル、1億ドルを超える予算額に対し半分に達しなかった…とありました。

    ・アメコミ映画を好む多くの人たちには、辛気臭い物語では?
    ・スカジョのアクションヒロインは、ブラック・ウィドウによる先行イメージが強く、二番煎じに映ったのでは?

    明確な裏付けはありませんが、個人的にはその辺りが大きな理由かなあ、という気がしました。

  • ポテッ、、、

    2018/1/28 16:49 by 10年目のソフィ

    おこんばんわ
    遅ればせ洋画視聴としては、パッセンジャーに続き2連敗でした。レビュー書く気も失せたところで、ここにたっぷり書いてあるので乗っかりますww
    しかしあのコスチュームはなんでしよーねぇ。男性から見て、あれはそそられるのでしょうか?かなり厚めの素材でできてるのかしらん。あれ以外のファッションの時のスカヨハはとても美しいのに、あのコスチュームになった瞬間、、、もうやめとこ。
    でもここまでCGだらけだと、実写にする意味ないんじゃない?とも思うし、興行成績悪かったのもうなずけます。
    ラストへの展開も好みじゃなかったなあ、、、ブツブツブツ

  • コロッ、、、 (←つなぐとポテトコロッケてかんじ?)

    2018/1/28 21:43 by くりふ

    私は、スカ子さん本人は好きですが、素子役には異議あり!先日『アトミック・ブロンド』をみた時、やっぱりシャリ姐の方が合うと思った。上にも書いたが、『イーオン・フラックス』の頃ならベストだったのに…。

    “あのコス”は、他の感想読んでも、そそられている人は居るようですよ。私は、ドリフが肉襦袢つけてやってた“すもうコント”さえ思い出しちゃったけど。そもそも、元のスカ子さんがずんぐり体型だから、アレで精一杯だったのかも。第一はキャスティングの問題かなーと。

    潜入捜査を考えれば、目を惹くモデル体型よりずんぐりの方がよい、と言い訳されるかもだが、そもそも映画自体リアリズムから大外れじゃん!と返したくなりますね。

    ちなみに、掲示板でも詳細にディスっております(笑)。書き込み頂ければ付き合いますよ。コッチはネタバレOKだし。
    <リンクURL>

    ではマタ。

満足度データ

ゴースト・イン・ザ・シェル
100点
3人(2%) 
90点
13人(9%) 
80点
35人(26%) 
70点
33人(24%) 
60点
24人(17%) 
50点
13人(9%) 
40点
6人(4%) 
30点
2人(1%) 
20点
3人(2%) 
10点
2人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
134人
レビュー者数
65
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
69
ファン
9人
観たい人
57人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ぱおう
  • ヤマモモ
  • da-
  • Cagliostro24653
  • とっぽ
  • アマネコ
  • みかずき
  • GOKU
  • Gaku

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!