ただいまの掲載件数は タイトル64754件 口コミ 1176204件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラプチャー 破裂 > 感想・評価 > 生贄夫人

生贄夫人

60点 2017/6/11 23:54 by くりふ

ラプチャー 破裂

『セクレタリー』『毛皮のエロス』が好きだったので、久しぶりのスティーヴン・シャインバーグ監督作ということで行きました。が、事前情報からはトホホ案件でしかなく、期待値ダダ下げで臨みました。『毛皮のエロス』以降、資金が集まらず撮れなかったそうですが、唯一実現したのがこのB級ホラー顔のネタだった、ということなのか。

覚悟したお陰か演出さほど退屈とは思えず、ノオミ・ラパス萌え映画として魅力的でした(笑)。始めはなんで、こんな中途半端なおばちゃんがヒロインなのか?とストレス溜まりますが、縛られ責め上げられると彼女、輝き始めますね。物語のネガ昇りに比例しノオミエロスが発熱する。アメリカで蘇る谷ナオミ?(笑) 名前の近似も故ありか。まあ、中身が詰まっているから、外から責め甲斐あるというわけですが。

お話は、描かれた通りに受け取るなら脱力以外、することないですね。が、これは明らかに、現実に起きていることの言い換えでしょう。あまりに前のめり過ぎて笑っちゃうが、現実のカルトな連中の脳内は、最早ここまで発酵し切っているのだろうか。

TVシリーズの一回目として、1時間にまとめて見せて欲しいような内容でした。それならあのラストもアリだと思います。

しかしこの監督、次はあるのか?

 

このレビューに対する評価はまだありません。
ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

満足度データ

ラプチャー 破裂
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
0人(0%) 
70点
2人(33%) 
60点
2人(33%) 
50点
2人(33%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
6人
レビュー者数
3
満足度平均
60
レビュー者満足度平均
60
ファン
0人
観たい人
6人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※ネタばれ、個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※ネタばれや質問などは掲示板
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
レビューを初心者モードで投稿する



掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ