ただいまの掲載件数は タイトル60367件 口コミ 1160268件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ブレイク・ビーターズ > 感想・評価 > 社会主義だからなのか

社会主義だからなのか

60点 2016/11/22 20:09 by odyss

ブレイク・ビーターズ

実話による映画。

1984年、社会主義の東ドイツでアメリカ映画『ビート・ストリート』が上映され大ヒットした。NYの若者による当時としては破壊的なダンスを描いたこの映画に影響されて、東ドイツの若者たちは路上でブレイクダンスを踊るように。

むろん、社会主義政権下でこのような秩序を乱す行動は御法度である。若者たちは警察の取り締まりを受けるが、しかし、社会主義政権もバカではない。時代の流れを無理に押さえつければ不満もたまる。要するに新しいダンスを社会主義の文化に取り込んでしまえばいいのだ。そこで・・・

ベルリンの壁崩壊が5年後に迫っている時期の物語。言うならばその前兆を描いているとも見ることができるだろう。

ただ、当局のお膳立てした舞台でダンスを披露することに対して、若者側の対応が二分されるのは、ちょっと機械的に感じた。

これは社会主義政権下の話で、今では社会主義の文化政策は硬直的でよろしくなかったという評価が定着しているから、こういう筋書きの映画を見ても「そうだよな」と思える。だけど資本主義国だって文化のあり方は、政府ではなくても大手の業界により方向性が決められてしまう場合が珍しくない。自由な個人の立場で何かを生み出していたのが、売れそうだからという理由で既存業界に取り込まれていくときに或る種の妥協を強いられるのはよくある話だ。

そういう視点にまで描写を深めていければ優れた映画になったと思うのだが、残念ながらそこまでは行かなかった。よってこの点数。

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ブレイク・ビーターズ
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
0人(0%) 
70点
0人(0%) 
60点
2人(100%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
2人
レビュー者数
1
満足度平均
60
レビュー者満足度平均
60
ファン
0人
観たい人
6人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”